転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 転職における「強み」が見つかる自己分析

転職における「強み」が見つかる自己分析

自分に合う仕事を見つけるためにも、自己PRのためにも、自分の仕事に関する強みを発掘することは大事です。しかし、意外と自分の能力や志向に気付いていない人は多いようです。どのように自己分析をすれば、強みを見つけることができるでしょうか。

転職成功者の「強み」の見つけ方

「自分の強みをどうやって見つけましたか?」

グラフ

リクルートエージェントが転職成功者500名に「自分の強みをどうやって見つけましたか?」とアンケートをした結果、6対4で「1人で考えた」と「家族や友人に聞いた」にわかれる結果になりました。

1人で考えた人は、「経験をすべて紙に書き出した」など、自己を客観視する方法を工夫しています。家族や友人に聞くのも有効な方法ですが、分析のポイントは自分でおさえることが必要。何に注目すればいいのか、キャリアアドバイザーのアドバイスを見てみましょう。

キャリアアドバイザーが伝授!「強み」が見つかる自己分析

自己分析はキャリアの「棚卸し」から

自己分析の第一歩は、これまでのキャリア(仕事)の「棚卸し」から。

「どんな商品を」「誰に対して」「どんな方法で」という視点を基本に、経験した業務を書き出して整理してみましょう。それをもとに、身につけた能力を考えます。この時点で「能力といえるものはない」と思ってしまう人も多いようですが、大切なのは人より優れているところを見つけることではなく、「どんな意識・姿勢で取り組み、成長してきたか」を振り返ること。

たとえば、「課題に対してどんな工夫をしたか」「人とどう接してきたか」といったことも、立派な能力であり、強みなのです。

仕事の成果を「見える化」する

ただし、「こんな姿勢で取り組んできた」だけでは、自己アピールとして不十分。「どんな成果があったか」も必ずセットで伝えましょう。業績アップにつながったことはもちろん、以前と比べて、何がどう変化したのかを明確にするのです。「作業時間が1時間短縮できた」「ミスが半減した」など、ささいなことでも構いません。あなたの能力・スキルが発揮され、物事がどう動いたかを「見える化」することが大切です。

成果といえるものが見つからないなら、今はまだ転職するタイミングではないのかもしれません。今の会社でもっとできることはないか、考えてみることをおすすめします。

面接で「強み」を上手く伝えるには

転職の面接では、「あなたの強み(長所)を教えてください」という質問がよく聞かれます。また「強み」とセットで「弱み(短所)」を聞く企業も少なくありません。

企業はこの質問から何を読み取っているのか、そしてどういう視点で考え、答えればいいのかを下記の記事でキャリアアドバイザーが解説しています。是非参考にして面接に挑んでください。

【参考記事】転職の面接で聞かれる「強みと弱み(長所と短所)」、どう答えるのが正解?

1人で考え続けるより、誰かと話をすることで気付けることは多いものです。キャリアアドバイザーを相手に話すことで、頭の中を整理してみてください。客観的視点を持つアドバイザーは、その人が自分では意識していない強みを発見し、お伝えすることも可能です。