転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 印象に残る自己PRの「書き出し」とは?押さえておきたいポイントを紹介<書き出し例文付き>

印象に残る自己PRの「書き出し」とは?押さえておきたいポイントを紹介<書き出し例文付き>

自己PR_ 書き出し

転職活動において、職務経歴書などの応募書類に「自己PR」を記載するケースは少なくありません。

自己PRは、応募先企業に自分の強みや能力を伝え、自分自身を売り込むための要素となるもの。上手にアピールできれば、選考での評価を高めることにもつながるでしょう。

そこで、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、自己PRの考え方や、印象に残る書き出しのポイントについて聞きました。

そもそも自己PRには何を書けばいい?

自己PRに対し、「何を書けばいいかわからない」「アピールできるほどのキャリアや専門性がない」と悩んでしまう人もいれば、「志望動機と同じような内容になってしまう」という人もいるでしょう。まずは企業が見ているポイントや、自己PRに書くべきことについて紹介します。

企業は自己PRを通じて何を見ている?

企業が見ているのは、「自社で活躍できるか」「長く働き続けてくれるか」という点です。しかし、中途採用では、入社後に任せる仕事や職種が決まっているケースがほとんどです。

そのため、自己PRを通じて、これまでの仕事の経験や実績、スキルなどを確認し、募集する仕事で活躍できる人材かどうかを見ています。また、社風や企業文化と本人の価値観がマッチしているか確認し、長期的に働ける人材かを判断しています。

自己PRと志望動機の違いとは?

自己PRと志望動機が同じ内容になってしまうケースは少なくありません。志望動機は、「なぜその企業を志望するのか」を伝えるものです。業界、企業・事業、仕事内容などを軸に志望理由を説明した上で、自分の経験・スキルを生かしてどのようにその企業で活躍できるのかを伝えることが大事です。

一方、自己PRは、シンプルに「これまでの仕事経験、スキル、スタンスなど、自分の強みとなる点」をアピールするものです。応募する業界や企業が決まっている場合は、入社後にどのように活躍・貢献できるのかイメージしてもらえるように書くことがポイントとなるでしょう。

自己PRで押さえておきたい基本ポイント

ポイント1:企業が求めているものが何かを想定する

「応募する仕事・職種においてどんな力が求められるのか」「その企業の文化にマッチするのはどんな人物なのか」を想定することがポイントです。

自分自身の経験・スキル・実績の棚卸しをした上で、その仕事や企業で求められていることにマッチする部分をアピールし、入社後にどう活躍、貢献できるかをイメージしてもらうことを意識しましょう。業務に生かせる実用的な経験・スキルにフォーカスした内容とすれば、即戦力人材としてのアピールもできるでしょう。

ポイント2:エピソードでは数字や固有名詞を挙げる

裏付けとなるエピソードでは、具体的な数字や固有名詞などを挙げましょう。例えば、売り上げ実績の数字や、プロジェクトメンバーの人数、取り組んだ期間、携わった商品の名称、担当した業界名などを書くことがポイントです。

数字を伝えることで、携わった仕事の規模感がわかりやすくなりますし、相対的に比較できる指標として説得力が増します。また、固有名詞を挙げることで、より具体的なイメージが伝わりやすくなります。異業種からの転職などの場合、その仕事の内容自体を応募先企業の人事担当者が知らない可能性もあるので、共通項となりそうな固有名詞を挙げることも意識しましょう。

ポイント3:簡潔な文章を心がける

長々と書くよりも、要点をまとめ、簡潔な文章とした方が相手も把握しやすいものです。面接で話そうと考えているボリュームに対し、3分の1から5分の1くらいの文章量を意識しましょう。また、それぞれの要素を箇条書きで伝えても問題ありません。文章の表現力に磨きをかけようと考える人もいますが、要点をわかりやすくすることが最も重要だと考えましょう。

経験・スキル・実績に自信がない場合は?

「自己PRでアピールできるほどの経験もスキルもない」という場合には、自分の長所や強みを基に、仕事への取り組み姿勢を伝えるといいでしょう。向上心や主体性、組織への貢献力など、入社後に生かせる力をアピールすることがポイントです。

根拠となるエピソードでは、「自ら勉強し、仕事に役立つ資格を取得した」「マニュアル資料を改善し、チームで共有して業務効率アップを図った」「会議の議事録を自ら進んで取り、チーム全員に共有した」など、行動ベースでどんなことに取り組んだのかを書きましょう。

自己PRで重要なのは「書き出し」。その理由とは?

自己PRの「書き出し」についてポイントを紹介します。まずは、書き出しがなぜ重要なのかを理解しましょう。

自己PRで「書き出し」が重要なのはなぜ?

企業の採用担当者は、多くの応募者の履歴書や職務経歴書に目を通しています。じっくりと一通一通を読み込むのではなく、短時間で要点を把握することがほとんどといえるでしょう。書き出しの部分で、「募集している人物の条件にマッチしている」という印象を与えることができれば、続くエピソードもしっかり読んでもらえるのです。

逆に、最初の一文で「ピンとこない」「わかりにくい」という印象を与えた場合、ほかの応募者との相対比較で、書類選考の時点で見送りとなってしまうことも考えられます。書き出しの部分では、企業が求めていることに対して、ひとつでもマッチしているものがあることを明確にし、興味を持ってもらうことを意識しましょう。

自己PRの「書き出し」で意識したいポイント

書き出しでは、「自分の強み」を端的に伝えましょう。「営業として数字目標の達成に向かうガッツが強み。1日の訪問件数を倍に増やし、顧客とのタッチポイントを増やした」「顧客との信頼関係を構築し、成果を生み出すことを強みとしている。5年連続で目標達成率120%という成果を挙げた」など、自分なりの言葉で強みを表現し、実際に行動したことのハイライトとなる部分を伝えるといいでしょう。

また、経験やスキルに自信がある場合、書き出しではシンプルに「実績」のみを伝えてもいいでしょう。営業職なら「個人向けの営業を担当し、契約リピート率90%を達成した」、特定の専門知識が必要な仕事なら「社内のセキュリティ体制の構築を担当し、必要となる資格を取得して専門知識を身につけた」など、実績を通じ、求められている力があることを明確にすることがポイントです。

自己PRの書き出し、「強みアピール」「実績アピール」例文を紹介

ここでは、自己PRの書き出し例文を紹介します。「自分の強みをアピールするケース」と「前職での実績をアピールするケース」、それぞれの例文を参考にしてみましょう。また、それに続くエピソードの例文も紹介するので、自己PRの作成に役立てましょう。

強みをアピールする書き出し例文1

職種:Webエンジニア・リーダークラス

<書き出し例文>
絶対にやり切る責任感と、ゴールに向かってチームをまとめる力を強みとしています。

<エピソード例文>
自社サービスのローンチ直前にトラブルが発生した際、チームをまとめ、通常2週間かかる修正を1週間で行い、予定通りのローンチを実現しました。また、10名のチーム内で、「顧客満足度90点以上」を意識する場を設け、日常的に意思統一できる体制を整備しました。これまでの経験を生かし、チームを団結させる力を発揮し、目標達成に貢献していきたいと考えております。

強みをアピールする書き出し例文2

職種:人事担当者

<書き出し例文>
人事制度の基礎を学んだ後、自分で創り上げる経験をしたことが強みと考えています。

<エピソード例文>
1万人規模の企業に2年間勤務し、完成度の高い人事制度の運用を手がけたことで、人事領域における基礎知識が身につきました。その後、30名規模のスタートアップベンチャーに転職し、ゼロから組織や制度を創り上げる業務を経験しました。大きな組織と小さな組織、双方の人事制度運用や構築に携わった経験を生かし、成長規模に合わせた最適な人事制度の実現に力を発揮していきたいと思っています。

実績をアピールする書き出し例文1

職種:事務職

<書き出し例文>
誰もが簡単に運用できる仕組みやルールの整備を積極的に行い、組織の教育制度改善や業務効率の向上に務めました。

<エピソード例文>
中途入社の社員を指導した際、既存の教育方法では限界があると感じ、自ら3カ月間の育成プランを作成・運用しました。部内で高評価を得た後、他部門でも活用されるようになりました。また、システム部門と連携し、事務マニュアルを刷新するプロジェクトにも携わりました。約10名のプロジェクトチームにおいて、事務部門の代表を務め、1年かけて業務効率を向上させるマニュアルを完成させました。事務の仕事では成果が見えにくいものですが、今後もより良い仕組みを生み出し、パフォーマンスの向上に貢献することを大事にしていきたいと思っています。

実績をアピールする書き出し例文2

職種:営業職

<書き出し例文>
顧客への丁寧な価値提供や信頼関係構築を掲げ、5年間連続で年間の数字目標を達成しました。

<エピソード例文>
営業として◯◯というサービスを提供し、流通・小売業界の顧客50社を担当しておりました。私はお客さまと深い信頼関係を築くことを目標とし、訪問頻度アップと顧客ニーズのヒアリングの強化を行い、さらに個別提案による付加価値の提供に注力しました。これにより、社内の平均達成率85%を大きく上回る成果を挙げることができ、5年間平均で目標達成率130%を実現しました。また、担当顧客からのクレームは5年を通じてゼロであり、顧客満足度を高めることにも貢献できたと感じます。これまでの営業経験を通じて培った力を生かし、多くのお客さまから信頼される営業を目指したいと考えております。

あわせて読みたい参考記事

* あなたの魅力を伝える履歴書の自己PR欄の書き方
* 未経験の仕事に応募─職務経歴書の「自己PR」の書き方ポイントは?
*履歴書での自己PRのポイントや注意点を教えてください
* 職務経歴書の「自己PR」の必要性と書き方

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。