転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 転職の自己PRは「終わりの言葉」が重要。好印象を与える「締め(しめ)」の書き方は?<例文付き>

転職の自己PRは「終わりの言葉」が重要。好印象を与える「締め(しめ)」の書き方は?<例文付き>

自己PR_締め

転職活動の職務経歴書に自己PRを書く際、強みやエピソードの内容だけでなく、最後の「締め」の言葉まで意識することで完成度を高めることができます。そこで、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、好印象を与える「締め」の言葉について、書き方や表現のポイントについて聞きました。

 

転職の自己PRで「締め」が重要なのはなぜ?

自己PRは、応募先企業に自分の強みや能力を伝え、自分自身を売り込むためのものです。そもそも自己PRを通じて企業が何を見ているのかを知った上で、なぜ「締め」の言葉が大事なのかを理解しておきましょう。

企業は自己PRで何を見ている?

企業は職務経歴書や履歴書に書かれたことを通じて、主に「入社後に活躍できる人材か」「自社の文化にマッチしているか」という2点を見ています。自己PRについても同じことがいえるでしょう。中途採用では募集職種や仕事内容が決まっているケースが多く、即戦力として活躍できる人材を求める傾向があります。中途採用では、募集する職種や仕事内容が決まっているケースが多く、即戦力人材として活躍できる人材を求める傾向があります。

自己PRの「締め」で、入社意欲や活躍イメージが伝わる

自己PRを締めくくる言葉では、応募先の企業で働くことへの意欲を伝えることができます。また、入社後にどのような活躍・貢献がしたいかという意思を最後に表現することで、「職種や仕事にマッチしている」「将来性や伸びしろがある」などの活躍イメージを伝えることができるでしょう

自己PRでは、自分の強みや能力、経験、スキルなどを伝えるだけでなく、それらを自分の考えや意志に結びつけて締めくくることが大事です。すべてに自分の人間性が表れるものと考えて、「締め」の文章までしっかり意識しましょう。自分自身の棚卸しをした上で、意志を伝える締めの言葉によって、「思考や情報の整理能力がある人材」という評価にもつながるでしょう。

「会いたくさせる」締めの言葉のポイント

面接選考に進むためには、企業の採用担当者に「会ってみたい」と思ってもらうことが大事です。特に、同じ年齢で同等のキャリアを持っている人材がいた場合、職務経歴書の自己PRで「その人らしさ」や「意欲」が見え、顔が見えると感じた人の方が興味を持ってもらいやすいでしょう。自己PRの締めの言葉のポイントを理解し、より深く自分を知ってもらえる面接へとつなげていきましょう。

入社後の自分の姿をイメージしてもらう

自己PRでアピールする強みや能力を、入社後にどう活かし、どう貢献していきたいのかを「締め」の言葉でしっかり表現しましょう。過去の経験から具体的な成果や行動を抽出し、そこに紐付けて意思や意欲を伝えることで、入社後の姿をイメージしてもらうことができます。過剰にアピールするのではなく、等身大の思いや考えを伝えることが大事です。また、応募先企業の「入社後の仕事内容」を想定した上で、自分の力を何に活かせるのか、どこに貢献できるのかを具体的に伝えると、より活躍のイメージがしやすくなり、評価にもつながるでしょう。

前向きな表現をする

前向きな表現は、「仕事に対する取り組み姿勢」も同じく前向きであるという印象を与えることができるでしょう。自分の強みをきちんと理解していれば、「こんなことができる」「こんなことをやっていきたい」など、自信を持って意思や意欲を伝えることができるものです。また、過去の経験を振り返った上で前向きに捉え、自分の強みや今後の取り組み姿勢を伝えることができる人は、新たな仕事においてもその力を発揮できるといえます。自己分析をしっかり行い、自分の経験や姿勢を前向きに伝える「締め」の表現を考えることが大事です。

「言い切り」で説得力を増す

「できるかもしれない」など、言い切りの表現を避けようとする人もいますが、曖昧にしている場合、逃げ道を作っているような印象を与えかねません。事実を基に、自分がやってきたことを把握・理解できていれば、「だからこういうことができる」「その力を活かしてこんなことがやりたい」と言い切ることができ、説得力を増すことができるでしょう。自己PRなどを記載する職務経歴書は、自分の今までの経験を棚卸しし、絞り出して書くものです。強みや裏付けのエピソードはもちろん、「締め」の言葉まで自信を持って言い切ることができていない場合、「自分の意志や考えを明確にできていない」「入社意欲が高くないのでは?」と判断される可能性もあるので、注意しましょう。

避けたほうがいいNGな表現とは?

ここでは、印象を悪くする可能性があるNG表現について紹介します。せっかくアピールした強みが、「締め」の言葉でマイナス印象を与えるケースもあるので、きちんと把握・理解しておきましょう。

「曖昧・消極的な表現」は自信のない印象に

ステップアップを目指す転職の場合、「自分の力が通用するのか」という不安から、曖昧・消極的な表現をしてしまうケースはよくあるものです。しかし、自己PRとは、自分が自信を持っている部分をアピールするためのものなので、遠慮する必要はありません。不安がある場合は、再度、自己分析で自信が持てる強みを探してみるといいでしょう。「どこまでできるかわかりませんが」「できるのではないかと思います」など、曖昧な表現や消極的な言葉の使用は、自信がない印象を与えてしまいますし、自分自身の棚卸しができていないと思われる可能性もあるので注意しましょう。

「誇大な表現」は説得力に欠ける

「〜〜〜をお約束します」「〜〜〜を絶対に実現します」などの誇大な表現も避けた方がいいでしょう。「成果」は行動の結果でしかないため、入社前の時点で数字目標の達成などを約束しても、実現できるかどうかはわからず、説得力に欠けてしまいます。また、応募先企業の仕事を経験していない状態でこうした「締め」の表現をすることで、「自分の経験だけでしか物事を見ていない」「視野が狭い」などの印象を与える可能性があります。有言実行できると思わせるほどの大きな実績がある場合を除いては、こうした「締め」の言葉は使わない方がいいでしょう。

「ありがちな定型表現」にスペースを割かない

「締め」の言葉に何を書けばいいかわからず、「一生懸命、頑張ります」「よろしくお願いします」などのありがちな定型表現を使う人もいるでしょう。これらは好印象にもマイナス印象にもつながらないため、使っても問題はないといえます。しかし、職務経歴書の記載スペースは限られているので、貴重な文字数を定型文に使うより、自分の人柄や意志を伝える内容に割くことをお勧めします。

完成度を高める「締め」の例文を職種別に紹介

自己PRの印象をアップする「締め」の例文を、営業職、事務職などの職種別に紹介します。それぞれの締めくくりの言葉で「伝えたいこと」を参考にしながら、自分のアピール内容の参考にしましょう。

営業職「入社後の活躍イメージを伝える」

「自社だけではなくパートナー企業や顧客も巻き込んで成果を出すことが強みと考えております」

「今後も顧客の課題に対し、社内外を巻き込んで最適な提案をしていくことで貢献していきたいと考えております」

事務職「等身大の思いを伝える」

「常に相手の立場に立ち、半歩先に欲しいことは何かを考えてサポートすることを心掛けております」

「斬新なアイデアの発想や大きな企画を作ることは得意ではないため、チームのメンバーや部署を地道に支えることに注力していきたいと考えております」

システムエンジニア「将来性あるイメージを伝える」

「新しい技術を平日の就業後や土日に学び、常に最新技術の動画や技術書、海外の論文を読み込み、実務に活かしております。これからもどん欲に学び続け、技術面でチームをリードできる存在になることを目指しております」

経理「入社意欲の高さを伝える」

「会社を人間に例えると、お金は”血液”にあたるものと考えており、経理の責務は非常に大きいと感じております。簿記1級の年内取得を目指し、より専門的な知識を得て会社を支える役割を果たしていきたいと考えております」

コンサルタント「働き方を想定した活躍イメージを伝える」

「課題解決の提案をするだけではなく、自分も顧客と共に汗をかき、共通のゴールを目指すことに注力しております。顧客組織を動かす中で身につけた泥臭さを今後のキャリアに活かしていきたいと考えております」

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

あわせて読みたい参考記事

* 転職の自己PRで強みをアピールする方法。書くべき要素から添削ポイント、例文まで紹介
* 印象に残る自己PRの「書き出し」とは?押さえておきたいポイントを紹介<書き出し例文付き>
* 未経験の仕事に応募-職務経歴書の「自己PR」の書き方ポイントは?
* 職務経歴書の「自己PR」の必要性と書き方