転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 「なぜ面接で短所を聞くの?」考え方、伝え方を紹介<短所一覧表と例文付き>

「なぜ面接で短所を聞くの?」考え方、伝え方を紹介<短所一覧表と例文付き>

面接_短所

転職活動の面接で聞かれることの定番として、「自分の短所」について聞く質問が挙げられます。長所はスラスラ語れても、短所については「問題がある人物と思われるのでは?」と答えに困ってしまうケースはよくあるものです。

そこで今回は、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、短所の考え方や、探し方、上手に伝えるポイントまで聞きました。

企業が面接で「短所」を聞くのはなぜ?

転職活動の面接では、短所について質問されることが多くあります。「あなたが課題と感じている部分は?」「今までの失敗経験について話してください」など、間接的な質問もするケースも少なくありませんが、これらも「自分の短所」を聞くためのものといえます。企業が短所を聞く理由を紹介するので、まずはその意図を把握しましょう。

「自己理解」の力を見ている

企業は短所についての質問をすることで、自己理解する力があるかどうかを見ています。自分自身の立ち位置を客観的に捉え、今の自分にできることや足りないことをきちんと理解する力がある人は、問題に直面しても自ら改善していくことができるでしょう。

また、仕事においては、人と協力し合うことが必要不可欠であり、チームで取り組むことも多くあるものです。円滑に仕事を進めていくためには、自分に足りない部分を誰かに補ってもらうことや、相手との関係性を客観的に見つめることが大事です。入社後に活躍できる人材かどうかを判断する際、自己理解の力があることは重要なポイントとなります。

「成長性」の有無を見ている

自分に足りない部分が何かを理解し、課題認識を持って改善していく意識があるかどうかを見ています。短所を克服していく姿勢があり、成長していきたいという意欲がある人材なら、入社後も成長の伸びしろがあると評価されるでしょう。また、自分の短所を客観視し、自ら対策を考えて克服していく力は、仕事における課題解決能力にもつながるものであり、成果を出せる能力があると判断できるのです。

「企業と本人の相性」を見ている

短所を通じて応募者の性質を知り、その企業のカラーや風土、働き方にマッチした人材かどうかを見ています。例えば、チームワークを大切にしている企業の場合、「自分の考えを伝えることが苦手」「自己主張が強過ぎる」などの短所があれば、自社の風土に合わないと判断できます。

業務における個人の裁量権が大きい企業なら、「慎重過ぎる」「計画性がない」などの短所があれば、働き方にマッチしていないといえるでしょう。企業と本人の相性がマッチしていない場合、活躍できずに早期離職してしまうケースもあるので、こちらもひとつの判断ポイントとなります。

企業は欠点を探しているわけではない

短所を聞かれた際、「欠点や問題点を探しているのでは?」「マイナス評価につながるのでは?」と考え、答えに迷ってしまう人は少なくありません。しかし、企業が知りたいのは、「それを克服するためにどう向き合い、どう努力をしたのか」です。短所そのものより、本人の乗り越え方や取り組む姿勢を知りたいと考えていることを理解しましょう。

自分の課題となる短所を理解する方法

ここでは、短所を発見し、自分の課題を理解するための具体的な方法と、注意したいポイントについて紹介します。

仕事上での失敗経験を振り返る

失敗をした経験や、トラブルを起こしたときには、自分に欠けているものが見えやすくなるものです。過去に仕事上で失敗した経験を振り返ってみましょう。「顧客からクレームを受けた」「連携ミスをした」「納期が遅れた」など、事実をベースとすれば、洗い出しやすくなりますし、相手に対しても説得力が生まれます。

また、その際に、自分のどんな課題を発見し、乗り越えるためにどう取り組んだのか、それによって自分や周囲にどんな変化があり、どんな成果につなげることができたのかまで、しっかりと振り返ることが大事です。まだ乗り越えるに至っていない場合は、今後、どう改善に取り組んでいくのかを考えましょう。

周囲から指摘された課題を思い出す

日頃の業務や定期的な評価面談において、上司や先輩、同僚から指摘されたことを思い出してみましょう。周囲に指摘された点は、客観的事実として克服すべき課題であり、仕事における短所といえるでしょう。自分がどう受け止め、カバーするためにどんな行動をとったのかを振り返りましょう。また、改善の努力をした後に周囲からどんな評価を受けたのかを思い出せば、客観的な成果として伝えることができるでしょう。

長所や成功体験から考える

短所と長所は表裏一体なので、「短所を考えることが難しい」という場合は、長所から短所を導き出すという方法もあります。例えば「質の高い成果を出すために、時間を忘れて仕事に没頭できる」という長所は、「質にこだわるあまり、時間や工数を考えず、生産性を度外視してしまう」という短所に置き換えることができます。

また、この考え方を応用し、「仕事上での成功体験」から課題を洗い出してみるのもいいでしょう。きちんと結果を出していることでも、そのプロセスの中で改善すべき点は必ずあるものです。「もっと多くの人を巻き込めばよかった」「効率化すれば、さらにコストを削減できた」など、プラスアルファの課題を振り返り、どうすれば改善できたのかを考えてみましょう。

短所のNG回答はある?

「短所はない」「わからない」という人がいますが、長所がない人がいないのと同様、短所がない人もいないものです。短所を回答しない場合、「自分を客観視できていない」と判断されますし、「謙虚さが足りない」と思われる可能性もあると考えましょう。

また、短所を振り返る際、反省すべき問題点を探そうとして、自分を責めてしまう人もいます。しかし、企業が知りたいポイントは、「仕事上で短所となる課題を、どう克服していくのか」なので、自分の人生を深く反省して致命的な問題点を探そうとする必要はありません。

一方、「時間にルーズ」「約束を守らない」「嘘をつく」「仕事を途中で投げ出す」など、社会人として問題視されるような短所は、面接で伝えても低評価にしかつながらないものと考えましょう。もしもそうした短所があると感じた場合は、今後の社会人生活のためにも、早急に改善に取り組むことをお勧めします。

短所を伝える際のポイントを紹介

短所を伝える際に、意識したいポイントについて紹介します。

仕事上で「課題」と感じた部分を伝える

前職の「仕事上」で、課題と感じた部分を伝えましょう。企業が知りたいのは、あくまで「ビジネス上での姿勢」です。学生時代の失敗経験やプライベートにおけるエピソードを語ろうとする人もいますが、質問の裏側にある意図を理解していないと思われる可能性があるので注意しましょう。

「克服・改善」「成果・変化」を伝える

これまで述べた通り、企業が最も知りたいことは、「自分の課題となる短所を、どう乗り越え、どう改善したのか」です。改善の途中であっても、どんな努力をしているのかを伝え、克服に向かう姿勢を伝えましょう。また、克服・改善の努力によって、どんな成果を挙げることができたのか、周囲や自分自身がどう変化したのかなどを伝えることも大事です。改善に取り組んだことによって、何らかの結果を出していれば、克服していける力があることが伝わり、より説得力を増すことができるでしょう。

短所の一覧表と例文を紹介

最後に、よくある短所の一覧表と例文を紹介します。自分の短所や課題、失敗した経験を伝える際の参考にしてみましょう。

よくある短所の一覧表

*考え込みがちな場合 心配性、生真面目、物事に疑いを持つ
*マイペースな場合 集中し過ぎる、周囲が見えなくなることがある、鈍感
*自我が強い場合 自分の意思が強過ぎる、おせっかい
*自我が弱い場合 気を回し過ぎる、八方美人、繊細なところがある、緊張しやすい
*継続性、計画性がない場合 飽き性、追い込み型、せっかち、先走ってしまう
*情報の整理や判断が苦手な場合 決断が慎重過ぎる、細かいことに執着する

 

「飽き性」を短所とした例文

職種:営業職
私の短所は飽き性なところだと考えております。これまで同じ業務を2~3年担当すると、新しい商材や他の職種などに挑戦したくなる傾向があり、上司から「よくいえば好奇心とチャレンジ精神が旺盛だが、悪くいうと飽き性だ。継続する中で見えてくることもある」というアドバイスをもらいました。自分でもその自覚はあったため、短絡的に業務内容や環境を変えるのではなく、自分の視点や意識を変えることで、新たな発見や挑戦につなげていこうと考えました。現在、高い成果を出している社外の営業の方の話を聞いて知見を広げたり、他部署と連携してこれまでにない提案を実現したり、経験を積み重ねながら新しい挑戦を続けています。同じ営業という業務の中でも、自ら新しい側面を探し、自分自身のチャレンジ精神を生かすことを心がけています。

「緊張しやすい」を課題とした例文

職種:人事担当
私の課題は、緊張しやすいことです。会社説明会などで大人数に向けたプレゼンを行う際も、過剰に緊張するあまりうまく話せず、参加者のアンケートで「説明を聞いてもよくわからなかった」という指摘を受けたこともありました。リラックスするように意識しても、どうしても緊張してしまうため、事前準備をしっかり行うことで改善を図りました。資料を丁寧に読み込んだ上で、同僚の前でプレゼンの練習を行い、さらにその様子をビデオ撮影し、改善点をチェックして再度練習をしています。これにより、緊張していても、自分がその場でやるべきことが見えるようになり、過不足のない説明ができるようになってきたと感じます。アンケートでも好評の声を頂くことが増えました。

「真面目過ぎる」ことで失敗した経験の例文

職種:総務担当
私には真面目過ぎるところがあり、それによって失敗した経験があります。会議室の利用や備品の管理などの規則を守らない社員に対し、細かい部分まで徹底することを強く求めたことがあり、周囲から「真面目過ぎる」「もう少し融通を利かせてほしい」などの指摘や反発を受けました。総務の立場から会社全体を考えると、ルール通りの運用徹底は大事なことですが、規則を全面に押し出すだけでは耳を傾けてもらえないことを実感しました。以来、相手の理解を深める伝え方をすることが重要だと考え、言葉の表現を考えたり、守るべき理由や背景を説明したり、事前に周知するなどの改善を図っています。どんな場合でも相手の立場を配慮した上で、いかに気持ちよく協力してもらえるかを考え、自ら工夫することを大事にしています。

あわせて読みたい参考記事

* あなたの魅力を伝える履歴書の自己PR欄の書き方
* 面接で短所を聞かれたら、「心配性」はどう伝える?
*面接で短所を聞かれたら、「優柔不断」はどう伝える?
*転職の面接で聞かれる「長所と短所」、どう答えるのが正解?

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。