転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職エージェントの利用に費用がかかる?仕組みや受けられるサービスを解説

転職エージェントの利用に費用がかかる?仕組みや受けられるサービスを解説

転職エージェントの費用が無料になる仕組み

転職エージェントの利用に、費用は一切かかりません。この記事では、転職エージェントの仕組みから求職者が無料で利用できる理由、手数料を求められる例外ケースや損害賠償の有無などを解説。リクルートエージェントで無料で受けられるサービスも紹介します。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントを利用して転職が実現しても、求職者側に費用が掛かることはありません。その背景をご説明します。

求職者が無料でサービスを受けられる理由

厚生労働省が定める職業紹介事業において、転職エージェントは「有料職業紹介事業会社」に分類されます。職業安定法では、有料職業紹介事業会社(すなわち転職エージェント)が求職者から手数料を徴収することを禁じています。そのため、求職者側には登録料や手数料などの費用は一切発生しません。

ちなみに、名称に“有料”と付いているのは、“採用企業から報酬を得る”という意味です。転職エージェントの事業は企業からの報酬によって成り立っているので、求職者は無料で手厚いサービスを受けられるのです。

では、企業からの報酬はどのように発生するのでしょう。
一般的に、「成功報酬型」と呼ばれるビジネスモデルを採用する転職エージェントが多く、企業と求職者が雇用契約を結んだ場合にのみ、企業から転職エージェントへの報酬が支払われる仕組みになっています。

転職エージェントは求職者の転職活動を支えるほか、企業の採用業務を軽減する役割も担っています。採用を検討している企業に対して「求める人物像」をヒアリングし、求人票を作成します。求職者と面談してスキルや経験を確認し、求人の紹介や面接のセッティングも行います。また、雇用条件や入社日の確認・交渉などにも対応しています。このように、企業が行う一連の採用活動の代行を行い、紹介した人材の雇用契約が成立した場合に、「成功報酬」が発生します。

成功報酬目当てに、無理なマッチングを勧められることはない

「報酬を得るため、求職者に意に沿わない転職先をすすめるのでは」と不安になる方もいるかもしれませんが、心配する必要はありません。
転職エージェントの使命は、企業と求職者の双方が満足できる「出会い」をサポートすることであり、求職者・企業側双方のニーズを無視したマッチングは、職業紹介事業会社としての信用に関わります。ミスマッチを防ぐために、「求職者が入社後一定期間内に退職した場合は、企業に報酬を返金する」といったルールを設け、マッチングの精度を高めている転職エージェントがほとんどです。

手数料を求められる例外ケース

先に説明したように、職業安定法では求職者から手数料を徴収することを禁じています。ただし、以下の場合には一定の上限を超えない範囲で手数料を徴収できるとしています。

【求職受付手数料】
家政婦(夫)、配ぜん人、調理士、モデルまたはマネキンの職業に係る求職者から求職の申し込みを受理した場合、受付手数料として上限690円(免税事業者は上限660円)を徴収できる。

【求職者手数料】
芸能家、モデル、年収700万円以上の経営管理者、科学技術者及び熟練技能者の職業に係る求職者については、求職者から就職後に支払われた賃金額の10.5%相当額(同一の者に継続6ヵ月を超えて雇用された場合は、6ヵ月間の雇用に係る賃金額の10.5%相当額)を上限に手数料を徴収できる。

法律では例外を認めていますが、転職エージェントから求職受付手数料や求職者手数料を徴収されることはほぼありません。どうしても不安な方は、利用の際に確認しておきましょう。

転職サイトと転職エージェントの違い

それでは、転職サイトを利用して転職活動をするのと、何がどう違うのでしょうか?
転職サイトを利用する場合は、求職者自らがWebサイト上に掲載された求人情報から希望や条件に合う企業を探し、応募、面接、採用まで、すべて自分の手で行います。転職活動を自分のペースで行うことができるメリットがある半面、現職との両立や面接のスケジュール管理が大変になる場合もあります。

転職エージェントは、求職者がエージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが企業と求職者の間に立ち、希望や条件、将来的な目標などをもとにその人に合った求人を紹介し、面接のセッティングや面接対策など、転職活動をサポートしてくれます。スケジュールの調整もエージェントが行うので、働きながらスムーズな転職活動を行えるのがメリットですが、非公開求人も扱うため、全ての求人情報を自分で確かめ選びたいという人は物足りなさを感じるかもしれません。
詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?メリットや活用法を比較

リクルートエージェントが無料で提供しているサービス

リクルートエージェントでは求職者に対し、企業紹介から面接のセッティング、内定後のフォローに至るまで、転職に関する幅広いサービスを無料提供しています。求職者の事情とニーズを考慮した上で企業を紹介しますので、安心して転職活動にお役立てください。

リクルートエージェントで受けられるサービス

【キャリアアドバイス・カウンセリング】
キャリアの棚卸しや、求職者自身が気付かないスキル・アピールポイントの発見など、転職先を検討するにあたってのアドバイスを行っています。中長期のキャリアプランを含めて、求職者に最適なキャリアが見つかるようサポートしています。

【求人紹介】
リクルートエージェントでは、転職サイトや企業ホームページでは扱っていない「非公開求人案件」を多数保有しており、求職者の経験・スキルや適性、ニーズに合わせた求人をご紹介しています。採用の背景や職場環境、人間関係などの情報も把握した上でご紹介することができます。

【応募書類についてのアドバイス】
履歴書や職務経歴書など応募書類作成時のアドバイスや添削を行っています。
「この企業には、このポイントをアピールするとよい」あるいは「未経験の職種に応募する場合は、この経験をもとにアプローチしたほうが効果的」など、リクルートエージェントで持つ知見や、過去の実例などからの具体的なアドバイスを強みにしています。

【面接の日程調整】
転職サイトや直接企業に応募した場合、書類選考後の面接の日程調整は自分自身で行うことになりますが、リクルートエージェントでは企業と求職者双方の予定を確認し、スケジュールを調整します。

【面接対策】
面接でよく問われる質問の狙いや、その質問に対してどう回答するかの面接対策を行っています。また、企業を訪問する際のマナー、面接会場への入室・退室の作法、面接時の受け答え方、服装・髪型、持ち物など、面接に関して不安がある場合なども全てご相談ください。

また、リクルートエージェントの担当者が面接官役となり実際の面接の流れを体験し、改善点などをアドバイスする「模擬面接」も実施しています。

【応募先企業との交渉】
応募した企業の就業条件(勤務条件、給与、待遇、入社日など)に希望がある場合、リクルートエージェントが交渉のサポートをいたします。「条件面について自分自身では交渉しにくい」「交渉したいけれど、どの段階で交渉の話を持ち出したらよいのか分からない」という求職者をサポートします。

ただし、条件面については、内定後では交渉の余地がない可能性もあるので、早い段階でご相談ください。また、企業側の都合でどうしても変更できない条件や、転職市場の「相場」もあります。ご自身の希望だけでなくどこまでの条件であれば検討が可能なのかも併せて面談でお話しいただくと、スムーズな交渉が可能となります。