転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職エージェント > 転職エージェントの利用は費用がかからない? なぜ無料で利用できるかを解説

転職エージェントの利用は費用がかからない? なぜ無料で利用できるかを解説

転職エージェント費用

転職エージェントを利用したいと考えたときに、「無料だと聞いたけど本当?」「どこかの時点でお金がかかるのでは?」と疑問を持つ人も少なくないようです。一部の例外をのぞき、転職エージェントの利用に費用はかかりません。この記事では、転職エージェントの仕組みや求職者が無料で利用できる理由、利用のポイントなどを、組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタントの粟野友樹氏が解説。転職エージェントとお金に関するQ&Aや、リクルートエージェントで無料で受けられるサービスもご紹介します。

転職エージェントの利用に費用はかからない

求職者は無料で転職エージェントを利用できます。例外として手数料がかかるケースもありますが、基本的に利用者負担はないと考えてください。どうしても不安な方は、利用の際に確認しておきましょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントの収入は企業からの成功報酬

なぜ求職者は、転職エージェントから無料でサービスを受けられるのでしょうか。それは、転職エージェントの事業が「企業からの報酬」によって成り立っているからです。

一般的に転職エージェントでは、「成功報酬型」と呼ばれるビジネスモデルを採用しています。つまり、転職エージェントのマッチングによって、企業と求職者が雇用契約を結んだ場合にのみ、企業から転職エージェントへの報酬が支払われる仕組みになっているのです。

転職エージェントは、採用を検討している企業に対して「求める人物像」をヒアリングし、求人票を作成します。一方、求職者に対しては、面談で経験・スキルや希望条件を確認し、求人の紹介や面接のセッティングを行います。さらに雇用条件や入社日の確認などにも対応しています。このように、企業が行う一連の採用活動のサポートを行い、紹介した人材が入社した時点で、「成功報酬」が発生するのです。

企業が転職エージェントを活用するメリット

企業がお金を払って転職エージェントを利用するメリットとは何でしょうか。

まず、転職エージェントは企業の採用活動の支援を行うことがあります。企業の採用業務は主に人事が担いますが、社内の人材だけでは手が回らないこともあります。そこで転職エージェントでは、企業の負担を減らすべく、「こんな人材が欲しい」という要望に添った採用ターゲットの設定や、選考方法の提案を行っています。

また、企業が求める人材と求職者のマッチングを転職エージェントが担うことで、採用ターゲットに合った応募者が集まりやすくなり、ミスマッチや内定辞退を軽減することができま役員などの幹部や新規事業メンバーの募集など、社内外に知られたくない採用活動も、転職エージェントを使えば非公開で進めることができます。

さらに成功報酬制であることから、「採用できるかどうかわからない段階」でのコストがかからない点も、企業にとっては魅力でしょう。

リクルートエージェントの転職活動サービス

転職エージェントの利用でよくあるQ&A

転職エージェントの利用を迷っている人の不安を払拭するために、転職エージェントの利用にまつわる質問と回答をまとめてご紹介します。

Q 転職サイトとの違いはどこ?

転職サイトとは、インターネットなどに求人広告を掲載するサービスです。一般的にさまざまな業界・職種の求人が多数掲載されており、求職者自身で人材を募集している企業を検索・選択し、希望や条件に合う企業に直接応募することができます。

転職サイトを利用する場合、求人選びから応募書類の作成、日程調整、面接対策などをすべて自分で行う必要があります。転職活動を自分のペースで進められるメリットがある半面、現職との両立やスケジュール管理などが大変なこともあるでしょう。

それに対して転職エージェントは、転職支援のプロであるキャリアアドバイザーが、企業と求職者の間に立ち、希望や条件、将来的な目標などをもとにその人に合った求人を紹介し、面接のセッティングや面接対策など、転職活動全般をサポートしてくれます。

スケジュールの調整も転職エージェントが行うので、働きながらスムーズに転職活動を進められるのがメリットです。自身にマッチした求人に出会える確率が高いため、効率良く転職活動を進めることができます。さらに転職エージェントは一般に公開していない非公開求人を数多く保有しているので、転職サイトでは掲載されていない求人に出会える可能性もあるでしょう。

Q 登録だけして求人に応募しなくても大丈夫?

転職エージェントは、転職を決心した人でないと利用できないわけではありません。転職するかどうか迷っていたり、キャリアの方向性に悩んでいたりする段階でも利用可能です。

転職エージェントに登録すると、対面やオンライン、電話によるキャリア面談が行われ、自身の転職市場価値や、転職市場の動向、今後のキャリアの可能性などについて話を聞くことができます。その結果、「今は転職のタイミングではない」「現職に残ってもっと経験を積もう」と判断した場合などは、求人に応募しなくても構いません。
ただ「利用を一時ストップしたい」という旨を担当キャリアアドバイザーに伝えなければ、求人紹介が行われてしまいます。意向をはっきり伝えておいたほうが、自身のためにもよいでしょう。

Q内定辞退をしたら料金が発生する?

転職エージェントでは「登録」「面談」「相談」「選考」「内定」「入社」のどの段階であっても、求職者への料金は一切発生しません。転職エージェント経由で応募した企業の内定を辞退した場合でも同じです。

内定辞退を転職エージェントに伝えることは気が重いことかもしれませんが、迷いが払拭できないまま入社して早期退職するよりも、しっかり検討した上で内定を辞退する方が、求職者・転職エージェント・企業の3者にとって良い結果につながるでしょう。入社を迷った場合は、その状況を転職エージェントに伝えれば、迷っているポイントについて企業に直接確認してくれたり、面談の場を設けるように調整してくれたりすることもあります。

Q 早期退職をしたら料金が発生する?

転職先を早期退職したとしても、違約金などの費用が発生することはありません。

ただ、料金が発生しないとはいえ、転職先については入社前にしっかり検討することが大切です。早期退職は心身のストレスになり、自身の今後の転職活動にも影響する可能性があります。企業には採用活動の再開、組織づくりのスケジュール遅れなどの負荷がかかり、転職エージェントも転職活動支援の労力が報われないだけでなく、企業とビジネス上の関係性が悪化するなど、各方面に大きな影響があるからです。「事情により仕事を続けられなくなった」などのケースは別として、ミスマッチによる早期退職はできるだけ未然に防ぐことが望ましいでしょう。

リクルートエージェントが無料で提供しているサービス

リクルートエージェントでは求職者に対し、企業紹介から面接のセッティング、内定後のフォローに至るまで、転職に関する幅広いサービスを無料提供しています。求職者の事情とニーズを考慮した上で企業を紹介しますので、安心して転職活動にお役立てください。

キャリアアドバイス・カウンセリング

キャリアの棚卸しや、求職者自身が気付かないスキル・アピールポイントの発見など、転職先を検討するにあたってのアドバイスを行っています。中長期のキャリアプランを含めて、求職者に最適なキャリアが見つかるようサポートしています。

求人紹介

リクルートエージェントでは、転職サイトや企業ホームページでは扱っていない「非公開求人案件」を多数保有しており、求職者の経験・スキルや適性、ニーズに合わせた求人を紹介しています。採用の背景や職場の人間関係、労働環境などの情報も把握した上で紹介することができます。

応募書類についてのアドバイス

履歴書や職務経歴書など応募書類作成時のアドバイスや添削を行っています。「この企業には、このポイントをアピールするとよい」あるいは「未経験の職種に応募する場合は、この経験をもとにアプローチしたほうが効果的」など、リクルートエージェントで持つ知見や、過去の実例などからの具体的なアドバイスを強みにしています。

面接の日程調整

転職サイトや企業の採用ページから直接応募した場合、書類選考後の面接の日程調整は自分自身で行うことになりますが、リクルートエージェントでは企業と求職者双方の予定を確認し、スケジュールを調整します。

面接対策

面接でよく問われる質問の狙いや、その質問に対してどう回答するかの面接対策を行っています。また、企業を訪問する際のマナー、面接会場への入室・退室の作法、面接時の受け答え方、服装・髪型、持ち物など、面接に関して不安がある場合なども全てご相談ください。
また、リクルートエージェントの担当者が面接担当者となり実際の面接の流れを体験し、改善点などをアドバイスする「模擬面接」も実施しています。

無料で使えるからこそ気をつけたいポイント

無料で利用できる転職エージェントは求職者にとって有益なサービスですが、だからこそ遠慮や妥協はせず、意思を持って使いこなすことが必要です。転職エージェントを利用する時に注意したいポイントについてお伝えします。

希望は遠慮せず明確に伝える

転職エージェントは基本的に、求職者の希望や経験・スキルとのマッチ度で求人を紹介しますが、時には転職市場の動向や企業の採用状況なども加味し「選考に通過しやすい」「内定を得やすい」案件を選ぶ場合もあります。あるいは、キャリアの選択肢を増やすという意味で、希望と異なる求人をすすめることもあるでしょう。
また、求職者側も、転職活動が進む中で希望条件が変わり「方向修正したい」と考えるケースがあるかもしれません。

ですから、転職活動を進める上でキャリアアドバイザーとの方向性のすり合わせは不可欠です。紹介される求人がミスマッチであると感じたら、「○○業界に絞って欲しい」「年収は〇万円以上の案件のみに」「次は○○コンサルへのキャリアを考えているので△△営業の紹介はしないでほしい」などと遠慮なく伝えるようにしましょう。

すすめられても無理に応募する必要はない

前述のように、キャリアアドバイザーは求職者の希望を考慮しつつ「転職エージェントとしての提案」をすることがあります。しかし、「希望と違う」「目指すキャリアとズレがある」「興味関心を持てない」などの場合は、すすめられても応募する必要はありません。
転職エージェント側も、「すすめる=応募すべき」とは必ずしも考えていません。逆に、求職者から「これはNO」「もっとこういう求人がよい」「ここがいいが、ここはズレている」などのフィードバックがある方が、マッチングの精度も上がる可能性があります。

ただ、選択肢を増やすための提案をされた場合に「この方向性もありかな」と感じたら、応募して選考に進むのも1つの方法です。譲れない条件以外は、一定の柔軟さを持って提案を受け入れることで、思わぬキャリアの可能性が開けることもあります。

最終的な判断は必ず自分でする

転職エージェントは転職活動のサポートをするものの、求職者が納得して自身にマッチした企業に転職し、中長期で活躍できてこそ、求職者・企業・転職エージェントの3者にとってハッピーな結果だと言えます。「一生懸命支援をしてくれたから」「すすめられたから」「企業に迷惑がかかるから」という理由で決断してしまえば、自身が後悔することになりかねません。

転職エージェントからのアドバイスや提案は、あくまでも1つの参考意見と考え、最終的な判断は「自分が転職して納得して働けるかどうか」を基準に、責任を持って行うことをおすすめします。

この記事のおさらい

転職エージェントのサービスを無料で受けられる理由は?

転職エージェントの事業が「企業からの報酬」によって成り立っているからです。詳しくはこちらでご紹介しています。

無理なマッチングを勧められることはない?

「希望と違う」「目指すキャリアとズレがある」「興味関心を持てない」などの場合は、すすめられても応募する必要はありません。詳しくはこちらでご紹介しています。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

大きく違うポイントは転職エージェントを利用した場合、企業探し~採用までの転職活動をサポートしながら進めてくれるところです。詳しくはこちらをご覧ください。

記事作成日:2020年01月17日
記事更新日:2022年11月30日
記事更新日:2023年07月04日 リクルートエージェント編集部

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。