転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職エージェントが「合わない」と感じたら

転職エージェントが「合わない」と感じたら

転職エージェントに登録し担当のキャリアアドバイザーがついたけれど、「相性が合わない」と感じたときは、どうしたらよいのでしょうか?

――ここでは、その対処法について紹介します。

担当変更を希望しても問題ありません

キャリアアドバイザーも求職者も「最適なキャリアを選択する」という目的は同じです。そのため、合わないと思ったときは我慢したり遠慮したりする必要はありません。逆に、キャリアアドバイザーを変更したほうが、その後の転職活動がうまく進む可能性もあります。ただし、「気に入らないから」「なんとなく合わない」といった感情的な理由では、どのようなキャリアアドバイザーに変更したらいいのか、転職エージェント側でも判断がつかないことがあります。

そのため、まず「合わない」理由を明らかにすることをおすすめします。
たとえば、「IT業界に転職したいので、ITに詳しいキャリアアドバイザーにしてほしい」「未経験の職種に転職したいので、未経験者の転職に実績のあるキャリアアドバイザーにしてほしい」など、具体的な理由を伝えると、的確に対応してもらえる可能性が高まります。

「合わない」と感じたときのケース別対処法

「合わない」と感じた状況によっては、担当者変更を申し出なくても改善できる可能性もあります。ここでは、ケース別に対処法をご紹介します。

紹介される求人内容が合わない

キャリアアドバイザーから提案された求人が納得できない場合は、「なぜ、自分に勧めるのか」と理由を聞いてみましょう。求人が希望とマッチしていない理由のひとつに、「キャリアアドバイザーが求職者の経験スキルや希望をきちんと把握できていない」という可能性があります。

もちろん求職者側の希望が抽象的だった場合は、希望条件を満たした求人が提示されないこともあります。たとえば求職者が「今よりも年収をアップさせたい」という希望の場合、「いくらアップさせたいのか」が明確でないため、給与面で納得できない求人を紹介される可能性があります。できる限り具体的な要望をキャリアアドバイザーに伝えることで、提示される求人のミスマッチを回避できるでしょう。

なお、求職者が自覚していない適性を考慮して求人を勧めていることも考えられます。より自分にマッチした転職先を見つけるために、主観だけにこだわらず、アドバイザーの意見にも柔軟に耳を傾けたほうが選択肢は広がるでしょう。

人柄やコミュニケーションのスタイルが合わない

自分の意見を相手に伝えるとき、はっきり言う人もいれば、やんわりとオブラートに包んで話す人もいます。
コミュニケーションのスタイルや性格は、キャリアアドバイザー・求職者ともに異なります。相手の接し方や話し方にストレスを感じるのであれば、「初めての転職に不安を感じているので、もっと丁寧に説明するなど細やかにフォローしてほしい」「自分の経験・スキルと希望する条件が求人市場的にマッチしているか分からないので遠慮せずにはっきり話してほしい」というように、コミュニケーションスタイルの希望を、具体的に伝えましょう。

時間が合わない

キャリアアドバイザーに連絡するといつも不在だったり、キャリアアドバイザーからの電話は仕事中で出られなかったりと、双方の時間が合わず、連絡が取りにくいことがストレスになってしまうこともあるでしょう。
こうした場合に備えて、あらかじめ連絡可能な時間帯や希望する連絡手段(電話・メールなど)を伝えておくと、「連絡が取れない」というストレスも軽減されるでしょう。

どうしても合わない場合は転職エージェントに連絡を

いろいろ対処したけれど、「どうしてもキャリアアドバイザーと合わない」と感じた場合は、遠慮や我慢をせず、転職エージェントに担当者の交代を申し出ましょう。
転職エージェントによっては、意見を受け付ける総合窓口を設置しているケースもあります。窓口を通じて、「〇〇という理由で担当を替えてほしい」と伝えることもひとつの方法です。

なお、この際に感情的に意見を述べてしまうと、転職エージェント側がクレームだと感じて、その後の対応に遅れが出てしまったり、新しく担当になったキャリアアドバイザーが委縮してしまい、提案内容に影響を及ぼすなどのデメリットが生じたりする可能性があります。
転職活動を成功させるためにも、転職エージェントと信頼関係を築き、変更を申し出るときは冷静に具体的な要望を伝えることをおすすめします。