転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 転職エージェントに聞く「内定率アップのコツ」

転職エージェントに聞く「内定率アップのコツ」

応募した企業からの内定獲得率をアップさせるには、どのようなことが大切なのでしょうか。

ここでは、転職エージェントによる内定率を高める秘訣を「書類作成」「応募」「面接」の3つのフェーズで紹介しています。

応募書類作成のコツ

履歴書や職務経歴書などの応募書類は、複数の企業に応募する場合も、基本的には同じ内容になります。ただし、志望度が特に高い企業に応募する場合は、応募職種に合わせて実績や自己PRに強弱をつけたり、志望動機で意欲を伝えたりすると効果的です。どのような内容を記載すれば、応募先に自分を印象付けられ、効果的にアピールできるかを考えて、書類を作成することをおすすめします。

転職エージェントを利用すると、担当のキャリアアドバイザーが職務経歴書をチェックしてくれます。書き分けについて迷ったら、相談するとよいでしょう。「記載する内容に漏れがないか」「採用担当者が読みやすい構成」「盛り込みたい項目」「効果的なアピール方法」など、書類選考の通過率を高めるためのヒントを得ることができるでしょう。

なお、キャリアアドバイザーに職務経歴書をチェックしてもらいたい場合は、面談の前に書類を提出しておくことをおすすめします。迷った点・悩んだ点をメモに残しておくことで、「面談の際に聞き忘れてしまった」ということを防げるでしょう。

【参考リンク】
転職エージェントの書類添削や面接対策

応募するときのコツ

応募する際は、興味を持った企業だけでなく、自分の経験やスキルを活かせる企業や職種にも応募しましょう。
興味があり、経験・スキルに合致した、新しい求人情報が転職エージェントから紹介されたら、すぐに応募することも大切です。募集から日が経つほど応募者数は増えていきます。また、募集要件にマッチする人材が見つかった場合、企業によっては応募の終了期限を待たずに内定を出してしまう可能性もあります。求人情報には旬があるので、タイミングを逃さないようアプローチすることをおすすめします。

転職エージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが求職者の希望や適性に応じた企業を紹介するほかに、応募時には、経験・スキル、転職理由、将来希望するキャリア、面談時の対応を参考に、求職者の「人物像」や「推薦する理由」などを記載するのが一般的です。
そのため、キャリアアドバイザーとの面談時に、誠意のある態度でしっかりと希望を伝えることが重要です。

面接するときのコツ

面接の前に、想定される質問への回答を準備しておくことが重要です。面接に不安を感じている方は、事前に企業研究や業界研究、市場動向の研究、模擬面接などを行い、しっかり準備しておくと心に余裕ができるでしょう。

転職エージェントは、企業ごとの面接の傾向や評価されやすい人物像などを把握しています。模擬面接にも応じているので、自信がない場合は相談してみましょう。
模擬面接では、キャリアアドバイザーが面接官役となり、求職者の話す内容が的確に伝わっているか、話すスピードは適切か、入室から退室までのマナーなども細かく確認してもらうことができます。面談はどうしても緊張しがちですが、繰り返し練習することで面接の流れ・雰囲気を掴み、「ブラッシュアップできた」という実感が、本番への自信につながります。

当日は「清潔感」を意識して臨むことが大切です。身だしなみに気を配り、自分の言葉で、はきはきとした態度で面接官に思いを伝え、経験やスキルをしっかりとアピールしましょう。

また、転職エージェントでは、求職者が応募先企業の面接をした後、企業側へのフォローを行っています。面接が終わったら、担当のキャリアアドバイザーに志望度や伝えきれなかったこと、聞き逃してしまった質問事項などを伝えておくとよいでしょう。

【参考リンク】
緊張しない、話が伝わる!「模擬面接」に挑戦しよう