転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 新卒入社1年目、2年目で転職は厳しい?─成功のポイントとは?

新卒入社1年目、2年目で転職は厳しい?─成功のポイントとは?

新卒入社してまだ1年~2年目で、「このままこの会社にいることに不安を抱いている」「もっと自分に合う会社があるんじゃないかと思えてきた」――など、「転職」を意識し始める人は少なくありません。
しかし、短期間で会社を辞めて、ビジネス経験がまだ浅い状態で転職はできるのか、という不安もあるようです。新卒入社から1年~2年での転職で心得ておくべきこと、成功のポイントを、リクルートキャリアのキャリアアドバイザーがお伝えします。

新卒入社1年目・2年目での転職は可能?

新卒入社して1~2年目の人たちは、一般に「第二新卒」と呼ばれます。「第二新卒」とは、新卒で就職して3年程度以内の人を指し、第二新卒を対象とした求人も数多くあります。昨今は、新卒採用競争が激化しており、予定していた採用人数を満たせない企業もあります。それを補うため、第二新卒を対象に中途採用が行われています。

第二新卒の場合、最初に入社した会社でビジネスの基礎を身につけていることから、導入研修が不要であるという点で、新卒より第二新卒を求める企業も見られます。このように、第二新卒は企業から一定のニーズがありますので、転職のチャンスは豊富にあるといえます。

新卒1年目・2年目で転職する人を、求人企業はどう見ている?

短期間で会社を辞める人に対しては、「忍耐力がないのではないか」「飽きっぽいのではないか」「人間関係をうまく築けないのではないか」といった懸念を持たれることもあります。
しかし、「なぜ辞めるのか」「なぜ転職するのか」という理由や目的をしっかり伝えられれば、それらは払しょくできます。

また、以前に比べると、新卒入社後に短期間で辞めることに対して理解を示す企業が増えています。近年、新卒採用が活況なので、学生は少し就職活動をすれば比較的容易に内定を獲得できます。早々に内定が出た企業に安易に入社を決め、後から「自己分析をしっかりした上で、自分に合う会社を選ぶべきだった」「もっといろいろな企業を見ておけばよかった」と後悔する人が多数。そうした事情を、企業側は理解しているのです。

ですから、就活時の安易な企業選びを反省し、「社会に出て働いてみて、自分がやりたいことが見えてきた。それができるのが御社だと考え、志望した」というストーリーを語れば、短期間での退職に対してネガティブな印象を持たれることはありません。

新卒1年目・2年目での転職。するべきか、しないべきか

「石の上にも3年」と言われるように、「とりあえず3年は我慢して勤めるべき」という考え方もあります。不満を抱いてもすぐに辞めずに頑張ってみたほうがいいケースもあれば、入社1年目でもすぐに転職したほうがいいケースもあります。

その違いがどこにあるのか、「辞めたい理由」を挙げながら解説していきます。

* 上司・先輩・同僚との人間関係がうまくいかない
* ノルマが厳しく、プレッシャーが強い
* 仕事で成果が挙がらない。自分には合わないのではないかと思う

こうした理由で転職を考えている人は、これらの課題に対して「どれくらい努力や工夫をしたか」を自問してみてください。これは、採用面接で問われることでもあります。課題や困難に対する取り組みが十分でないまま辞めるのでは、「逃げている」と見なされるでしょう。

状況改善や目標達成のための努力がまだ足りないと感じるのであれば、もうしばらくとどまってみることをお勧めします。

労働条件が悪い(給与、休日休暇、福利厚生、残業の多さなど)

学生時代はよくわからなかったけれど、社会に出てみて自社の労働条件が他社より劣っていると気付く人もいます。しかし、中途採用面接で転職理由を聞かれたとき、これをそのまま伝えると、「条件で会社を選ぶ人」「他に条件がいい会社があれば、また辞めるのでは」と思われるかもしれません。

まずは「自分は今後どんなキャリアを築いていきたいのか」「5年後、10年後、どうなっていたいのか」という視点で考えてみましょう。今の会社は条件が悪くても、将来につながるスキルを身に付けられるのであれば、しばらくとどまって経験を積んではいかがでしょうか。条件のいい会社への転職を考えるのは、スキルを磨いて自信を付けた後でも遅くありませんし、より条件のいい会社を選べるようになる可能性があります。

仕事内容が想像していたのと違っていた/やりたい仕事ができない

この理由については、状況によって、すぐ辞めるべきかどうかの判断が分かれます。

「こんなキャリアを築きたい」という目標を持って就職活動を行い、会社説明会や面接で希望通りの仕事ができるという説明を受けて入社を決めたが、配属されてみると聞いていた仕事と違っていた――こうした理由であれば、目標に近づけるために早めに軌道修正したほうがいでしょう。応募先企業からも納得を得やすいといえます。

一方、「漠然とした憧れやイメージを抱いて入社したが、現実は異なっていた」ということであれば、くれぐれも早まらないようにしてください。イメージ通りの仕事ができるようになるまで、段階を踏んで経験を積んでいく必要があることもあります。まずは目の前の仕事を頑張ってみれば、見えてくることもあるはずです。また、希望の仕事ができる部署に異動するチャンスを探ってみてもいいでしょう。

「これがやりたい」「こんな自分になりたい」という目標が定まっていながらも、目指していることが実現できない、思うような成長ができないというケースもあります。それが今の会社で実現できないのであれば、早めの転職を考えてもいいでしょう。

例えば、「早くから責任ある役割を担い、成長したい」と思っているのに、入社してみると、責任ある役割を担えるのは30代以降であることがわかった……など。「成長スピード」が自分の希望とかけ離れている場合は、早々に転職するのも得策です。

会社の将来性に不安を抱いている

この理由の場合、状況によって、すぐ辞めるべきかどうかの判断が分かれます。今後のビジョンや成長性に不安を抱いたとしても、今取り組んでいる仕事でスキルを磨けるなら、もうしばらくとどまるのも手です。

しかし、事業内容が時代にそぐわなくなっていてニーズが減少していくような状態であれば、そこで経験を積んでも、今後に活かせなくなる可能性もあります。その場合は、早々に成長が望める分野へのキャリアチェンジを考えてはいかがでしょうか。

明らかに社風が合わない

「やりたい仕事ができると思って入社したけど、社風が合わない」という声もよく聞こえてきます。例えば、「どんどん新しいチャレンジがしたい」と思っているのに、入社してみると、保守的な風土であることがわかった……など。

価値観のギャップは、時間をかけても埋められるものではありませんので、自分の価値観や志向に合う企業へ移ることをお勧めします。

このほか、以下の理由も、早めに転職を図ったほうがいいかもしれません。

●サービス残業やパワハラが横行し、企業が対策を講じるつもりがない
●深夜残業が常態化しているなど、過度のストレスがある
●業績不振で、給与支払いが遅れたり、残業代を支給されなかったりする

1年目・2年目での転職。ありがちな勘違い

入社1~2年目での転職を考えている人は、次のような「勘違い」 をしていることがあります。転職活動の方向性や進め方を誤らないよう、意識しておいてください。

職務経歴書に書けることがないと思っている

「経験年数が短いから1~2行くらいしか書くことがないし、目立った実績や成果もない」と、自信を持てないでいる人は多いようです。けれど、企業側は社会人経歴1~2年の人に対し、必ずしも実績や成果を求めている企業ばかりではありません。仕事に対してどんな姿勢で取り組んできたか、自分なりにどんな創意工夫をしてきたかに注目しているので、それを記しましょう。

「退職の仕方」「入社の仕方」がわかっていない

新卒の場合、内定が出て約半年後、4月に入社します。この感覚で、「内定から入社までは余裕があるもの」と思い込んでいないでしょうか。中には、「入社時期は転職者側の都合に合わせてくれるもの」と思っている人もいます。

実際は、内定が出てから1~3ヵ月以内に入社するのが一般的。また、内定を得た後、今の会社への退職交渉、引き継ぎなどでバタバタになるのですが、それを想定できていない人が多いようです。今の仕事の進行状況をふまえつつ、応募~内定~入社のスケジュール管理をしなければならないことを心得ておきましょう。

自社のやり方が世間一般の常識だと思っている

新卒で入社した会社で「会社とはこういうもの」「営業とはこういうもの」などと思い込んでしまう人も見受けられます。

例えば、転職エージェントを訪れて「とにかく営業はもう嫌。営業以外の仕事に就きたい」と訴える人は多数。しかし、キャリアアドバイザーと話す中で、業界・商材・顧客層などの特徴によって営業スタイルが全く異なることに気付き、「やりたい」と思える営業職を発見して転職していく人もいます。

同じ業界内でも、企業によって仕事の進め方は異なります。「この仕事は嫌だ」と決め付けず、自分に合った働き方ができる企業を探してみてください。

転職先を選ぶときのポイント

転職先を選ぶときは、「現状の不満の解消」だけを目的にするのではなく、「5年後、10年後、自分がどうなっていたいか」という理想の姿を描くことも一つのやり方です。将来なりたい自分になるために、どんな経験やスキルが必要か、そのスキルはどんな仕事・会社で身につくかを考えることも大切だからです。

また、「これがやりたい」「こうなりたい」と思うことに対し、道は一つだけではありません。思いがけない分野で、「やりたいこと」ができる可能性もありますし、少し回り道をしてやりたいことに近づいていく方法もあります。

例えば「企画職に就きたい」という人は、「なぜ企画職なのか」を考えてみましょう。「アイデアを出して、形にしたい」ということであれば、それは「提案営業」という仕事でできることもあります。実際、営業経験を通じて顧客ニーズへの理解を深めた上で、企画職に異動して活躍している人は大勢います。

また、例えば「コスメのPR職に就きたい」という場合、化粧品メーカーのPR部門に入るのは難しくても、化粧品メーカーを顧客に持つ広告代理店やWeb制作会社などの営業、あるいは制作ディレクターの仕事に就けば、コスメのPRに携わることができます。そこで経験を積み、コスメのPR手法を身に付ければ、化粧品メーカーのPR職に転職できる可能性も広がります。

こうした選択肢は、自分1人では気付けないこともありますので、キャリアアドバイザーからも情報を得ることをお勧めします。

職務経歴書・面接で何をアピールするか

社会人経験1~2年では、「成果」「実績」を挙げられていない人も多いことでしょう。そこで、次のようなポイントを洗い出してみてください。それがアピール材料になります。

小さなことでも、「成功」した経験

自分なりに努力や工夫をした結果、どんな「成功」に結びついたかを伝えましょう。
例えば、「新規のお客様に粘り強くアプローチを続けた結果、社長に商談の機会をいただけました。成約には至りませんでしたが、他のお客様をご紹介いただけました」といった、小さなことでも構いません。そうしたエピソードを通じて人柄や意欲が伝わります。

壁にぶつかり、乗り越えた経験

仕事をする中で、壁にぶつかったり、トラブルに見舞われたりすることがあります。それを乗り越えていける力があるかどうかも、企業は注目しています。どんな困難や課題に対し、どう克服したかを伝えましょう。

入社1年目で会社を辞めて転職活動をする人は「逃げているのではないか」「打たれ弱いのではないか」という疑念を抱かれやすいのも事実。それを払拭するためにも、アピールすることをお勧めします。

仕事を通じて感じたこと、考えたこと

企業は、「入社後、成長する可能性が感じられるか」に注目しています。これまでの仕事を通じて、自分なりに感じたこと、考えたことがあり、それが今後頑張っていくための原動力になる、ということを伝えられるといいでしょう。

採用企業側は、能力だけでなく、社風に合うか、既存社員に溶け込めそうかどうかも判断基準としています。基本的なものの考え方や価値観がマッチしていれば、採用される確率は高まります。

学生時代の経験

社会人経験1~2年の人であれば、学生時代の経験もアピール材料になり得ます。人によっては、今の仕事よりも学生時代のアルバイト経験のほうが長いのではないでしょうか。その中で培った仕事観、努力したこと、工夫したことなどを伝えましょう。

ほか、クラブやサークル、ゼミ、ボランティアなどの活動などを通じて、どんなことを学び、それをどう仕事に活かしていこうと考えているかを伝えてください。

新卒入社1~2年の人は、新卒の就活の感覚を引きずりがちです。しかし、1~2年でも仕事を経験した中で、感じたこと、身に付けたことはたくさんあるはずです。それらを整理した上で、「どんな自分になりたいか」を中長期視点で考えてみてください。

あわせて読みたい参考記事

* 【第二新卒】伝わる「志望動機」の書き方と例文
* 第二新卒の職務経歴書の書き方と見本・フォーマット
* 第二新卒に適した転職時期はある?
* IT(第二新卒)の職務経歴書の書き方見本とフォーマットダウンロード
* 第二新卒の事務系(管理部門・マーケティングなど)の職務経歴書の書き方見本とフォーマットダウンロード

数多くの成功も失敗も見てきたキャリアアドバイザーがあなたの状況に合わせて、転職をサポートします。まずはお気軽にご相談ください。