転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 「転職したいけれど悩む…」という場合、どうしたらいい?

「転職したいけれど悩む…」という場合、どうしたらいい?

転職 悩む

「転職したい」と考えていても、実際に決断するのは勇気が要るものです。転職するか悩んでなかなか行動できない場合は、どのように気持ちを整理したらいいのでしょうか。人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏に、転職に悩んだときの考え方のヒントを伺いました。

悩んでいる場合は、「転職理由」と「希望条件」を明確にしよう

自己分析、応募書類の作成、転職エージェントとの面談、求人検索、面接…。転職活動は、思っている以上にハードです。特に仕事を続けながら転職活動をする場合は、有給休暇を使ったり仕事を調整したりして、面接の時間を捻出しなければなりません。そのため、転職を実現している方の多くは、ハードな転職活動をこなすだけの、明確な「転職理由(実現したいこと)」や「希望条件」を持っているものです。

もし、「他に向いている仕事があるかも」「周囲が転職しているから」など、強い動機がないために転職を迷っているのであれば、それはまだ転職のタイミングではないのかもしれません。まず、「転職理由」と「希望条件」を明確にすることから始めましょう。

「他に向いている仕事があるかも」という転職理由であれば、自己分析や、上司や先輩、同僚などに相談して、自分に向いている仕事を明らかにします。そして、社内で異動希望を出したり、部門横断や新規プロジェクトなどに手を挙げたりして、本当に自分に向いているのか見極めてみましょう。いきなり転職するよりも、自社内でチャレンジした方がプレッシャーも少なく、人脈があるため成果を出しやすいはずです。まずは転職せずに、自社で実現する方法を探ってみましょう。

現職では希望を実現できず悩んでいる場合は、まず動いてみよう

「転職活動」と「転職」は異なります。転職活動を始めたからといって、必ず転職しなければならないわけではありません。現職で転職理由や希望条件が実現できない場合は、転職活動を始めることも1つの有力な選択肢です。

転職活動を始めた結果、現職の良いところに気づいて転職活動を中止するケースもあります。また、経験・スキルの転職市場価値を掴むことができるので、キャリアの方向性を検討するきっかけになることもあります。面接で企業の採用担当者に話を聞いているうちに、あまり興味のなかった業界・職種に転職したくなるかもしれません。結果的に転職しなかったとしても、転職活動を始めた結果、新たな発見を得られる可能性は十分にあるのです。

なお、年齢が上がっていくと、住宅ローンや教育費などで生活水準を落とせなかったり、経験・スキルに見合った待遇を希望したりするため、転職の条件が増えていくケースが一般的です。企業側も、経験豊富な応募者には相応の待遇やポジションを用意しなければならないため、選考が慎重になります。その結果、転職を迷っている時間が長ければ長いほど、お互いが納得できる転職を実現することが難しくなってしまいます。自分の中で悩んでどうしても答えが出ないという場合は、「転職」と「転職活動」は別であると考えて転職活動を開始し、企業や転職エージェントに話を聞いてみるようにしましょう。

一人で悩まず、第三者に相談してみよう

一人で考えていると煮詰まってしまい、結論が出ないこともあります。転職で悩んでいるときは、第三者に相談してアドバイスを受けてみましょう。

所属企業を退職した同僚・先輩・上司に話を聞いてみる

所属している企業を辞めた信頼できる同僚・先輩・上司がいれば、話を聞いてみましょう。所属企業と転職先企業と比較して、転職のメリットやデメリットなどのアドバイスを受けることができるからです。経験者でないと分からない、自社と転職先の良さを知ることができるチャンスです。また、リファラル採用(社員に人材を紹介してもらう採用方法)を採り入れる企業が増えているため、アドバイスだけでなく「うちに転職しないか?」と誘われるかもしれません。できれば複数名から意見を聞き、転職活動の参考にしてみましょう。

転職エージェントに申し込み、アドバイスを受ける

転職エージェントに申し込み、アドバイスを受けるのも有効です。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、数多くの転職支援実績から、経験・スキルの転職市場価値や、転職の方向性などを提案することができます。経験・スキルや希望条件にマッチする求人を紹介してもらえるので、転職先を具体的にイメージすることができるでしょう。

なお、転職エージェントに相談すると、キャリアの棚卸しや応募書類の推敲、求人紹介や面接指導など、転職活動を一通りサポートしてもらえますが、必ず転職しなければならないわけではありません。転職エージェントに紹介された企業からの内定を承諾して本当に転職するかどうかは、後悔のないように必ず自分の意思で決定しましょう。

あわせて読みたい参考記事

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。