転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > クリエイティブな仕事に就きたい!どんな職種がある?未経験からの転職は可能?

クリエイティブな仕事に就きたい!どんな職種がある?未経験からの転職は可能?

クリエイティブな仕事

クリエイティブな仕事に興味があっても、「どんな職種があるのかよくわかっていない」という人や、「未経験からの転職は無理なのでは?」と考えている人もいるでしょう。

今回は、リクルートエージェントでクリエイティブ業界への転職支援を手掛けるキャリアアドバイザー・吉田智春さんが、さまざまな職種やそのやりがい、転職のために必要な準備や考え方などをご紹介します。クリエイティブな仕事への転職を目指す際の参考にしてみませんか?

クリエイティブな仕事には、どんな種類の職種がある?

クリエイティブな職種には、おおまかに「デザイナー/クリエイター系」「ディレクター系」「出版/文筆系」の3つの領域があります。「出版/文筆系」の編集者やライターなどの職種は、フリーランスや業務委託などの契約形式で仕事をするケースが多いため、今回は「デザイナー/クリエイター系」「ディレクター系」の職種をご紹介します。

デザイナー/クリエイター系

デザイナー/クリエイター系は、大きく4つの職種に分かれます。それぞれの領域の専門知識やスキルが必須の職種といえるでしょう。

webデザイナー

webサイトなどのデザインを手掛ける仕事です。ユーザーインターフェイスを手掛けるUIデザイナー、サイトを通じたユーザー体験まで考えて全体を構築するUXデザイナーなどの職種もあります。

グラフィックデザイナー/プロダクトデザイナー

モノとして形になるデザインについては、広告物をはじめとする紙関連のデザインを手掛けるグラフィックデザイナーや、商品のパッケージデザインなどを手掛けるプロダクトデザイナーなどの職種があります。

ゲームクリエイター

オンラインゲームやアプリのゲームなどのキャラクターや背景、画面のデザインや音楽制作、シナリオ制作などに携わります。デザインについては、2D/3Dデザイナーやモーションデザイナー、エフェクトデザイナー、UIデザイナーなど、さらに細かい専門領域に分かれています。

動画クリエイター

動画配信に携わる職種で、動画編集やVRの制作などを手がけます。企業のプロモーション動画などを制作する仕事もあれば、大手動画共有サイトなどで活躍する配信者の動画制作を手掛ける仕事もあります。最近、求人数が急速に増えている領域です。

ディレクター系

デザイナーやクリエイターのように専門スキルを発揮する仕事ではなく、全体を取りまとめ、プランニングやディレクション、進行管理などを手掛けます。web系の職種を中心に紹介するので、おおまかにどんなことをするのか把握しましょう。

プランナー

webサイトやアプリなどの方針をプランニングし、コンテンツを含む全体の設計やデザインなどのディレクションを手掛けます。制作そのものは、デザイナーやITエンジニアが担当します。

制作(進行管理)

webサイトの制作全体や進行を管理します。デザイナーやITエンジニアをはじめ、制作に携わる社内外の関係者とやりとりし、納期に向けて作業の進捗を管理します。

開発ディレクター

開発におけるディレクションを行います。ITエンジニアに指示を与える立場のため、専門用語や仕組みを理解していることが重要です。そのため、開発ディレクターはエンジニア出身者がほとんどといえるでしょう。

クリエイティブ(アート)ディレクター

デザインなどのクリエイティブ領域のディレクションを行います。クリエイターに向けて指示を出すため、デザイナー出身の人がこの立場になるケースが多いでしょう。

そのほかの領域について

以下のような領域にも、プランナー、ディレクター、制作などの職種があります。

  • 書籍や漫画などの出版物
  • webメディアなどの記事コンテンツ
  • パンフレットやカタログ、CMなどの広告物
  • 動画
  • ゲーム
  • テレビ番組
  • ラジオ番組

事業会社と代理店/制作会社の違いにも注意!

同じクリエイティブな仕事であっても、「事業会社で働く場合」と「代理店/制作会社で働く場合」では、仕事内容に違いがあります。それぞれ把握しておきましょう。

事業会社で働く場合

事業会社の場合は、自社サービスや自社メディアを運営しているため、そこに携わるケースがほとんどといえるでしょう。例えば、料理レシピの動画配信を手掛ける事業会社なら、それにかかわる仕事がメインとなります。新規事業などを展開するケースもありますが、基本的には、同じサービス・同じメディアに携わり続け、プロダクトやサービスについて深く追求していくスタイルとなります。そのため、事業領域が自分の好きなことや強みとマッチしていることが大事といえるでしょう。また、ユーザーの反響分析を基にサービス改善なども行うので、ダイレクトな反響を実感しながら仕事の手応えを味わうこともできます。

代理店/制作会社で働く場合

代理店/制作会社は、さまざまなクライアントの依頼を受け、要望を実現していきます。そのため、幅広い業界・分野の案件に携わりながら、多様な経験を積むことができます。クライアントの要望ありきの仕事であり、納期や予算が厳しいケースも少なくはありませんが、提案力や進捗管理の能力を磨くことができ、予算感の把握や交渉力のアップなど、独立に役立つノウハウを身に付けることができます。また、携わった作品や成果物は、そのままポートフォリオ(実績をアピールするための作品集)とできるため、転職や独立の際にも役立つでしょう。

クリエイティブな仕事に向いている人とは?

「クリエイティブな仕事に向いている人」の要素を紹介します。自分に当てはまるかどうか考えてみましょう。

アンテナ感度が高く、自分を磨ける

新しいものを探し、常にアンテナを張っている人に向いています。クリエイティブな仕事に就いている人の多くは、自分の仕事とは関係のない分野にも興味を持ち、日頃からさまざまなアートや作品、制作物に触れ、多くを吸収しています。新しいものを生み出すためには、自らのセンスを磨き、アップデートし続けていく力が大事です。

相手の考えを汲み取る力がある

クリエイティブな仕事に対し、「自分の発想のままに、自由に仕事ができる」というイメージを持つ人は少なくありません。しかし、実際の仕事では、企業や顧客がやりたいことを具現化していくことが前提となります。相手の「こうしたい」「こんなものを実現したい」という思いをいかに汲み取るかが大事であり、要求に応えていくためにいろんな選択肢を提案できることが重要です。クリエイティブな仕事では、相手とコミュニケーションできる力も必須といえるでしょう。

調整力やスケジュール管理能力など、ビジネス力がある

クリエイティブな仕事に憧れている人は、「モノづくり」の華やかな側面のみを見ているケースがよくあります。実際には地道な部分も多く、一緒に案件に取り組む関係者との調整作業も発生しますし、納期を守るためのスケジュール管理も必要です。つまり、一般的なビジネス力は必須となるのです。特に、ディレクターや制作などの職種は、社内外のクリエイターやエンジニアを取りまとめ、作業の進捗管理をすることが主務となります。また、クライアントや営業などの関係部署と予算や納期の調整をすることもあるので、プロジェクト全体をマネジメントする能力があることが重要といえるでしょう。

アイデアをどんどん形にする行動力がある

クリエイティブな仕事では、アイデアをどんどん形にしていく行動力が大事です。フットワーク軽く、チャレンジを続けていく中で、新たなものを生み出すことができるでしょう。また、デザイナーやクリエイターは、いいものを作るための努力を続けていける力も重要です。誰かに頼まれなくても、たくさんのデッサンを描いたり、新たな手法を取り入れたり、個人で作品を作ったりすることができる人には向いているといえるでしょう。

未経験からクリエイティブな仕事に就く方法は?

ここでは、未経験からクリエイティブな仕事に転職したい人が知っておきたいことを紹介します。

未経験でも転職は可能?

デザイナー/クリエイター系の職種は、専門スキルや知識が求められるため、やはり経験者を採用する傾向があります。しかし、未経験でも美術系の大学や専門学校などで学んだ経験がある人や、作品づくりの実績がある人の場合は、採用される可能性があるでしょう。

全くの未経験者の場合は、ディレクター系の職種の方が転職できる可能性があります。マネジメント能力や調整力を発揮できることが大事なので、金融機関の営業職からディレクター職に転職した事例もあります。コミュニケーション・スキルに長けている人なら、これまでの実績を上手にアピールすればチャンスをつかむことができるでしょう。

専門スキルの資格は必要?

クリエイティブな仕事では、専門スキルの資格などは重視されない傾向があります。特に、デザイナーやクリエイターなどの職種では、「アウトプットがすべて」とするケースが多いので、資格を取るより、自分の作品を作ることに注力した方がいいでしょう。

未経験から転職するための方法は?

未経験者がクリエイティブな仕事に転職する場合は、その領域について学ぶ努力をしていることが大事です。やりたいことや、なりたい自分に近づこうという努力をしていなければ、「ただ憧れているだけ」と判断されてしまうでしょう。

また、転職活動をする際には、職務経歴書に「努力している事柄」についてしっかりと書くことも重要です。プライベートで頑張っていることを職務経歴書に書かない人もいますが、仕事に活かせる内容はどんどんアピールしましょう。履歴書の志望動機や自己PRでは、なぜその職種を目指したのか、そのためにどんな努力をしているのか、転職後にどんなことがやりたいのかまで書き、自分の本気度を伝えるように意識しましょう。

「何を書けばいいのかわからない」という場合は、転職エージェントに相談することをお勧めします。職務経歴書や履歴書に書く内容はもちろん、面接でよりアピールする方法などのアドバイスをもらうことができるでしょう。

デザイナー/クリエイター系を目指す人がやるべきことは?

フォトショップやイラストレーター、動画編集ソフト、プログラミング言語など、目指す職種に必要なツールや知識を学ぶことから始めましょう。その上で、実際に自分の作品を制作することが大事です。自分の作品を集めたポートフォリオを作れば、現状でどの程度のスキルがあるのかを判断してもらいやすくなりますし、自分のセンスや本気度をアピールすることができます。

働きながら専門学校で学ぶこともお勧め

専門学校では、確かなスキルや知識を効率的に習得できます。また、仕事と勉強を両立した努力をアピールすれば、採用担当者にも大きく評価されるでしょう。

ディレクター系の職種を目指す人がやるべきことは?

目指す職種の仕事内容を理解し、そこに必要な知識を学びましょう。例えば、デザイナーに指示を出す職種の場合は、使用するツールなどの基礎知識は身に付けておくといいでしょう。「自分で学ぶ努力をしていること」を事実として提示できれば、本気度を伝えることができます。

また、デザイナーやクリエイターと違い、作品としての実績を提示できないため、より説得力ある志望動機や自己PRを語ることが非常に重要です。特に、web系の職種の場合は、ITやデジタル系のツールが身近な「デジタル・ネイティブ世代」がライバルとなる可能性があります。2010年ころから現在までの10年間に、IT接続環境やスマートフォンが急速に普及し、生活に根付いたため、その間に学生時代を過ごした人がこれに当たるでしょう。趣味でプログラミングや動画配信を行うなどの実績を持っているケースも多いため、彼らに負けないアピールをすることが大事です。

成功事例の自己PR例文を紹介

未経験から転職した事例を参考に、説得力を持ってアピールできるように準備しましょう。

□金融機関の営業職からwebディレクターに転職(27歳・女性)
「融資を担当し、地域の顧客をサポートする中で、オフラインのイベントを開催していましたが、オフラインでできることに限界を感じました。より影響力の大きいオンラインのプロモーションに携わりたいと考えて転職を決意し、オンライン講座などでwebプロモーションの知識を学び続けました。また、前職では、お客さまの立場になって、誠実な提案を行うように心掛け、目標数字を常に達成してきました。入社後は、地道に信頼関係を築いていく力と、多様な業界の顧客とコミュニケーションしてきたスキルを活かして、お客さまのためになる提案を行い、より多くの人の心を動かすプロモーションを目指し、貢献していきたいと考えております」

クリエイティブな仕事の魅力とは?

最後に、クリエイティブな仕事の魅力とキャリアパスについて紹介します。

クリエイティブな仕事の魅力とは?

自分の作ったものや携わった作品が形となり、多くの人に見てもらうことができます。web系の場合は広く発信されるため、全世界の人が見てくれる可能性もあり、社会に大きなインパクトを与える喜びを味わえるでしょう。一方、紙や商品などの制作物の場合は、形として残るため、ものづくりに携わる実感を強く味わえます。また、動画やゲーム、CM、番組などを制作する場合は、人の心に残るケースも多く、そこにやりがいを感じられるでしょう。

ひと言で「クリエイティブな仕事」と言っても、その定義は広く、業界・職種・企業によって、扱う領域も発信する相手も違ってくるものです。自分が何を作りたいのか、どんなことをしたいのかを見定めた上で、「どの道に進めばそれが実現できるのか」を考えることが大事です。

クリエイティブな仕事のキャリアパスは?

経験を積むうちに「担当する案件や仕事の幅が広がる」「扱う案件の予算や規模が大きくなる」などのステップアップをすることが多いでしょう。クリエイティブ・ディレクターやプロデューサーなど、全体を任される立場となるケースや、自分の仕事を手掛けながら若手を育成していくマネージャーとして活躍するケースもありますし、実績を基にしてより自分のやりたいことができる企業に転職するケースなどがあります。

また、フリーランスとして独立することも可能です。ただし、企業で働くのとは違い、営業が仕事を取ってきてくれるわけではないので、自ら人脈を広げ、営業力を発揮していくことが必要です。また、経理や事務処理などの雑務も自分で行うことになります。独立しても続けていくことができないケースは多いので、リスクの高さを踏まえておくことが大事でしょう。

リクルートエージェント キャリアアドバイザー 吉田智春
リクルート(旧:リクルートキャリア)の転職エージェントサービス「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして、主にクリエイティブ領域の支援を担当。

あわせて読みたい参考記事

* クリエイティブ・ディレクターの仕事内容・やりがい・必要スキル・将来性とは?
* Webディレクターの仕事・やりがい・必要スキル・将来性とは?
* 未経験でPR会社に転職したいけど、何をアピールすればいい?
* Webデザイナー・Webディレクターの志望動機の伝え方・書き方

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。