転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職エージェントを併用することはできる?

転職エージェントを併用することはできる?

転職エージェントを併用することはできるか迷っている男性(イメージ画像)

転職活動において、複数の転職エージェントを同時に利用することは可能なのでしょうか。

ここでは、転職エージェント併用の可否と、併用する場合のメリット、デメリットについて解説しています。

転職エージェントは併用できる

転職エージェントは複数利用が可能です。
前提として、転職エージェントは大きく分けて、「総合型」と「特化型」の2つの種類があります。「総合型」の転職エージェントは幅広い業界・職種の求人に対応しており、求人数も豊富です。「特定の業界に絞らずに転職活動をしたい」という場合や、「キャリアの選択肢・可能性を広げて転職先を検討したい」場合におすすめです。

一方、「特化型」の転職エージェントは、特定の職種や業界、キャリアの求人を中心に転職支援を行っています。「特化型」の場合は、特定の業界の採用動向を熟知しており、専門性の高い情報提供を強みとしているので、例えば「特定業界で転職先を探したい」という場合に活用できます。

このように、転職エージェントによって専門分野や提供できるサービスが異なるため、それぞれの特徴を理解した上で自身の希望や志向に合った転職エージェントを併用するとよいでしょう。例えば、専門分野を活かした転職を検討している場合、「総合型」の転職エージェントでは、専門分野の経験を横展開できそうな業界・職種を幅広く紹介してもらい、「特化型」の転職エージェントでは、専門分野を深めることができる求人を紹介してもらう、などという方法があります。複数の転職エージェントを併用することで、様々な観点からアドバイスや求人情報を提供してもらうことができるでしょう。

転職エージェントを併用するメリット

転職エージェントは、それぞれに独自の強みを持っています。そのため、併用することで希望に合った転職先と出会える確率が高まる可能性があります。以下では、どのようなメリットがあるのかを紹介しています。

より多くの求人から選ぶことができる

複数の転職エージェントを利用することで、1社のみに登録するよりも多くの求人を紹介される可能性があります。また、転職エージェントは、一般の求人サイトなどでは募集をせず、かつ、その転職エージェントでしか取り扱っていない独自の非公開求人を保有していることもあります。転職エージェントを併用することで、より多くの求人から選ぶことができるでしょう。

より多くのアドバイスを得ることができる

キャリアアドバイザーによって、精通する業界や専門分野が異なります。転職エージェントを併用することで、複数のキャリアアドバイザーと接することができるので、さまざまな観点からのアドバイスを得ることができるでしょう。

転職エージェントによってはポジションを作ってくれる可能性も

転職エージェントでは、以下のような場合に転職エージェントから企業に求職者を紹介することもあります。

■ポジションの打診

専門性の高い業務を経験しておりスキルや知識もあるが、現状そのキャリアを生かせる求人がない場合、現在は募集をしていないが、潜在的なニーズがあると想定される企業にその人材を紹介・提案する

■オープンポジション

企業側から転職エージェントに、募集中の職種以外でもその企業にマッチする人材や、企業に興味を持っている人材がいれば、紹介を要望されている場合に、スキルや経験を伝えてポジションを探してもらう

また、仮に求職者が転職を希望する企業の応募条件に満たない場合であっても、企業と転職エージェントで応募条件の調整を検討するなどして、紹介する場合もあります。
これらは、転職サイトや企業の採用ページから直接応募するのと大きく異なる部分と言えるでしょう。

転職エージェントを併用するデメリット

転職エージェントの併用には多くのメリットがありますが、その反面、以下のようなデメリットもあります。

転職エージェントの管理が大変

複数の転職エージェントを利用すると、その分、やり取りにかかる手間や時間が増えてしまいます。
転職エージェントとのやり取りは、登録時の手続きやキャリアの相談だけではありません。応募書類の作成・提出や面接の日程調整など選考過程の一連で連絡を取り合うため、かなりの回数に及びます。そのため、面接の日程調整などダブルブッキングしないようスケジュール管理には注意が必要です。日程のダブルブッキングや同じ企業に何度も応募してしまうと、業務上の管理能力を不安視されてしまいます。「転職エージェントのA社とB社から同一の求人案件を紹介されて、うっかり重複応募してしまった…」という事態に陥らないように、転職エージェントからの紹介求人と応募先をきちんと把握し、管理することも大切です。

また、登録した転職エージェントからはさまざまな情報の提供があるほか、異なるアドバイスを受けることもあります。あまりに多くの情報を得た結果「どれを選んでよいのか」「どれが正しいのか」と迷ってしまう可能性もあります。

内定時期を揃えるのが難しい

中途採用の転職活動においては、選考から内定までの時期が企業によって異なります。これは、転職エージェントを利用していても同様です。転職エージェントを併用し、複数企業の選考が同時進行する場合、内定時期を揃えることが難しくなる可能性があります。

「できれば全社の結果が出てから、内定承諾する企業を検討したい」と考えている場合、第1希望の結果が出る前に他社の内定が出てしまい、返答を急かされることもあります。あるいは「第2希望の内定は出たけれど、第1希望の結果が出るのは第2希望の内定を保留できる期間の後になる」ということも考えられます。

このように、複数の転職エージェントを利用すると、スケジュール調整は複雑化するので、注意力と労力を要します。選考はどのようなペースで進むのか、結果はどの程度の日数でわかるのかなどを転職エージェントと確認した上で、内定の時期を極力近い日程にそろえられるよう、相談することをおすすめします。

併用する場合は、転職エージェントにそのことを伝えたほうが良い?

転職エージェントを併用していることを、転職エージェントに伝えるか否かは求職者の考え方次第であり、どちらを選択しても問題はありません。ただし、伝える場合は、求職者の立場がより有利になるように工夫することをおすすめします。

たとえば、「転職エージェントA社からはこんな興味深い求人を紹介されましたが、貴社(B社)でも同じような求人はありますか?」というように、他社の求人やサービス内容を伝えることで、より自分の希望に近い求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

また、A社とB社から紹介された複数の企業の選考が同時期に進んでいる場合は、その事実を伝えるという方法もあります。併用を伝えなければ、転職エージェントは基本的に自社で紹介した企業の選考スケジュールのみを考慮して動くため、他社で進めている選考スケジュールと揃えてはもらえません。転職エージェントに併用状況を伝えることで、選考や内定時期を調整するように動いてくれる可能性があります。例えば「この時期にA社で選考が進んでいる〇社と□社の内定を獲得して、できるだけ複数の中から比較検討したい。そのためには、転職エージェントB社にその状況を伝えて、B社で進めている▲社の選考を早めに進めてもらおう」など、ご自身で計画を立てた上で併用を伝えることで、転職活動を上手に進めることができるでしょう。