転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職活動がバレる原因は?在職中にバレるのを防ぐコツと、バレた時の対処法

転職活動がバレる原因は?在職中にバレるのを防ぐコツと、バレた時の対処法

転職活動がバレる原因は?在職中にバレるのを防ぐコツと、バレた時の対処法

在職中に転職活動をする際に、周囲に知られることなく転職活動を進めたい場合、どういった点に気を付けると良いのでしょうか? この記事では、バレる原因と注意すべきポイント、バレたときの対処法などを解説します。

転職活動が会社にバレる主な原因

転職活動が会社にバレる主な原因には、以下のようなものがあります。

・服装の変化
・休みや早退、遅刻が増えた
・電話の応対やスマホ画面の表示など
・ぽろっと同僚に話してしまって
・転職活動中に同僚に見られた
・会社支給のPCやスマホの利用履歴から
・TwitterなどのSNSのフォローや投稿でバレる …など

普段はカジュアルな服装で通勤しているのに、突然ジャケット姿やスーツ姿で会社に現れたり、普段はしないのに遅刻や早退が頻繁になると周囲は怪しむものです。また、電話での応募先企業との会話を周囲に聞かれたり、スマホ画面に転職エージェントからのメールが表示されたりしてバレるケースもあります。そのほか、同僚と飲みに行った際にぽろっと話してしまったことが広まったり、応募先企業や転職エージェントから出てくるところを偶然見られてバレるということもあります。

また、会社支給のPCでオンライン面接を受け、その履歴でバレたりGoogleカレンダーやOutlookカレンダーに間違えて面接の予定を公開で入力してしまい、バレることもあります。さらに、TwitterなどのSNSの投稿などからバレることもあります。

転職活動が会社にバレるとどうなる?

転職活動は何も悪いことではありませんが、転職しようとしていることが会社に知られることで、引き止められたり会社に居づらくなるケースもあります。もし待遇や業務内容が不満で、それを改善してもらえるなら残ってもいい場合はそこで交渉すれば問題ありませんが、引き止めを断れず、不満が残るままそのまま結局ずるずると辞められなくなる場合もあります。

また、会社にバレると、上司に行動やスケジュールを厳しく管理されたり、上長たちとの長時間の面談を複数回、設定されたりなど、転職活動が物理的にしづらくなることもあります。

転職活動が会社にバレないために気をつけること

では転職活動をバレないように行うにはどうしたらいいのでしょうか?気をつけるべき点を解説します。

服装に注意する

普段はスーツを着用せずに勤務している人が、いきなりスーツ姿で出勤すると、周囲の人たちは「なぜ今日はスーツを着ているのだろう?」と不思議に思うでしょう。そうしたことが数日間続くと、「もしかすると転職活動をしているのでは?」と憶測される可能性もあります。

転職活動をしていることを知られたくないのであれば、出勤時はいつも通りの服装を心掛け、面接に赴く際のスーツはロッカーにしまい、退社後に勤務先以外の場所で着替えるなど工夫することをおすすめします。

急に態度を変えない

転職を決め、現在の勤務先や仕事への関心が薄れたからといって、突然、上司や同僚などによそよそしくしたり、投げやりな態度になったりすることは避けましょう。

「最近様子がおかしいけれど、何か事情があるのでは?」と思われないように、これまでと変わらない態度で仕事に臨むようにしましょう。

転職活動に勤務先の端末を使わない

応募先企業や転職エージェントとのやりとり、求人情報の検索などに業務用のパソコンや勤務先支給の携帯電話・スマートフォンを使うのは避けましょう。

一般的に、支給されているパソコンや移動体端末の私用利用は禁止されており、多くの企業では、支給端末でのWEBサイト閲覧やメール送受信、通話発着信の履歴をチェックすることができます。また、労務管理としてこれらの履歴を確認している可能性もあります。そのため、求人情報を検索したり、メールや電話で連絡したりすると、履歴によって転職活動をしていることが発覚する可能性があります。特にオンライン面接を行う企業も増えているため、履歴が残る会社のツールの利用は注意が必要です。

社員寮・社宅に住んでいる場合は郵便物にも気を付ける

応募先企業からの郵便物が別の部屋に誤配されたり、郵便受けからはみ出して送り主の名前が見えてしまったりということも考えられます。

社員寮や社宅に住んでいる、あるいは同居する家族に知られたくない場合は、応募先に事情を説明して郵送方法について配慮してもらうことをおすすめします。郵便局のオプションサービスである「本人限定受取」を利用してもらう、郵便局留めにしてもらい受け取りに行くなどの方法であれば、周囲に知られることなく郵便物を受け取ることができるでしょう。

遅刻・早退・有給の取得理由を考えておく

選考過程での面接は平日の昼間に設定されることがあるので、早退や遅刻、あるいは半休・有給休暇を取ることが多くなりがちです。遅刻・早退・半休・有給取得の頻度やタイミングをコントロールし、現職業務に支障がないように工夫しましょう。

転職活動が会社にバレた時どうすればいい?

もし上司や同僚から転職活動のことを聞かれた場合は、なるべく正直に伝えましょう。ただし、転職理由は、職場への不満ではなく、「~に挑戦したいので」というように、上司が納得するような前向きな退職理由を伝えることで引き止めを防ぐことにつながります。もし引き止めで、会社から昇格、昇給、希望部署への異動などいろいろな提案があり、残ることを検討する場合は、それが現実に実行されるかどうか、また実行されたとしても現職に残って不満は解決できるか、周囲との関係性は維持できるかなどを冷静に考えて判断するようにしましょう。

また、転職活動をしていることが周囲に知られたとしても、それまで通り、またはそれまで以上に仕事に集中しましょう。最後まできちんとやりきることで、上司や同僚から認めてもらい、円満に退社することができるでしょう。

あわせて読みたい参考記事

* 転職にベストなタイミングは?キャリアアップの選択肢を広げる見極め方
* 【転職準備】いつ、何から始める?どうやって進める?ノウハウを徹底解説
* 転職するならどのタイミングがベストなのか─未経験でも狙える業界・職種は?
* 転職活動のやり方とスケジュール

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。