転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書で役職はどのように書けばよい?【記入見本・例文付き】

履歴書で役職はどのように書けばよい?【記入見本・例文付き】

これまで経験した職務で役職に就いたことがある場合、履歴書の「職歴」欄に役職をどのように記載するのがよいのでしょうか。また、履歴書を応募先企業に送付する際、送付する人が役職に就いている場合は役職名も併記した方がよいのでしょうか?
ここでは、履歴書に関する「役職」について解説しています。

履歴書に役職をどのように書けばよいか

履歴書には書いても書かなくてもよい

履歴書に必ず役職を記載しなければならないという明確なルールはありません。記載する場合は、以下の点に注意しましょう。

履歴書に書く場合は職歴欄に記載

入社・退社年月日、会社名と部署名、役職名を記載します。その際、「主任に昇進」など、役職名と共に昇進についても記しましょう。
また、職歴欄に記載する役職は、会社から正式に事例を受けたものに留めましょう。期間が限定されている、あるいは一定期間のみ与えられる、「プロジェクトマネージャー」や「プロジェクトリーダー」などは「役割」「役割名称」等と考えられるため、職歴欄ではなく、職務経歴書に記載することをおすすめします。

昇進と昇格の違いとは?
「昇進」とは、役職が上がることです。上司の推薦や社内の選考・選抜の結果、上位の役職に任命されることを指し、係長から課長になるなど、役職名が変わります。
「昇格」とは、社内の職能等級制度などで定められた等級が上がることです。そのため、役職が係長から課長に変わっても、等級は変わらない場合には、「昇進」ではあっても「昇格」ではない、ということになります。反対に、等級が上がり「昇格」しても「昇進」しないケースもあるので注意しましょう。

職歴書に書くことができる一般役職(英訳付)
主任・チームリーダー(Supervisor / Chief / Head)
係長(Section Head / Unit Head)
課長/室長/マネージャー(Section Chief / Section Head/ Section Manager)
課長補佐・代理(Assistant Director AD / Deputy Section Manager)
次長(Assistant General Manager)
副部長/部長補佐/部長代理(Sub Manager / Vice Manager / Assistant Manager)
部長(Manager / Director / Head of Department)
事業部長・本部長(Chief of Headquarters / General Manager)
支店長(Branch Chief / Branch Manager / Branch Office Manager /Store Manager / Office Manager)
支社長(General Manager / Vice President)

履歴書記入見本例

職歴
2014 4 株式会社○○商事 入社
2017 4 営業部法人営業課 係長に昇進
現在に至る

 

役職をアピールする際、詳細・実績は職務経歴書に記載

役職についての詳細や実績を具体的に記し、アピールしましょう。記載する内容は、

(1) 役職を担当した期間、職務内容欄に部署名や役職名
(2) 部下がいる場合は、チームの数や人員数
(3) そして、具体的な業務内容
(4) 役職に就くに至った経緯と、その役職で達成した成果。

主要な取引先や終結した契約などは、社外秘でない限り、社名などできるだけ具体的な情報を書くと、実績が伝わりやすいでしょう。

<職務経歴書記入例>
2012年9月~2013年3月(1)
営業部法人営業課課長(2)
法人営業課3チーム18名の売上管理および営業戦略の立案・進捗管理、人材育成、他部門との連携・調整を担当。(3)
2012年3月から6ヶ月間連続で個人・チームの売上目標を達成。その実績が評価され、2012年9月に営業部法人営業課の係長から課長に昇進。課長職では、新規顧客獲得を目標に、営業戦略を立案。チームリーダーと協力し、実施した結果、○○株式会社のECサイト運営(年間売上2億円)の新規契約を獲得。同時に、若手の育成、教育に注力した結果、法人営業課の売上目標を達成(前期末比125%)しました。また、2013年3月には2012年度の社長賞を受賞(年間を通し、最も会社に貢献した社員1名に送られる賞)。同時に課内の部下が新人賞を受賞(入社1年目の社員の中で年間を通じ、最も売上目標を達成し、会社への貢献度が高いと認められた社員に送られる賞)しました。(4)

なお、役職について「履歴書」でアピールしたい場合は、「自己PR欄」を使うとよいでしょう。

役職がない場合はどうしたらよい?

役職経験がない場合は、履歴書の職歴欄に「一般社員」などと記載する必要はありません。所属していた、あるいは配属された部署・課の名称のみで問題ありません。

履歴書を送付する際、宛名に役職をどう記載するか

宛名に役職を入れるか否か、こちらも明確なルールはありません。以下で役職を記載する場合の記載方法を、郵送とメールに分けて紹介しています。

郵送で履歴書を送る場合
宛名に役職を入れる場合は、所属部署名と担当者の氏名の間に入れるのが一般的です。

【記載例】
「株式会社○○○○(社名)、人事部(所属部署)人事部長(役職)○○○○(氏名)様」という書式にします。

メールで履歴書を送付する場合
相手の署名欄の書式があれば確認し、相手の署名と同じ書き方で送るとよいでしょう。
これまでメールでのやりとりをしたことがないため分からない場合は、郵送の場合と同じ記載方法にしましょう。

あわせて読みたい参考記事

* 履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き)
* 職務経歴書の書き方・職種別の書き方見本とフォーマットダウンロード