転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 志望動機 > 志望動機が書けない!転職活動で志望動機を伝える3ステップとは?【例文つき】

志望動機が書けない!転職活動で志望動機を伝える3ステップとは?【例文つき】

面接の質疑応答で必ず問われる「志望動機」。経験が浅い人が志望動機によって意欲や成長性を評価され、経験豊富な人を差し置いて志望動機で選ばれるケースは少なくありません。

どんな会社にも通じる志望動機ではなく、「だから、この会社」という説得力ある志望動機を語れるようにしましょう。志望動機を整理するためのプロセスを、ポイントを踏まえた例文と合わせてご紹介します。

なぜ志望動機が書けないのか?

そもそもなぜ、志望動機が思いつかないのでしょうか。それはおそらく、転職する理由について「現状の不満解消」が焦点になっているからかもしれません。「今感じている不満を解消できればいい」。それだけに集中して「何がやりたいのか」「将来どうなりたいのか」に考えが及んでいないのではないでしょうか。

企業側は、「どんなスキルを活かして自社に貢献してくれるか」という点だけでなく、「自社でどんなふうに成長してくれるか」という点に注目しています。その「成長」の原動力こそが「志望動機」=「何をやりたいのか」「将来どうなりたいのか」であると考えられていますので、まずはその整理から始めましょう。

そして自分の志向を整理したら、相手企業を研究し、自分と相手企業の「接点」を探っていきます。次のステップで進めてみてください。

【STEP-1】仕事において「大切にしたいこと・こだわり」を明確にする

これまでの仕事経験の中で、「こんな場面でやりがいや喜びを感じた」「こんな仕事をしているとき、自然にモチベーションが上がり、熱中した」というポイントを洗い出します。社会人経験がまだ浅い人であれば、学生時代のサークルやアルバイトなどの経験までさかのぼってもいいでしょう。

また、「将来こんな仕事をしたい、こんなポジションに就きたい」という目標がない人は、今まで会った人物の中で魅力を感じた人を思い出し、漠然とでもいいので「こんな人になりたい」を思い描いてみてください。この作業をする中で、自分が仕事で大切にしたいこと、こだわりたいこと、目指す将来像が見えてくるはずです。

【STEP-2】STEP-1で挙げたキーワードを念頭に、企業研究をする

志望企業の研究をします。企業サイトを読み込むのはもちろん、ニュースリリース、メディアのインタビュー記事など、多角的に情報を収集してください。中途採用であっても、「新卒採用」サイトにも目を通しましょう。学生向けなので、事業や仕事の内容がわかりやすく説明されています。社員インタビュー記事では既存社員がどんな働き方をしているか、どんなやりがいを感じているかがつかめます。

上場企業であれば、IRページなどで決算資料に目を通しておくのもお勧めです。決算資料を見る投資家はその業界の専門家とは限りませんので、事業内容や今後の方針について、かみ砕いて説明されています。中長期ビジョンも記載されているため、目指す方向性を理解しておけば、役員面接で効力を発揮する可能性もあります。

そしてこれらの企業情報を調べるとき、STEP-1で挙げた「自分が大切にしたいこと」「こだわり」を意識しながら見てください。その中で、相手企業と自分の「大切にしたいこと」「こだわり」の共通点を探ります。

【STEP-3】「企業のこだわり=自分のこだわり」であることを証明する

企業研究でつかんだ、相手企業の「大切にしていること」「こだわり」を挙げて、それが自分と共通していることを伝えられるように準備します。

面接では、「御社で は**を大切にしているとのことですが、私も**を大切にして働きたいと思っています」の一言で終わるのではなく、「**を大切にしたい」と考えるようになった出来事、経験のエピソードを具体的に語れるようにしておきましょう。つまり、その会社の理念や考え方に共感していることを、リアルなエピソードによって証明するのです 。

特に、ベンチャー企業や立ち上げて間もない企業の場合、理念や考え方がフィットしているかどうかが特に重視されるケースが多いため、リアリティをもたせて語れるようにしておきたいものです。

【STEP-4】相手企業で自分がどう活躍できるかをイメージする

相手企業としては「うちの会社の理念に共感してくれている」というだけでは、あなたを採用するメリットを感じてくれません。

「貴社の**という理念を理解しているからこそ、自分の経験・スキルを活かしてこんな動きや提案ができると考えている」といったように、自分なりに入社後の活動を具体的にイメージできていることを伝えてください。そうすれば「自社で活躍してくれそうだ」という期待感をもってもらえるでしょう。

例えば、営業職などであれば、入社後の活動を具体的にイメージするために、相手企業の商品群や価格帯、顧客属性、単価、営業プロセス、スパンなどを調べてみることをお勧めします。それによって自身の経験と相手企業の接点をより多く発見でき、志望動機の濃度やその企業で活躍できるイメージや説得力を高められます。

<志望動機の伝え方一例>

応募書類での「志望動機」の書き方

履歴書や職務経歴書の志望動機欄ではポイントを簡潔に記載します。

「前職では○○の営業として、お客様に役立つご提案をして喜んでいただくことにやりがいを感じていました。その中で、単独での営業活動よりもチーム力を活かした営業活動のほうが、よりお客様への提案の幅が広がり、自分自身も成長できるのではないかと感じました。貴社ではさまざまな部門の担当者が連携し、チームワークを活かして顧客への提案・課題解決に取り組まれているということで、私が希望する働き方ができると考え、志望致しました」

面接での「志望動機」の伝え方

面接では、応募書類に記した志望動機について、リアルなエピソードを具体的に語れるようにしておきましょう。上記の志望動機例について、よりくわしく語る場合の例はこちら 。

「営業として○○を販売していたのですが、あるお客様の課題をお聞きしている中で、『まずは△△を導入したほうがスピーディに課題解決につながるのではないか』と考えました。そこで社外の友人で△△の分野にくわしい人に相談し、そのお客様に適していると思われるサービスを調べて提案したところ、とても喜んでいただけました。このとき『提案力』によってお客様との信頼関係を築けることに、私はとても喜びを感じたのです。そして、提案力とは、自分が持っていない知見やノウハウを持つ人たちと力を合わせることで、より高まると気付きました。

しかし、今の会社では○○しか扱えず、今後もサービスラインナップを広げる計画はないそうです。この先も自分の部門内だけで仕事が完結し、これ以上の広がりは見込めません。その点、御社では多種多様なサービスを手がけておられ、各部門が連携することでお客様に最適なサービスを幅広く提供できるところに魅力を感じました。そのような御社でのチームワークを通じてさまざまなサービスの知識を身に付け、幅広い提案力を磨きたいと考えています」

志望動機を説得力のあるものに仕上げるためには、自分の志向を理解すること、相手企業の特徴を理解すること、この2つが欠かせません。単に「御社の事業・商品に興味があるから」「御社の社風が魅力的だから」だけにとどめず、「自分が目指すことが御社で実現できる」「自分の経験を活かして御社に貢献できる」という観点で伝えてください。

業界・職種別「志望動機の書き方」はこちら

* 志望動機の書き方とおさえたい3つポイント(職種別の例文付き)
* 機械・電気などモノづくり系エンジニアの志望動機の書き方と例文
* SE・ITエンジニアの「志望動機」の書き方と例文
* 社内SEの「志望動機」の書き方と例文
* 【第二新卒】伝わる「志望動機」の書き方と例文
* 営業の伝わる「志望動機」の書き方と例文
* 総務職の「志望動機」の書き方と例文
* 人事職の「志望動機」の書き方と例文
* 販売職の「志望動機」の書き方と例文
* 【IT業界編】伝わる「志望動機」の書き方と例文

リクルートエージェントでは、応募した企業の面接で質問されることなどの傾向や、どんな候補者が評価されるかなどの情報をお伝えすることができます。面接対策にお悩みの方はぜひ相談に来てみてください。