転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 30代で未経験な職種への転職はできる?キャリアチェンジ成功のための秘訣とは

30代で未経験な職種への転職はできる?キャリアチェンジ成功のための秘訣とは

30代_未経験_転職

「今の業界に将来性を感じない」「もっとやり甲斐を感じる分野に挑戦したい」……。もし30代になってこのような思いを抱えた時に、未経験の職種へ転職をすることは可能でしょうか?

企業が30代の転職者に求めること、20代の頃の転職との違い。そして30代のキャリアチェンジを成功させるにはどんなことが必要なのかを、組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏が解説します。

30代で未経験職種に転職することはできる?

30代の転職チャンス自体は増えてきた

一昔前まで、転職市場では35歳以上を対象とした求人はとても少なく、それ以上の年齢では転職が難しくなるという「35歳限界説」がありました。

しかし最近は「人生100年時代」と言われ、定年延長の動きもある中、30代はもちろん40代、50代の方も「まだまだこれから活躍して欲しい人材」と捉える企業は増えています。また大手企業が副業を解禁し、フリーランスの活用が広がるなど、働き方の多様性が進む現代においては、多様な人材を柔軟に採用することが、企業にとってブランディングの一環にもなってきています。

それに伴い、以前ならほぼ20代が採用されてきた業種や企業の中にも、30代以上の人が中途採用されるケースが見られるようになりました。今は30代より上の人も、経験やスキルがマッチする求人に出合えれば、良い転職ができるチャンスは十分にあります。

30代の転職者は「即戦力」であることが求められる

とはいえ、単に同業種・同職種へ転職するのではなく、未経験職種へのキャリアチェンジを目指す場合は、一段ハードルが上がります。というのも、基本的に企業が30代の転職者に求めるのは「即戦力」としての働きだからです。

まず30代前半の転職者に対する傾向としては、自社にはない新たな知見を生かしてできるだけ早期に業績アップに貢献すること、管理職または管理職候補として、中長期的に中核的な存在になっていくことが期待されます。選考では、前職での実績や個人のスキルが大きなウェイトを占めるでしょう。

そして30代の後半になると、多くの場合はすぐに管理職としてチームをマネジメントする管理能力が求められます。選考では後輩の育成・指導、プロジェクトマネジメントの経験などが問われ、組織を俯瞰して見る力があるかどうかが重視される傾向にあります。

このように30代の転職は20代の頃のようなポテンシャルではなく、実務経験や実績によって評価されるため、経験値や専門性でアピールできない未経験職種への転職は、難易度が上がることが多いのです。

未経験職種への転職は「ポータブルスキル」が重要に

その場合に重要なポイントになってくるのは、業種や業界を問わず活かせるスキル=「ポータブルスキル(持ち運びできるスキル)」です。

その中には「課題分析力」「コミュニケーション力」「交渉力」「企画提案力」「調整力」など、さまざまなスキルがあります。企業側も30代の未経験求職者を選考する場合には、特にこのポータブルスキルに注目することでしょう。

そこで自分が強みとするポータブルスキルは何なのかを整理・認識し、それを活かせる業種や職種、企業を探していくことが大切です。未経験職種への応募であっても、これまでの仕事で身に付けたスキルを応用できることをしっかりアピールできれば、門戸が開かれるケースも多数あります。

ただ、「未経験者OK」を掲げる求人では、30代後半になると採用される数がグッと減る傾向も見られます。ですから、もし未経験職種への転職を目指すのなら、早めに行動を起こすことをお勧めします。必ず転職すると決めていなくても、まずは転職活動をしてみることで視野が広がり、今の自分が転職市場でどう評価されるかが分かってくるでしょう。

30代で未経験職種への転職を成功させる3つのポイント

1.今の会社で高く評価される経験を積む

30代で未経験の職種へ転職を目指すのなら、今の会社での実績を伴った「人に語れる経験」を積むことが大切です。たとえば何らかのプロジェクトに自分から主体的に取り組み、創意工夫して成功させ、評価されたこと。さらにその経験を自分の中でスキルとして蓄え、他の取り組みにも生かしてきたという「再現性」があることもポイントになります。

転職活動では、志望先の業種・業界、応募先の企業を研究して「何が求められているか」をつかみ、自分がそれを備えていることを証明していく必要があります。現職で挙げた成果、その成果を挙げるためにどんな取り組みを行い、どんなスキルを発揮したのか、具体的なエピソードを交えて語れるようにしておきましょう。

それを洗い出す過程で、「今の自分に足りていないもの」を感じたとしたら、今の会社で積極的に経験を積んだ上で転職活動を始めるのもひとつの方法です。たとえば、新人や後輩の育成担当を買って出る、新たなプロジェクトを提案して責任者を引き受けるなどでも、自分の価値を高めることができます。

2.説得力のある「キャリアの軸」を持つ

そもそもなぜ転職したいのか、しかもなぜ未経験職種なのかについて、自分の気持ちと向き合って理由を明確にしましょう。今までと違う分野に移るとなれば、環境は大きく変わり、学び直すことも数多くあります。同時に即戦力としても活躍しなければならない以上、「心機一転出直したい」「今の仕事が嫌だから」だけでは受け入れられないでしょう。

過去の経験と応募先企業の接点や、現職と志望職種との共通項をリストアップして、「新たな職場で経験や知識をどう活かして活躍したいか」という観点を持つことが大事です。たとえばコンサルからの転職で、顧客である事業会社の専門領域の部署を視野に入れる。あるいは現在営業職の人がキャリアを広げる目的で営業企画を目指すなど、現職と何らかの接点があれば、転職成功により近づけることでしょう。

ひとつの例を挙げると、過去に銀行から電力会社へと転身を果たした方がいました。その方は銀行で資金運用を担当していましたが、そこで磨いたデータ分析のスキルを、「実際に事業会社の経営や業績に反映させたい」という強い思いから転職を決意。その結果、電力会社のデータアナリストへのキャリアチェンジを実現させています。

3.転職市場で求められているレベルを知る

30代は企業から「即戦力」と見なされるので、転職にあたっては「今の年齢で転職市場で求められているレベル」をきちんと理解しておくことが大切です。興味を抱いている業界・職種についての情報収集や、必要な知識の学習を始めておくのはもちろん、自分の市場価値を客観視して、どんな企業に応募すればより転職成功に近づけるかを考えてみましょう。

そうした場合は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談し、今の経験・スキルが転職市場でどう評価されるか、それによってどんな選択肢があるかについてアドバイスを受けてみるのもお勧めです。実際に数社の募集に応募しながら相場感を探り、アドバイザーと二人三脚で企業研究を深めていく方法もあるでしょう。

30代未経験の転職に可能性のある業界や職種は?

伸び盛りの業界にはチャンスが多い

繰り返しになりますが、年齢的に「即戦力」として求められながら、職務経験ではアピールできないところに30代のキャリアチェンジの難しさがあります。しかし一方で、未経験者がチャレンジしやすい分野もあります。たとえば、できてからまだ年数が浅く、これから高成長が見込まれる業界への転職もそのひとつです。

その代表的なものがIT業界。中でも「HRテック」「不動産テック」など、既存業界の知見とテクノロジーを融合させて新たな商品やサービスを生み出す「テック系」企業は、急速に拡大を続けています。こうした企業にはスタートアップも多く、事業を拡大する過程でさまざまな経歴の人材を積極的に採用する傾向があります。

スタートアップやベンチャーでは商品やサービスが発展途上であるため、もし収益が上がらなければ事業が縮小・転換され、やりたかったことが出来なくなるリスクも伴います。反面、大手企業に比べると物事がスピーディーに進み、戦略の転換や組織変更も頻繁にありがちなので、入社後も新たな職種に挑戦するチャンスが多いことでしょう。

経験者が少ない職種も狙い目に

他方で、経験者自体がまだ少ないと言われる職種にも、キャリアチェンジの可能性が見いだせるかもしれません。たとえば、主にサブスクリプション型(継続課金)ビジネスの企業で、顧客の成功のために積極的にフォローや提案を行うことで自社の利益を生む「カスタマーサクセス」などがその一例です。

こうした業界や職種の求人には「できれば経験者を採用したいが、なかなか採れないから未経験者も募集対象にしている」という側面もあります。関連業界で働いたことがある、似たタイプの商品やサービスを扱ったことがある、IT関連の勉強をして資格を取ったなど、その企業のビジネスに紐づく経験や知識をアピールすることができれば、未経験者でも採用される可能性はあるでしょう。

30代、未経験職種への転職で注意したいことは?

一時的な年収ダウンも。現職と同じ条件は求めない

今までいた会社で順調に昇給してきた人が転職すると、一時的に年収が下がることがあります。特に未経験職種への転職はキャリアの再出発となるので、前職より給与水準の高い業界へ移らない限り、収入減になると考えておいた方が良いでしょう。企業規模や福利厚生なども、自分にとって優先順位の高いもの以外にはこだわりすぎず、妥協点を見いだすことは大事です。

しかし今の会社よりも成長性がある分野や企業に転職することで、長い目で見れば収入アップの可能性もあります。現状の条件面だけではなく、その他のメリットも含めて総合的に考えるようにしましょう。

ある程度時間はかかると考えよう

30代全体では求人が増えているとはいえ、「未経験者OK」を掲げた募集はまだ多いとは言えません。さらに30代の選考ハードルは高く、20代に比べると残念ながら書類選考で落ちてしまう確率も高まります。

ですから、まずは可能な限り応募数を増やすことをお勧めします。そして不採用になっても落ち込まず、前向きにチャレンジしていく気持ちが大事です。また、その時の景気の状況によっては、少し期間をおいてから活動に取り組んだ方が、選択肢が増えるケースもあります。安易に仕事を辞めてしまわず、現職で成果を上げながらじっくり取り組んでいくことが大事です。

家族と話し合い理解してもらおう

パートナーや子どもがいる人の場合、事前に家族に相談をしないままひとりで転職活動を進めることは、後々トラブルの元になりかねません。働き方や勤務地の変化は、育児と仕事の両立や、パートナーの仕事にも影響を与えることがあります。

さらにキャリアチェンジすることによって年収が下がる、福利厚生が減るなど、経済面での見通しが変わることも考えられます。そうした中で「理解してもらえるだろう」と考えていて、いざ転職を決めたところで思わぬ反対に合ったというケースも見られます。転職活動を始める段階から経済的なことも含めて家族と話し合い、理解を持って応援してもらえるようにしておくことが大切です。

自分の市場価値を知るためにエージェントの活用も

転職エージェントでは、採用市場の動向や30代のキャリアチェンジ成功事例、実際の面接対策など、さまざまなアドバイスや情報をご提供しています。転職活動の進め方に迷う人は、転職エージェントのサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

あわせて読みたい参考記事

* 38歳で転職は可能?─実例から見る成功のポイントとは
* 30代転職のポイントと企業選びのコツは?
* 未経験の仕事に応募─職務経歴書の「自己PR」の書き方ポイントは?
* 未経験の職種に転職したい場合、転職エージェントを利用したほうが良い?

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。