転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 人材紹介会社が提供するサービスと利用するメリット

人材紹介会社が提供するサービスと利用するメリット

人材紹介会社では、転職を希望する求職者と採用を検討する企業の、双方のニーズを満たす仲介事業を運営しています。具体的にどのようなサービスを提供し、求職者にとってどんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、人材紹介会社の概要とサービス内容、利用するメリットについて解説しています。

人材紹介会社とは

人材紹介会社は、厚生労働大臣の許可を受け、人材を募集している企業に求職者を紹介する職業紹介事業を行っています。職業紹介事業について職業安定法第4条では、「求人及び求職の申込みを受け、求人者と求職者との間における雇用関係の成立をあっせんすること」と定義しています。

この定義の用語の意味は次の通りとなっています。

求人…報酬を支払って、自己のために他人の労働力の提供を求め、雇用しようとすること

求職…報酬を得るために、自己の労働力を提供して職業に就こうとすること

あっせん…求人者と求職者との間をとりもって、雇用関係が円滑に成立するように第三者として世話をすること

法律上、職業紹介事業は、「有料職業紹介事業」と「無料職業紹介事業」の2つの種類に分類されています。

有料職業紹介事業

「有料職業紹介事業」とは、求職者と人材を募集している企業に雇用が成立した際などに、企業から紹介手数料や報酬などの対価を受けて、人材の紹介を行う事業を指します。「有料職業紹介事業」を運営するためには、厚生労働大臣への申請の上で許可を受けることが必要となっており、「事業を健全に遂行するに足る財産的基礎を有すること」「個人情報を適正に管理し、求人者、求職者の秘密を守るための措置が講じられていること」、また適正に遂行するための能力として、「代表者等に関する要件」「職業紹介責任者に関する要件」「事業所に関する要件」など許可基準を満たすことで運営が許可される仕組みになっています。人材紹介会社や転職エージェントなどは、この有料職業紹介事業者に分類されます。

無料職業紹介事業

「無料職業紹介事業」とは、人材紹介に関して紹介手数料または報酬などのいかなる名義を問わず対価を受けずに行う職業紹介事業を指します。無料職業紹介事業を運営するには、有料職業紹介事業者と同様、厚生労働大臣への許可が必須となっています。なお、事業を行う者・団体等により厚生労働大臣への届出で運営できる規定が定められています。

  1. 学校教育法第1条の規定による学校、専修学校等の施設の長が行う場合には、職業安定法第33条の2の規定により厚生労働大臣に届け出が必要。
  2. 商工会議所等特別の法律により設立された法人であって、厚生労働省令で定めるものが行う場合には、職業安定法第33条の3の規定により厚生労働大臣に届け出が必要。
  3. 地方公共団体が行う場合には、職業安定法第33条の4の規定により厚生労働大臣に届け出が必要。

人材紹介会社のサービス

人材紹介会社では、「有料職業紹介事業」「無料職業紹介事業」ともに、応募先企業の紹介や主な条件の交渉・調整など、転職活動に関わる全般的なサービスを提供しています。
主に、以下のサービスを提供し求職者の転職活動をサポートしています。

【キャリアアドバイス】

サービスを申し込んだ求職者と面談を行い、転職の目的、希望条件やキャリアなどをヒアリングの上、転職活動の方向性を確認します。場合によっては、キャリアの棚卸しをサポートすることもあります。

【求人紹介】

求職者の希望条件、職歴、スキル、適性などを考慮して、人材紹介会社が保有する求人の中から、適合する求人を紹介します。

【応募書類や面接のアドバイス】

求職者が応募先企業の選考に自信をもって臨み、十分に自己アピールできるよう、履歴書や職務経歴書など提出書類の添削や、面接のアドバイスを行います。

【面接の日程調整】

応募先企業と求職者の都合を照らし合わせ、面接日程を調整します。仕事を続けながら転職活動をする求職者に対しても負担なく転職活動を進められるよう、選考の進捗管理を行います。

【応募先企業への条件交渉】

求職者に代わり、入社日や給与・待遇などの主な条件の調整や交渉を行います。条件面談の場をセッティングすることもあります。

【内定後のフォロー】

入社準備をサポートするほか、在職中の場合は円満に退職できるよう、引継ぎや手続きについてもアドバイスしています。入社後も新しい職場に早く馴染めるようフォローし、相談にも応じています。

人材紹介会社を利用するメリット

では、人材紹介会社を利用した場合、求職者にはどのようなメリットがあるのでしょう。

転職市場における自分の価値を把握できる

転職の意志はまだ固まっていないけれど、まずは自分を客観的に把握し、自分の価値を知りたいという場合に、人材紹介会社を利用することも有効です。人材紹介会社には、求職者を細やかにサポートするキャリアアドバイザーが在籍しています。キャリアアドバイザーとの面談は、ご自身の強みや弱みを明確にできる機会にもなります。また、転職市場において、自身の経験・スキルの他社ニーズや年収相場といった「転職市場価値」を把握することもできます。

転職のプロからアドバイスをもらえる

キャリアアドバイザーは、数多くの転職支援の経験で培われたプロの観点と分析力を生かし、求職者をサポートしています。求職者とともに、キャリアの棚卸しや自己分析、アピールポイントの抽出にも対応しており、ご自身だけでは気づかない強みを発見できる可能性があります。さらに、キャリアの方向性や応募書類、面接などについても、多角的なアドバイスを受けることができます。

求人企業についての有益な情報を得られる

人材紹介会社では、保有している求人に関連した業界の動向や職種に求められる経験・スキルのほか、企業文化や職場環境など、求職者自身では調べることが難しい有益な情報を得られる可能性もあります。現職とは異なる業界・職種への転職を希望する場合も、人材紹介会社を利用することで、業界事情や職種に求められる経験・スキルなどについて把握できます。

非公開の求人情報を持っている

人材紹介会社では、採用ページや求人サイトなどには掲載していない「非公開求人」のほか、大手企業から中小企業まで数多くの求人を保有しています。そのため、公開している情報だけでは探すことのできない、魅力的な求人に出会えるメリットもあります。