転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 営業以外の仕事で転職したいけど、どうすればいい?

営業以外の仕事で転職したいけど、どうすればいい?

「営業職から他の職種に転職したい」という場合、どのような観点で職種を探せばいいのでしょうか。

その検討方法について解説します。

まずは営業職が嫌な理由を考えて、解決策を検討しよう

転職は、基本的に経験者のほうが有利です。特に営業職は転職市場的にも求人数が多く、転職しやすい職種の一つといえるでしょう。また、営業職の種類は多岐にわたります。積極的に新規の顧客を獲得する新規開拓営業や、固定顧客に対応するルート営業、ソリューションも併せて提案する企画営業、顧客訪問を行わないインバウンドセールスなどさまざまです。

営業職には幅広い選択肢があり、培ったスキルと営業経験を生かすことができるため、給与アップなどの待遇の改善が望める可能性もあります。営業スタイルや業界が未経験者であっても、営業職の場合は「挑戦したい」という意欲を受け入れられやすい職種でもあります。

そのため、まずは「営業職以外を希望するようになった背景」を考えてみることをおすすめします。対人コミュニケーションは好きでも、「ノルマがつらかった」「商材が合わない」などのマイナス要因があって営業職以外を希望しているのであれば、営業スタイルや営業方針を変えれば解決できるかもしれません。

営業職の選び方

営業活動は、取り扱う商材や顧客、営業方針などによって手法が異なります。自分に合った営業スタイルを検討してみましょう。

商材に興味が持てない

商材は、「有形」と「無形」に分けることができます。「有形」とは車や不動産、消費財など形がある商材であるのに対し、「無形」とはITや人材、コンサルティングなど不定形の商材を指します。商材が目に見えるので説明がしやすいけれど、品質や知名度、価格などの影響を受けやすいのが有形営業、一方で価値を感じてもらうのが難しいけれど、提案や組み合わせ次第で営業成績を伸ばせるのが無形営業の特徴です。どのような商材なら興味を持てるのかを考えてみましょう。

ノルマがきつい

一般的に、高いノルマを課せられる営業職は、営業成績次第で高い年収を得ることができます。営業職の場合、売り上げ管理や評価基準として営業目標を設定している企業が大半ですが、厳しいノルマを課す企業ばかりではありません。「ノルマなし」を軸にして求人を探してみましょう。面接では目標管理の方法、平均的な達成率などを聞いてみるのも一つの方法です。企業によっては、営業現場の雰囲気を知るためにもフロア見学の相談をしてもいいでしょう。

新規開拓が苦手

商材やポジションによって、新規開拓が中心の求人も、既存顧客が中心の求人もあります。求人情報にどのような営業活動を行うのか記載されていることも多いので、希望の営業スタイルに合致した求人に応募するようにしましょう。なお、営業工程によって担当を変える企業も増えています。営業リストの獲得をマーケティングが担当し、アポイントの獲得をインバウンドセールスが担当し、リストアップされた見込み顧客のみを外勤の営業担当が提案しに行くというスタイルを採用するなど、基本的に新規開拓を行わない営業職もあるので、求人を探してみましょう。

どうしても営業の仕事に就きたくない場合は

「いろいろ検討したけれど、やはり営業職には就きたくない」という場合、営業で培った経験とスキルや、自分の得意な部分を活かせる転職先を探す方法があります。

営業職では、コミュニケーション力や提案力、交渉力、信頼関係構築力といった汎用性の高いスキルを養うことができます。こうしたスキルや知識は他の仕事でも役立つ可能性が高いので、転職時の強みとすべきです。自分の長所を元手に、どのような可能性が生まれるかを考えて、キャリアチェンジの選択肢を広げましょう。

営業職の経験を生かした転職例

■営業のスキルを生かせる仕事

・人をサポートすることが好き→営業事務
・マーケティングや顧客動向に興味がある、データや数字が好き→営業企画

■業界知識を生かせる仕事

・Web・広告業界の営業経験→Webディレクター
・IT業界での業界経験があり、開発に興味がある→ITエンジニア
・人材業界の営業経験→人事担当

自身の強みや選択肢の広げ方が分からない場合は、転職エージェントに相談するという方法もあります。希望に添った求人の提案や、キャリアのアドバイスを受けることができるでしょう。