転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 【転職先の選び方】自分に合った業界や企業の見つけ方は?

【転職先の選び方】自分に合った業界や企業の見つけ方は?

転職先

「転職したいけれど、具体的な方向性が決まらない」「自分に合った業界や企業が分からない」など、転職先選びに迷っている方も多いようです。

そこで、転職先の方向性の考え方や、自分に合った業界や企業の選び方を、人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏が解説します。

「業界×職種」の4つで転職先の方向性を考える

これからどのような業界・職種を目指したらいいか悩んでいる場合は、「“転職の難易度”という観点で考えてみる」という方法があります。まず「業界」と「職種」を経験・未経験で4に分類し、これまでの経験・スキルを活かして転職するのか、それとも未経験の業界・職種にチャレンジするのかを決めるという考え方です。

中途採用の多くは経験・スキルを重視されるため、これまでに培ってきた経験・スキルを活かせる「同業界・同職種」の転職先を選んだ方が、選考では有利に働きやすくなります。また、異業界でも職種が同じであれば、職種特有のポータブルスキルを活かすことができるため、選考ではアピールしやすくなります。

逆に、業界も職種も変えるキャリアチェンジ転職は、これまでの経験・スキルを活かしにくいため、転職の難易度も高くなる傾向があります。経験・スキルを活かして働くのか、それとも新しい業界や職種にチャレンジするのか、方向性をまず定めましょう。

「業界×職種」の4つの軸

1から順に転職の難易度が上がっていきます。経験・スキルをアピールしやすい1~3に比べて、4は業界や職種を超えたポータブルスキルや志望意欲などを伝える必要があるので、応募先の選定や応募書類、面接では工夫が必要です。

  1. 同業界・同職種
  2. 異業界・同職種
  3. 同業界・異職種
  4. 異業界・異職種

転職するならどのタイミングがベストなのか─未経験でも狙える業界・職種は?
未経験業界・職種へ転職するには?転職を成功させるためのポイントと求人の選び方
30代で未経験な職種への転職はできる?キャリアチェンジ成功のための秘訣とは

未経験でも転職しやすい業界の探し方

もし、キャリアチェンジ転職に挑戦したい場合は、どのように業界を選べばいいのでしょうか。未経験でも転職しやすい業界の目安やその背景をご紹介します。

有効求人倍率が高い業界

転職市場は需給バランスで成り立っています。求人の件数に対して求職者の数が少ない場合は、倍率が高くなります。有効求人倍率が高くなると、人材の採用が難しくなるため、企業は採用要件を緩和し門戸を広げたり、未経験での採用を検討したりします。

有効求人倍率は厚生労働省や各種転職サービスでも発表しているため、業界選びの参考にしてみるといいでしょう。

急速に成長している業界

成長している業界・企業も、未経験でも転職しやすい傾向があります。会社の成長に採用が追いつかず、人手不足の状態になっている可能性が高いからです。また、業界全体は成長していなくても、一部の領域が急成長しているケースもあります。例えば、金融業界におけるIT領域の「Fintech(フィンテック)」や、人材業界における「HRTech(HRテック)」などが該当します。

急成長している業界や企業は、メディアで取り上げられたり、求人に業績が書かれていたりするので、チェックしてみましょう。また、転職エージェントを利用している場合は、転職市場や採用動向を把握しているキャリアアドバイザーに相談するのも有効です。

転職するならどのタイミングがベストなのか─未経験でも狙える業界・職種は?
未経験業界・職種へ転職するには?転職を成功させるためのポイントと求人の選び方
30代で未経験な職種への転職はできる?キャリアチェンジ成功のための秘訣とは

自分に合った転職先の企業を探すには?

「業界や職種は決まったけれど、自分に合った企業が分からない」という場合は、転職の軸を明らかにしてみましょう。

軸を可視化する方法として、人が企業に期待する項目を大きく4つに分けて整理する方法があります。まず、現在の仕事に点数をつけてみます。点数は合計何点でも構いません。

  • 目的への共感」:企業理念に共感できたり、ビジョンにワクワクしたりする
  • 活動内容の魅力」:扱う商品が好きである、仕事内容が魅力的である
  • 構成員の魅力」:風通しの良い社風である、優秀な社員が多い
  • 特権の魅力」:給与や福利厚生、勤務場所、評価、教育制度など

現在の仕事に点数をつけたら合計点を算出し、転職後に目指したい状態を点数化します。この時に、現在の仕事で算出した合計点と同じ数で点数化しましょう。何を優先しているのかが可視化されるので、軸に合わせて転職先を探すことができます。

「目的への共感」が高い場合

企業理念、ビジョン、事業戦略への共感を優先する場合は、ホームページなどで理念やビジョン見て共感できる企業を探してみましょう。

「活動内容の魅力」が高い場合

扱う商品や仕事内容への魅力を優先する場合は、商品やサービス内容を軸に探してみましょう。商品やサービスを提供している相手が誰なのか、また、競合他社や業界でのポジションなども確認し、仕事内容をイメージしてみましょう。

「構成員の魅力」が高い場合

社風や従業員への魅力を優先する場合は、ホームページや採用ページを見ると、経営者や従業員の人柄や職場の雰囲気がある程度は分かるはずです。人柄や雰囲気は、直接確認するのが確実です。気になる企業があれば積極的に応募し、面接で感触を掴みましょう。

「特権の魅力」が高い場合

給与や福利厚生、勤務場所、評価、教育制度などを優先する場合も、ホームページや採用ページ、求人で確認を。ただし具体的な給与や勤務場所は、条件によって異なります。気になる企業があれば積極的に応募し、面接で確認してみましょう。

判断に迷ったら、身近な人や転職エージェントに相談を

転職で重視する軸や方向性は、転職活動を続けるうちに変化することもあります。様々な求人や企業から情報を得ることで、転職市場の相場観を掴んだり、考え方や価値観が変わってきたりするからです。応募や面接を通じて、ご自身の目で確認しながら、転職の軸や方向性の変化に柔軟に対応することをお勧めします。もし判断に迷ったら、身近な人や転職エージェントにアドバイスを求めるのも有効です。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。