転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職準備 > キャリアパスとは? 転職を成功に導くキャリアパスの考え方【例文つき】

キャリアパスとは? 転職を成功に導くキャリアパスの考え方【例文つき】

キャリアパス

転職活動ではキャリアパスについて考えることが大切です。しかし「よく聞く言葉だけれど、どういうものなのかわからない」と思っている人もいるでしょう。今回は、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、キャリアパスの重要性や考え方、転職に役立つポイントなどを教えてもらいました。面接でキャリアパスについて聞かれた際の例文も紹介するので、参考にしてみましょう。

キャリアパスとは

キャリアパス(Career Path)とは「キャリア=職歴」と「パス=道筋」を組み合わせた言葉です。企業内で目指すことのできるキャリアの道筋を示すもので、希望のポストや職務に就くためにどのような業務経験を積み、どのようなスキルを身につければいいのかを示すものです。

昨今、キャリアパスを明確に示し、制度化している企業もありますし、自社ホームページで紹介する企業も増えています。企業がキャリアパスを明示する目的には「社員のキャリア形成におけるモチベーションを高めるため」「リーダー層を育成するため」「キャリアの方向性が合致する求職者に自社の魅力をアピールするため」などが挙げられます。

企業が提示するキャリアパス

企業が提示するキャリアパスの例については、マネジメント職や専門性を高めるスペシャリスト、リーダー候補などを目指す道筋が挙げられます。目指すポストや職務に就くために「どんな仕事をどれくらいの期間経験し、どのような能力を身につけることが必要なのか」を具体的に明示していることも多いため、これから身につけるべきスキルや経験、そこに至るまでの期間などを把握しやすいでしょう。上司や人事担当者と定期的に面談を行い、目指すキャリアを実現するためのキャリアパスを一緒に考える企業もあります。

また、希望する部署への異動やグループ企業内での異動ができる制度に加え、転勤の有無を選べたり、勤務地を限定できたりする職種に転換できる制度を設けることで、ライフプランを見据えた働き方を支援するケースも少なくありません。さらに、独立支援制度、業務委託制度などで起業を支援するケースもあります。転職先を探す際には、こうしたキャリアパスも参考にすれば、目指すキャリアに合致する道筋があるかどうかを判断しやすくなるでしょう。

キャリアプラン、キャリアデザイン、キャリアアップとの違い

キャリアプランとは「仕事において自分がどのようなキャリアを築きたいかを考え、実現するための具体的な計画を立てること」を意味します。

一方、キャリアデザインは「仕事とプライベートを含めた人生計画」です。個々のライフスタイルや結婚・出産・介護などのライフプランも併せて考慮し、実現したい将来像を目指すための計画を立てることを意味します。

また、キャリアアップは「仕事において経験・スキルを積み、より高い職位に就いたり、仕事の幅や裁量権を広げたりすること」を表します。これについては、企業内だけでなく、転職などによるキャリアアップも含まれます。

キャリアパスの重要性

キャリアパスを考えることの重要性を解説します。

目指す姿を実現するための「逆算」ができる

将来、自分が目指す姿に向かうために、今やっておきたいこと、今後に積んでおきたい経験・スキルなどのキャリアプランを「逆算」して考えることができます。また、キャリアパスに照らし合わせることで、それぞれの職務や職位を目指すための具体的なルートを把握でき、中長期的な目標設定や達成に向かう計画を立てやすくなるため、よりモチベーションを高めることができるでしょう。

現在の自分の立ち位置を把握し、軌道修正できる

上司や人事担当者とキャリアパスについて話し合うことで、現状の自分に足りない部分や伸ばすべきポイント、目指すべき職務・ポジションなどを明確にできます。また、企業が提示するキャリアパスから、現在の自分の立ち位置がどこなのかを把握することもできます。自分のキャリアプランと、企業が提示するキャリアパスにギャップがある場合は、再度、目指したいキャリアを整理し、軌道修正を行うと良いでしょう。

変化の激しい世の中で自分の市場価値を高めていける

終身雇用が崩壊しつつある今の時代、自らキャリアパスを描き、そこに合わせて必要な経験・スキルを積んでいくことで、自分自身の市場価値を高めていくことができます。また、変化が激しい世の中において、キャリアパスを定期的に見直すことで今後のキャリアプランの軌道修正ができます。

転職活動にもキャリアパスは役立つ

転職活動のどのような面にキャリアパスが役立つのかを解説します。

転職すべきかどうかを判断する材料になる

現職の企業が提示するキャリアパスについて考えてみた際に「自分のイメージする将来像に重ならず、ピンとこない」「具体的なキャリアパスの制度がなく、目標を実現できるかどうか明確でない」などの場合、自分にマッチするキャリアパスがある企業に転職した方がいい可能性があるでしょう。逆に、キャリアパスの制度がない場合でも先輩のキャリアの歩みやモデルケースなどを把握することで、転職せずに目指すキャリアを実現する方法が見つかることもあります。転職の判断材料として活用できるでしょう。

応募企業を選ぶ際のマッチングポイントになる

自分が描いたキャリアプランに対し、転職先の候補とする企業が提示するキャリアパスを照らし合わせることで、実現するためのルートを確認できます。応募企業のキャリアパスと自分の描いたキャリアプランにギャップがある場合は「目指すキャリアを実現するためには、遠回りになるかもしれない」「そもそも応募企業にキャリアプランを実現するルートがない」など、ミスマッチの可能性があるでしょう。ホームページや求人票などにキャリアパスが明示されていない場合は、人事担当者などに確認することもできます。もしもキャリアパスが具体化されていない場合は、先輩社員のキャリアの歩みや事例などを聞くと良いでしょう。

キャリアパスを通じて志望動機や転職理由をよりアピールできる

企業が提示するキャリアパスに対し、自分が目指すキャリアプランを重ねることで志望動機や転職理由が明確になり、よりアピールできます。また、入社後の目標や目指すキャリアが明確になっているため、より説得力を高められます。「意欲的」「向上心がある」「定着性が期待できる」などの評価につながりやすいでしょう。

転職を成功に導くキャリアパスの考え方

自分のこれまでのキャリアを棚卸しする

これまで経験してきた業務やプロジェクトなどを書き出し、発揮した力や成功・失敗のエピソードなども具体的に書き出すことが大事です。自分の強みや弱みなどを整理するうちに、活躍できる領域やキャリアの方向性が見えてくるでしょう。

やりがいや面白さを感じたことを深掘りする

書き出した内容をもとに、自分にとってやりがいや面白さを感じたことについて深掘りしていきましょう。仕事に求めることや仕事に対する姿勢などを含め、自分の価値観を明確にすることで、今後目指したい姿が見えやすくなります。

将来、目指したい姿を具体的にイメージする

自分の強みや弱み、仕事に対する価値観をもとに「将来、こうなりたい」と思う姿を具体的にイメージしましょう。例えば「チームワークで力を発揮していくことに喜びを感じる」という場合は、チームをまとめるマネジメント職を目指すことが有力な選択肢になるでしょう。「自分の発想を活かして、一つのものを形にしていくことが楽しい」という場合は、企画職が向いているかもしれません。また「専門知識を吸収し、それを問題解決に活かすことが面白い」という場合は、何らかの専門職を目指すなど、自分なりにイメージすることが大事です。

目指す姿を実現するために必要なことを考える

目指す将来の姿を実現するために、現状の自分の経験・スキルにおいて足りないものや必要なことは何かを考えましょう。さらに、それらの経験・スキルを積める職種・職位・企業とはどんなものか考え、マッチする求人を探すことが大事です。「現状の経験・スキルでは、求められる水準を満たしていない」という場合は、段階的にステップアップしていくことを想定し、転職可能な企業を検討しましょう。

転職後のステップアップについて計画する

「転職したらゴール」ではなく、転職後に「どの程度の期間でどのような経験・スキルを積み、ステップアップしていくのか」を計画することも重要です。これを自分のキャリアパスの指針とし、定期的に進捗確認や軌道修正を行うとともに、見直していきましょう。また、転職後に経験を積む中で、自分の考えが変化したり、世の中の状況が変化したりする可能性もあります。転職前に立てたキャリアパスのままでは、目指すキャリアから遠回りになったり、周囲に流されてしまったりする可能性もあるので、随時更新することをお勧めします。

転職活動の面接でキャリアパスを質問されたらどう答える?

面接で「キャリアプランについてどう考えている?」「入社後にどんなことを実現していきたい?」「入社後にどんなキャリアを描きたい?」などの質問をされた場合は「自分自身が考えているキャリアパス」について聞かれていると言えます。
応募者の価値観や志向が自社のキャリアパスと合致しているか、キャリアを考えて自分の経験・スキル・実績を棚卸ししているか、転職理由や志望動機との一貫性があるか、などを見ているので、以降の例文を参考にしっかりと回答できるように準備しましょう。

例文1:営業職

入社3年後には社内で成績上位●%に入る成果を出す営業になり、そのノウハウや事例を周囲にも共有・展開することで営業組織力の向上に貢献できるリーダー的存在になりたいと考えております。
現職でも毎年の予算は達成し続けていますが、御社ではより規模の大きな顧客や案件に対応できる戦略的な営業力を一から身につけていきたいです。
また、将来的にマネジャーとして営業チームのビジョンや育成に責任を持つ立場で活躍することが目標のため、まずはそのために営業での成果を出し、その成功ノウハウなどを言語化・可視化することでチーム全体の営業力の底上げに貢献したいと考えております。

答え方のポイント解説

営業として成果を出す意欲的な姿勢や、明確に期間を区切って高い目標設定をしている点などが評価されるでしょう。また、営業個人としてのキャリアだけではなく、マネジャーという将来的な目標があり、そのプロセスとして営業リーダーとして組織貢献も意識していることから「組織のリーダー候補となる人材」として期待が持てる点もポイントです。

例文2:技術職

入社3年後にはフルスタックエンジニアとして、御社のプロダクト開発に幅広く貢献していきたいです。現職では、フロントエンド・バックエンドの開発における上流から下流工程までの経験スキルを磨いてきましたが、インフラ周りやセキュリティなどについては学びを深めなければならないと考えております。
業務時間外や休日には勉強会などに参加していますが、御社は自社プロダクトを持ち、積極的にさまざまな開発プロセスにかかわることを推奨していると知ったので、その環境を活かして積極的に新しい分野に挑戦し、エンジニアとしての総合力を高めて御社のプロダクトのクオリティ向上に貢献していきたいです。

答え方のポイント解説

目指すエンジニア像のイメージが明確であり、かつ「自分の目指す姿」と「応募企業で求められていることや企業文化」が合致しているため、評価につながりやすいです。また、自分に足りないことや伸ばしたい経験・スキルが明確であること、学習意欲が高いことなどをアピールしていることから「入社後にも伸びしろを期待できる人材」という評価も得られるでしょう。

キャリアパスについて転職エージェントに相談することもお勧め

転職エージェントではキャリアパスについてのアドバイスももらえるため、自身が描いたキャリアプランや目指す姿を実現する道筋を把握しやすいと言えます。目指すキャリアが明確でない場合は、これまでの経験・スキル・実績の棚卸しもサポートしてもらえますし、応募企業が提示しているキャリアパスの実態について教えてもらうこともできるでしょう。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。