転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 転職の最終面接の結果、何日後に連絡をもらえる?合否連絡を待つ不安を解消する方法

転職の最終面接の結果、何日後に連絡をもらえる?合否連絡を待つ不安を解消する方法

転職 最終面接 結果

転職活動で最終面接を受けた後、「何日後に結果をもらえるのか」「連絡が遅いのは不合格だからでは?」と不安に思う人もいるでしょう。そこで今回は、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、最終面接の結果連絡が来るまでの平均日数や、連絡が遅くなる理由などを教えてもらいました。結果連絡が遅い場合の対処法も紹介するので、参考にしてみましょう。

転職の最終面接の結果、連絡は何日後にもらえる?

まずは最終面接の結果連絡が来るまでの平均日数、合否との関係性、連絡が遅い場合の対処法を紹介します。

最終面接の結果連絡は、平均的には「1週間程度」

最終面接の結果連絡に掛かる日数は、企業によって異なりますが、平均的には「1週間程度」と考えるといいでしょう。早い場合は面接中や翌日というケースもありますし、遅い場合は2週間〜2カ月後に連絡するケースもあります。

面接の最中に結果を伝えるケースでは、すでに企業に採用の意思があり、「迅速に入社手続きを進めたい」と考えていることがほとんどでしょう。転職活動では、複数の企業の選考を並行している人が多いため、企業が採用したい人材だと考えた場合は「なるべく早く内定を出して自社に来てもらおう」と考えるものです。そのため、1カ月以上など、連絡待ちが長期化している場合は、採用に意欲的ではないケースが多いと言えます。

多くの場合は、面接の場で、「1週間以内に結果を連絡する」「採用の場合は、○日後を目処に連絡する」など、具体的に日数を教えてくれるでしょう。また、転職エージェントを活用している場合は、結果連絡までの日数を確認してもらえます。

目安として、1週間以上待っている場合は、問い合わせの検討を

最終面接の結果連絡は、メールで行う企業が増えています。電話では応募者にすぐつながらないなどのロスが発生しやすいため、確実に伝えられる上、送信内容の履歴も残せるメールを連絡手段の主流となっています。

明確に期日を伝えられていない場合は、問い合わせをするタイミングの目安は、「1週間を経過した時点」と考えればいいでしょう。「1週間後に連絡する」など、期日を伝えられている場合は、その翌日以降なら問題ありません。また、中途採用は、新卒よりも応募者の人数が少ないため、採否にかかわらず結果を連絡することが多いです。メールのトラブルなどで結果連絡が届いていない可能性もあるので、「不合格だから連絡がないのでは?」と思わず、状況を確認しましょう。

「合否連絡が遅い=不合格」とは限らない

合否連絡が遅くても、不合格とは限りません。遅れる場合は何らかの理由があるものだと考えましょう。「不合格かもしれない」という不安を抱いたまま、ただ連絡を待ち続ければ、他社の選考などにも影響する可能性があるので注意しましょう。また、期日が不明確な場合は、最終面接を終えたその場で、目安の日程を聞いてみてもいいでしょう。「他社の選考を並行しているので、この日までに連絡をいただけると助かります」「○日までに結果連絡をいただければ、迅速にお返事ができます」など、率直に伝えても問題はありません。

最終面接の結果連絡が遅い理由は?

結果連絡が遅れる理由は、大きく分けると「ほかの候補者との相対比較」「企業側の事情」という2つのパターンがあります。それぞれ具体的なケースを紹介するので、結果を待つ間の不安解消に役立てましょう。

ほかの候補者との相対比較をしているパターン

ほかにも複数の採用候補者がいるため、合否の判断を下すまでに時間が掛かっているパターンです。具体的には、以下のようなケースが挙げられます。

ほかの応募者の選考が終わっていない

すべての選考が終わっていないため、「相対比較してみないと結論を出せない」というケースです。募集開始の直後など、早期に応募している場合は、ほかの応募者の選考が終了していない可能性があります。人気企業などでは応募者数が多いケースもありますし、応募者が少ない場合でも、それぞれの日程調整などに時間が掛かり、面接実施のスケジュール自体が遅れるケースもあります。企業によっては、面接を予定している応募者全ての選考を終えてから、一斉に合否連絡を行うこともあります。

評価が割れて結論が出ていない

中途採用は、基本的に採用人数の枠が少ないため、有力な候補者が複数いる場合も選考が難航することがあります。よくあるケースとして、一次面接、二次面接、最終面接などの段階ごとに、人事、現場の若手や責任者、経営層など、職位や階層の違う担当者が異なる視点で評価をするため、それぞれの評価が割れてなかなか結論が出ないことがあります。

また、複数部署・複数職種の選考を同時に行っていた場合は、有力候補者に対し、他の部署・職種での採用を検討するケースもあるでしょう。逆に、企業の求める人材要件にマッチする候補者が少ない場合は、採用基準の見直しを行った上で、再度、相対比較をするケースもあります。

第一候補としている応募者からの返事を待っている

企業によっては、内定辞退によって採用活動を一からやり直すリスクを避けるために、第二候補の枠を設けているケースもあります。こうした場合は、「採用したい第一候補がいるため、その人物からの返事を待っている」などの状況が想定できます。第一候補が内定辞退をした場合、次の候補者に連絡するため、時間が掛かっている可能性があるでしょう。

企業側の事情で遅れているパターン

選考途中で採用計画の変更があったり、社内の手続き上の問題で連絡が遅れていたりするパターンです。また、単純に採用担当者や面接担当者が多忙なために選考スケジュールが遅れることもあります。

採用計画に変更があった

最終面接は、役員などの採用決定権を握る経営層が担当することは少なくありません。その際、今後の事業計画や組織計画と照らし合わせ、そもそもの採用要件や採用人数、採用予算などを変更することがあります。極端なケースでは、「ほかの事業に予算を掛けたいため、採用そのものを中止する」ということもあります。また、経営層が面接担当者ではない場合でも、事業計画、組織計画の変更などがあれば、一時的に採用計画を白紙に戻すケースもあります。

社内手続き上の問題で遅れている

合否を出す際に必要な社内の手続きや確認が遅れているケースです。社内稟議に通す時間が掛かることもありますし、海外に本社がある企業などは、日本支社だけでなく、本社の承認を得ることも必要なケースもあります。国と組織をまたいでやりとりを行うため、遅れがちになることもあるでしょう。また、外資系企業では、内定候補者の前職での実績や勤務状況に偽りがないかを調査するリファレンスチェックを行うケースもあります。

面接担当者の事情で選考が遅れている

単純に、面接担当者の業務が多忙なために、全体の選考スケジュールが遅れてしまうケースもありますし、候補者との面接日程の調整に時間が掛かっているケースもあるでしょう。また、複数部署や役員と評価をすり合わせる際に、各所のやりとりに時間が掛かり、遅くなってしまうケースもあるでしょう。

最終面接の結果を問い合わせる際の注意ポイント

ここでは、最終面接の結果の問い合わせで注意したいポイントと、メール・電話の例文を紹介します。

問い合わせても問題のないタイミングは?

最終面接の終了時に「○日までに連絡する」と言われていたら、その翌日、翌々日以降に問い合わせれば問題はないでしょう。「○日後くらいに連絡する」など、曖昧な伝え方をされていた場合でも、挙げられた日にちの1~2日後なら安心でしょう。ただし、営業日の日数でカウントしているケースが多いため、土日祝日を挟んでいる場合、それらはカウントせず、営業日のみで考えましょう。

「合否」を聞くのではなく、状況を確認する

問い合わせの際には、合否の結果をその場で聞くことはせず、連絡をいつもらえるのかという状況を確認するのみにしましょう。そもそも合否決定まで選考が進んでいない可能性もありますし、合否が決定していても社内決裁の手続きが終了するまでは担当者も回答できません。企業側はその場での回答は避けるものなので、「いつ頃、どんな方法で結果連絡をもらえるのか」を確認し、再度の連絡を待ちましょう。

連絡の際は失礼のないように注意を

問い合わせをする際、最終面接の合否結果という重要な連絡が遅れたことに感情的になり、企業側を非難したくなる気持ちが生じるかもしれません。しかし、企業にも事情がありますし、相手の非を責めてもメリットにはなりません。また、配属予定の職場にマイナスの印象が伝われば、入社後、自分が働きにくくなってしまうでしょう。問い合わせの際には、丁寧な言葉遣いを心掛け、社会人として失礼のないように注意しましょう。

メールと電話、どちらで問い合わせた方がいい?

相手が多忙であることを想定し、メールで問い合わせた方がいいでしょう。書いた文面を読み直して推敲するなどで、感情的な表現をしてしまうリスクも避けられます。また、メール問い合わせの際には、「面接で具体的な話を聞いたことで、ますます入社したい思いが高まった」など、志望度や熱意の高さを伝えればよりアピールできます。

送信から1〜2日が経っても返信がない場合は、メールが届いていない可能性もあるので電話で問い合わせるといいでしょう。電話連絡の際は、相手の仕事の状況に配慮し、始業直後、昼休み、終業直前の時間帯は避けた方が無難です。

メールの問い合わせ例文を紹介

件名:【ご質問】中途採用の選考結果につきまして △△太郎(自分の名前)
本文:

〇〇株式会社(企業名)
採用ご担当者様

いつもお世話になっております。
貴社○○職(職種名)の採用選考に応募しております△△と申します。

先日は、お忙しいところ面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。
○月○日の最終面接にて、一週間以内に結果をご連絡いただけると伺ったのですが、
現時点でお返事を頂戴できておりません。
選考結果について、いつ頃ご連絡をいただけるかご状況をお教えいただけますと幸いです。

お忙しい中、恐れ入りますが、お手すきの際で構いませんので、
ご連絡をいただけますよう何卒よろしくお願いいたします。

===============
署名
===============

電話の問い合わせ例文を紹介

いつもお世話になっております。
○月○日に、□□職(応募職種名)の最終面接をしていただいた△△と申します。

本日は、面接合否のお返事の状況について問い合わせのお電話をいたしました。
現時点で合否のお返事を頂戴しておりませんが、
選考結果についてのご連絡はいつごろいただけるでしょうか。

お忙しい中、お手数おかけいたしますが、ご確認いただけますようよろしくお願いいたします。

最終面接の結果待ち、不安になったらどうすればいい?

最終面接に進んでいることは、「自分を高く評価してくれている企業がある」ということなので、まずは自信を持ちましょう。結果を不安に思うより、今後の転職活動のシミュレーションをしておくとスムーズです。現在の状況を整理しつつ、「合格したら、条件面の交渉や、並行している企業の選考をどうするのか」、「不合格なら、選考を予定している企業に対し、どうアプローチするのか。志望業界を変えるなどの方向転換が必要か」「合否にかかわらず、現職にとどまった方がいいか」などを考えておきましょう。時間を有効に使い、結果連絡が来たらすぐに次のアクションを取れるようにしておけば、より納得できる転職につなげていけるでしょう。

あわせて読みたい参考記事

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。