転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 自己PRで「コミュニケーション力」を上手にアピールする方法<例文も紹介>

自己PRで「コミュニケーション力」を上手にアピールする方法<例文も紹介>

自己PR_ コミュニケーション力

職務経歴書や面接の自己PRで、「コミュニケーション力」をアピールしようと考えている人もいるでしょう。

コミュニケーション力は、どんな仕事にも役立つ汎用性が高い能力といえますが、志望企業に対してより効果的なアピールをするためにはどうすればいいのでしょうか。

そこで今回は、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、コミュニケーション力を具体化する方法や自己PRする際のポイントについて聞きました。

自己PRで「コミュニケーション力」は評価される?

自己PRでコミュニケーション力をアピールする際、ただ「コミュニケーション力がある」と伝えるだけでは説得力に欠けるものです。まずはコミュニケーション力とはどんなものなのかを知った上で、企業が評価するポイントを理解していきましょう。

コミュニケーション力とはどんなもの?

コミュニケーション力は、おおまかには「人と意思疎通できる能力」であり、「人と関係性を築く能力」ともいえるものです。具体的には「聞く力」「伝える力」「連携する力」という3つの力に分類されます。

相手の話に耳を傾けて理解するための「聞く力」、自分の考えを相手に理解してもらうための「伝える力」、そして、説得・交渉して協力を仰ぐための「連携する力」により、円滑にビジネスを進めることができるといえるでしょう。

企業はコミュニケーション力をどう見ている?

コミュニケーション力は、どの業界、どの職種でも必要とされるものといえます。しかし、具体化・数値化しにくい能力でもあり、漠然と「コミュニケーション力がある」と伝えても説得力に欠けてしまうものです。

まずは、コミュニケーション力を構成する「聞く力」「伝える力」「連携する力」という3つの力の中で、自分が持っている力を探し、どんな場面で発揮してきたのかを明確にしましょう。

具体的に取り組んだことをベースに、数字に落とし込める実績や成果まで伝えることが重要です。応募する仕事において、より強く求められているのはどの力なのかを想定し、マッチしたものをアピールするといいでしょう。

自分の「コミュニケーション力」を具体化する方法

3つの力に対し、それぞれの具体的な解説とエピソード例を紹介します。自分にマッチしているものを探し、エピソードを掘り下げていきましょう。

「聞く力」をアピールするには

<具体的にはどんな力?>

相手の話を深く理解する力、相手の考えを察する力、話の要点を押さえて聞く力、ニーズを引き出す力、相手の立場を考えて気持ち良く話をさせる力、相手に共感して寄り添う力など。

<エピソード例>

・相手の考えの裏側まで理解する力とニーズを引き出す質問力によって、顧客の要望を汲み取る営業提案ができた。

・相手の気持ちを察して寄り添う共感力を生かし、クレーム処理におけるトラブルをゼロにできた。

・相手の立場になって気持ち良く話してもらう力を発揮したことで、先輩・後輩が自由に意見を出せる環境を作り、会議の活性化にも貢献した。

「伝える力」をアピールするには

<具体的にはどんな力?>

論理的に考えを伝える力、相手を説得する力、プレゼンテーションする力、相手の感情に訴えかける力、相手の理解力に合わせて説明する力、会話の中で親近感や安心感を与える力など。

<エピソード例>

・論理的に意見を伝える力を生かし、協力会社に対する説得を担い、プロジェクトを成功に導いた。

・相手の感情に訴えかけるプレゼンテーションで、競合他社とのコンペに勝ち、新規案件を受注した。

・相手の理解力や状況に合わせた言葉で説明することを常に心がけ、幅広い顧客に信頼されるようになった。

 「連携する力」をアピールするには

<具体的にはどんな力?>

相手に協力を仰ぐ力、相手と交渉する力、複数の意見を調整する力、多様な人の橋渡しをする力、利害関係を踏まえて合意形成する力など。

<エピソード例>

・相手に協力を仰ぐ力と交渉能力を発揮し、低予算でプロジェクトを実現した。

・多様な人の橋渡しをする力を生かし、部署間連携のプロジェクトでチームのメンバーをまとめた。

・複数の意見を調整し、合意形成する力によって、数社の企業と一緒に大規模なITシステムを構築した。

自己PRでコミュニケーション力をアピールする際のポイント

ここでは、コミュニケーション力を伝える際に意識したいポイントについて紹介します。

コミュニケーション力という言葉を使わない

コミュニケーション力という言葉の定義や解釈は、人によってさまざまです。

また、コミュニケーション力という幅広い意味を持つをそのまま使えば、「漠然としている」「自分の能力の棚卸ができていないのでは?」という印象を持たれる可能性もあります。

コミュニケーション力という言葉を使用することは避け、どんな力なのかをわかりやすく言い換えることが大事です。

実績や取り組みを具体的に伝える

コミュニケーション力は、能力として数値化しにくいものです。

エピソードで実績をしっかり伝え、自分の力をその仕事にどう生かせるかという結論に落とし込むといいでしょう。数字で表現できる成果も伝えることができれば、より説得力を増すことができます。

また、成果として語れることがない場合は、「どんな取り組みをしたのか」「どんなことに貢献できたのか」を具体的に伝えてもOKです。

「あの社員の仕事ぶりに近い」「ここの部署に合うのでは?」「こんな顧客の担当を任せてみたい」など、入社後に活躍する姿をイメージしてもらいやすくなります。

面接中の会話でもコミュニケーション力を意識する

職務経歴書などに書く自己PRで「聞く力が強み」「伝える力に自信がある」などのアピールをしても、面接自体でコミュニケーション力を発揮できなければ、説得力がないと思われてしまいます。

面接でも、質問の意図をしっかり汲み取り、的確な回答で自分の考えを伝える意識を持ちましょう。特に転職における面接は、お互いを知るためのコミュニケーションを大事にしているケースが多いといえます。

100点満点の回答を準備する必要はないので、会話のやりとりの中で自分の良いところを知ってもらうことを心がけましょう。

職務経歴書で「コミュニケーション力」を自己PRする例文

「聞く力」「伝える力」「連携する力」、それぞれの自己PR例文を紹介するので、アピールする際の参考にしてみましょう。

「聞く力」の例文

職種:営業職

ヒアリングの創意工夫で顧客との距離を縮め、潜在ニーズを引き出す力を強みとし、前年比120%の売り上げを達成しました。私は◯◯というサービスの提案営業として、注力エリアにおける飲食店領域の新規開拓を担当しておりました。顧客のニーズや立場を理解するために、消費者目線で店に通うことからスタートし、各店が求めている売り上げ重点項目をヒアリングしながら、消費者として感じた改善点のフィードバックも行い、信頼関係を構築していきました。課題を整理するために、ヒト・モノ・カネ情報の困りごとを分析する独自のヒアリングシートも活用し、チェーン店に対しては、本部と店長、双方の個別ヒアリングも実施していきました。個々の顧客のニーズを深く理解し、信頼を獲得した上で個別の提案を行い、当初目標としていた開拓率50%を上回る開拓率70%、同エリアの売上対前年比120%を達成することができました。今後も、ヒアリング力を生かしながら顧客ニーズを引き出すと同時に、その裏側にある潜在的なニーズまで汲み取り、想定を上回る提案で顧客獲得を続けていきたいと考えております。

「伝える力」の例文

職種:販売職・店長

個々の目線に合わせ、目的・目標を伝えてチームをまとめた経験が強みと考えています。◯◯というアパレルブランドの店舗で店長を任され、15名のスタッフが一丸となる組織作りに注力し、全社表彰される店舗へと成長させることができました。当初、「各自が能動的に動ける組織を目指そう」と考え、人材教育の手法を独学で学びながら、週に一度、個別のスタッフ面談を実行していきました。面談では、スタッフそれぞれの考えや仕事に対する目標などを引き出しながら、店舗としての目標や、本部が掲げる数字目標や販売方針についての理解を深めてもらえるように注力しました。相互理解を深めたことで、店舗全体の一体感と信頼感を高めることができ、チーム一丸となって目標数字の達成を続けることができました。かかわる全員が店舗としての目的・目標を理解し、自らの目的・目標と重ねて自主的に力を発揮できる組織作りに貢献していきたいと考えています。

「連携する力」の例文

職種:システムエンジニア・プロジェクトリーダー

利害を踏まえた調整力と合意形成の力を発揮し、協力会社3社と連携する1億円規模のプロジェクトを実現しました。私はシステムの開発と運用のどちらも手がけた経験があるため、双方の開発意図を踏まえ、実現可能な範囲を理解した上で取捨選択ができる点も強みとしています。顧客の要望と、社内外の各領域のエンジニアの考えをすり合わせるために情報共有ツールを導入し、関係者が集まる月次定例会では進捗や方針の確認と着地点の共有を行いました。段階的に合意形成を行うことを意識し、顧客も含めた全関係者のゴールがぶれないようにしたことで、要望通りの予算・納期・仕様を実現することができました。プロジェクト全体を見渡し、多くの人と連携する力を生かして、より大きな案件に貢献していくことが目標です。

あわせて読みたい参考記事

* あなたの魅力を伝える履歴書の自己PR欄の書き方
* 未経験の仕事に応募─職務経歴書の「自己PR」の書き方ポイントは?
*履歴書での自己PRのポイントや注意点を教えてください
* 自己PRで「行動力」はどうアピールすればいい?【例文つき】

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。