転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職成功には複数応募する必要がある?

転職成功には複数応募する必要がある?

「内定を得るためには何社に応募すればいい?」「複数の企業に一度に応募していいものなのだろうか?」受ける社数について不安に思うものです。

実際のところどうなのでしょうか?リクルートエージェントがアドバイスします。

96%の人が複数の会社に応募している

グラフ

1社にだけ応募し、その会社に内定が決まったという人はわずかに4%。96%の人は、複数の会社に応募しています。応募者数は、「2~5社」という人から「21社以上」という人まで分散していますが、納得の1社を見つけるために意欲的に行動した人が多いことが伝わってくる結果です。複数応募のメリットと注意点について、キャリアアドバイザーの解説を見てみましょう。

複数応募のメリットは「比較検討」と「可能性の発見」

「たくさん応募しなくてはならないのは、十分なキャリアがない人」――そんなイメージを持っていませんか? 実際には、市場価値の高いキャリアを持つ人も多くの企業に応募しています。その目的は「比較検討」。企業に足を運ぶことで、求人広告やホームページではわからない現場の空気を感じ取り、本当に自分に合う1社を選ぼうとしているのです。

あるいは、自分の可能性を探るために、複数分野に範囲を広げて併願する人もいます。面接を機に、普段接点のない人たちと話すことで、自身の新たな一面を発見したり、考えを整理できたりするケースは少なくありません。

「併願社数が多いと、1社あたりの企業研究にとれる時間が減るのでは」と不安に思うかもしれませんが、むしろ短時間で集中して調べることで、大切なポイントを冷静に見極められることがあるもの。可能性を広げるためにも複数応募をおすすめします。

スケジュール調整には注意が必要

企業によって、選考のペースや回数、期間は異なります。しかも、内定後、返事を待ってくれる期間は意外に短いもの。第2志望の内定が早く出て、第1志望の採否が決まる前に入社意思の決定を迫られるような事態にならないよう、スケジュール調整に気を配りたいものです。企業ごとにファイルを作成するなどして、進捗管理を行いましょう

エージェントのサービス機能の中でも、好評をいただいているのが「スケジュール調整の代行」。企業の選考スケジュールをふまえて応募タイミングをはかり、志望順位が高いものから順に内定が出るように、企業との面接日程の調整を代わりに行います。