転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 職務経歴書に書くべき「資格・免許」と書き方(記入例あり)

職務経歴書に書くべき「資格・免許」と書き方(記入例あり)

履歴書には「資格・免許」欄が設けてあるものが多いですが、職務経歴書はフォーマットが自由なため、「履歴書にも書いたが職務経歴書にも資格・免許を書くべき?」「保有するすべての資格・免許を記入すべき?」と悩むこともあるでしょう。

ここでは、職務経歴書にはどのような資格や免許を記載すればよいか、またその場合の書き方をご紹介します。

職務経歴書に書くべき資格・免許

選考官の中には、職務経歴書だけを見る人もいるため、基本的には職務経歴書にも履歴書に記載した資格・免許を同じように書くことが望ましいです。

履歴書同様、記載する内容は「これまでの業務に必要だった」もしくは「応募先企業に必要とされている」資格・免許が記載されていればよいでしょう。職務に関係のない資格・免許を記載する必要はありません。履歴書同様、資格・免許の名称と取得年月を記載します。

資格・免許の名称は、略称でもほぼ問題はありませんが、似たよう名称のものがある場合や、略称では不安な場合は正式名称で記載することをおすすめします。また、レベルや級などがある場合は、最上位のもののみ記載すれば大丈夫です。

これまでの実務で必要だった資格・免許

これまで経験してきた業務で活かしてきた資格・免許を記載しましょう。

応募先企業に必要とされている資格・免許

入社後、業務に活かされると思われる資格・免許があれば、これらを記載することをおすすめします。

すでに取得はしているが、さらに高度なレベル(「級」など)を取得しようとしている場合や、受験していて結果を待っている、あるいはまだ取得に向けて勉強中場合は「〇〇資格取得のため勉強中」、「▲年▲月 〇〇資格受験 結果待ち」などと記載しておくとよいでしょう。

資格・免許の書き方

「取得・合格年月」「正式な資格名称+級・レベル・スコア」を記載するのが一般的です。記載する場合は、「資格・免許」という項目を立ててまとめると分かりやすくなります。

取得年月の書き方

和暦・西暦のどちらでもよいとされていますが、職務経歴書内はもちろん、履歴書もどちらかに統一することをおすすめします。和暦・西暦が混在していると、いつ取得したのかが、分かりにくくなる可能性があるからです。また、取得・合格月は、合格証書に記載してある月・日を記載するのが一般的です。

資格名称+級・レベル・スコアの書き方

資格名称は略式でも問題ないですが、採用担当者に伝わるか不安な場合などは「正式名称」で記載すると良いでしょう。級・レベル・スコアがある場合は最上位のものを併記しましょう。

資格・免許の記入例

取得済みの資格・免許

〇年〇月 日商簿記検定1級 合格

勉強中の資格

〇年〇月 秘書技能検定試験2級 受験予定
事務職から秘書にキャリアチェンジしたく、現在勉強中です。これまで身に付けた事務処理のスキルと、秘書としての知識を併せ持つ秘書を目指しております。

IT系資格の場合は、スキルレベルを表にまとめる

IT系の業務は、使用する言語・フレームワーク、データベース、OSなど環境が様々です。そのため、あなたがどういった分野での知識・経験があり、どのレベルなのか、正確に採用担当者に伝える必要があるといえるでしょう。その場合は、スキルレベルを表にまとめて記載することをおすすめします。