転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 転職の面接で自己PRを効果的にプレゼンテーションするコツ<「プレゼン面接」対策にも役立つ!>

転職の面接で自己PRを効果的にプレゼンテーションするコツ<「プレゼン面接」対策にも役立つ!>

面接 プレゼンテーション

転職活動の面接では、「自己PRをお願いします」「自己PRのプレゼンテーションをしてください」と言われることがよくあるものです。

聞かれたことに答える形とはまた違い、自分が伝えたいセールスポイントを売り込める機会といえますが、「そもそもプレゼンテーションが苦手」「どうアピールすればいいのかわからない」という人もいるでしょう。

そこで今回は、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、自己PRを効果的にプレゼンテーションするコツについて聞きました。

企業は面接でのプレゼンテーションを通じて何を見ているのか?

まずは企業が面接でのプレゼンテーションを通じて見ているポイントについて把握しましょう。

企業がプレゼンテーションを通じて見ているポイント

面接で「自己PRをしてください」と言われた際には、簡潔に要点をまとめた内容をプレゼンテーションのように語ることになります。質問に回答する一問一答形式とは違い、一定の時間内で自由にプレゼンテーションするため、個々の特長や思考力、実力などを見極める機会としている可能性が高いといえます。面接担当者が“プレゼンテーション”という言葉を使っていない場合でも、自己PRを求められたら「自分を売り込むプレゼンテーションの場」だと考えましょう。

自己PRのプレゼンテーションを通じて企業が見ているポイントは、主に以下の3点が挙げられます。

論理的思考力】物ごとの因果関係を整理し、筋道を立てて考える能力があるか。一貫性を持って語ることができるか
要約力】相手が理解しやすいよう、要点を簡潔にまとめることができるか。時間内に語り終える力があるか
コミュニケーション力】言葉の選び方や話し方、表情、話すスピード、しぐさなども含め、説得力を持って伝えることができるか

これらを通じて、「顧客への提案プレゼンやチームのメンバーとの会議などで、どのような力を発揮する人材なのか」など、入社後の姿をイメージしてもらうことができるでしょう。

「プレゼン面接」という面接形式もある

一部の企業では、「プレゼン面接」という形式を取り入れているケースもあります。何らかのテーマについて面接担当者の前でプレゼンテーションを行う形で、デザイナーやエンジニアなど、専門性が高い職種に対して行われることが多いようです。また、顧客への提案を行う営業職や、採用・宣伝の活動で外部向けのPRを担当する人事・広報職などの場合もプレゼン面接を行うケースもあります。

プレゼン面接におけるテーマは、「自己PR」「応募先の企業そのもののPR」「応募先企業の商品についてのPR」などが挙げられます。また、デザイナーやエンジニアの場合には、専門領域における何らかの課題を与えられ、解決提案のプレゼンテーションを行うこともあります。プレゼン面接を行っている企業では、事前にテーマを伝えてくれるケースもあれば、面接当日にその場でプレゼンを求められるケースもあるので、よくあるテーマについて自分なりに考えをまとめておくことがポイントです。

面接で効果的に自己PRをプレゼンテーションするポイント

ここでは、自己PRをより効果的にプレゼンテーションするポイントについて紹介します。

コンパクトにまとめる

全体をコンパクトにまとめ、相手を飽きさせないようにすることがポイントです。長々と話せば、「まとめる能力がない」「聞き手のことを考えていない」と判断されてしまう可能性があります。基本的には1分程度、長くても2分までにまとめましょう。時間制限がある場合は、その時間内に収まっていれば問題ありません。

短い時間で簡潔に語るために、事前に要素をきちんと整理し、筋道を立てて語れるようにシナリオを作成しておきましょう。その際、内容を詰め込み過ぎてしまうケースがありますが、アピールする強みは1つに絞りましょう。プレゼンテーションをした後には、必ずその内容について質問されるものですし、入りきらない内容は職務経歴書に書いておけば質問してもらいやすくなります。プレゼンテーションではアピールしたいことのポイントをしっかり伝え、終了後、相手からの質問を受けながら、より深い内容や周辺情報などを伝えるものだと考えましょう。

自己PRのシナリオを作成する

シナリオを作成する際には、以下の構成を参考にしましょう。

<自己PRのシナリオ構成>
1.「結論=自分の強み・セールスポイント」を端的に伝える。
2. 根拠となる「理由・背景・エピソード」を伝える。
3. 強みによる「成果や実績」を具体化・数値化して伝える。
4. 志望する企業・職種で「どう活かせるか」という最終結論を伝える。

自己PRでは、自分を商品に見立て、「どこにセールスポイントがあるのか」「短い時間の中で何を伝えるのか」を考え、取捨選択を行うことが大事です。自分の特長や強みをベースに、説得力を持たせるエピソードを伝えましょう。

また、エピソードや成果・実績については、数字で規模感を伝えることが大事です。売上数字や総予算、プロジェクトに携わった人数などを盛り込みましょう。顧客先や携わったシステムなどの固有名詞も伝えると、よりイメージしてもらいやすくなります。

想定質問も考えておく

プレゼンテーションの内容に対し、想定できる質問項目を考え、掘り下げておくこともポイントです。例えば、エピソードについては、「特に苦労したことは?」「そこで得た学びは?」「どんな思いがあってそこまで頑張れたのか?」などの質問をされることが多いでしょう。

より具体的な例を挙げると、「社内MVPの表彰を受けた営業経験を活かして貢献していきたい」という場合には、「高い業績を挙げることができた理由は何だと思うか?」「工夫した点や心掛けた点などのポイントを3つ教えて」などの質問をされる可能性が高いでしょう。また、「自分の提案が顧客に役立った」という場合には、「ほかの顧客で役立った事例はあるか?」「あなたの提案は、ほかの人と何が違うと思うか?」などの質問をされる可能性があります。

質問に的確に答え、よりアピールにつなげるためにも、語るエピソードにおける自分自身の考え方や具体的な行動をしっかり振り返り、他者と比較した強みや他事例の分析もしておくといいでしょう。

事前練習をしっかり行う

シナリオを作成したら事前練習を行いましょう。提案力や営業力に自信がある人の場合でも、自分自身を売り込むことに慣れていないケースはよくあるものです。練習をしないで面接に臨めば、筋道を立てた話ができず、結論やポイントを伝えきれずに終了する可能性があります。こうした場合、「プレゼン力がない」「論理的思考ができない」「準備不足でやる気がない」と判断されかねないので、練習はしっかりしておきましょう。

一方、丸暗記による抑揚のない話し方でも、「伝える能力がない」と判断されたり、聞き流されたりする可能性があります。表情や姿勢、抑揚のつけ方、身振り手振り、目を合わせることなどを意識し、相手に直接伝えるイメージを持って練習しましょう。また、シナリオ通りの文章をそのまま語るのでなく、一度口に出してみてから、より伝わりやすい話し言葉に変更するといいでしょう。長くなってしまう場合には、語る要素を削るように工夫しましょう。

事前練習には動画撮影なども役立つ

動画撮影などで自分の話し方を確認すれば、改善のポイントが見つけやすくなります。目線をどこに置くかを意識し、身振り手振りでアピールしたい部分を強調するなどの改善もしましょう。また、自分では気付いていなかった口癖なども発見できるでしょう。特に、文頭に「ええと」「あの」などを付けてしまう口癖がある場合は、その分、時間が長くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

プレゼン資料を作成することも有効

ポイントを押さえ、伝えたいことの裏付けとなる資料を作成することは有効です。自分の実績や強みをより明確にすることができますし、熱意も伝わりやすくなります。また、「1分では入りきらないけれど、ここも知っておいてほしい」というポイントを盛り込んでおけば、相手に質問してもらいやすくなり、会話も広がるでしょう。

プレゼン資料は、パワーポイントでシナリオに沿ったものを作成する方法が一般的ですが、数枚程度にまとめることが大事です。詰め込みすぎても読んでもらえない可能性があるので、1枚で伝えることは“1要点”に絞りましょう。図や表、写真なども用いて、視覚的に分かりやすいように工夫するといいでしょう。PCを持ち込んでスライドを見せながらプレゼンする場合は、事前練習をしっかり行い、時間内に収まるよう不要な部分を削減しましょう。

資料作成で注意したいポイント

要素が多く、「どこを見ればいいかわからない」と思われてしまうものはNGです。要点を絞り、背景と文字色のバランス、フォントの大きさなども考え、伝えたいことに目が止まるように意識しましょう。また、あまりにもカラフルな色使いやポップなイラストを使うなど、ビジネスシーンにマッチしないものは避けた方がいいでしょう。

面接当日のプレゼンテーションのコツ

ここでは、実際にプレゼンテーションを行うときのコツについて紹介します。

早口にならず、堂々と話す

面接本番では、緊張して早口になりやすいので、ゆっくり話す意識を持つことがまず大事です。また、話しきろうと焦るあまり、要点をはしょってしまうケースや、相手の反応を気にして語尾を濁してしまったりするケースもありますが、練習したときのイメージを思い浮かべ、自信を持って堂々と語ることを意識しましょう。

一方通行・時間オーバーに注意する

作成したシナリオ通りに話そうとすることで、一方通行になったり、長く時間を使ってしまったりするケースもよくあります。こうした場合は、「これとこれとこれは伝えたい」というキーワードをいくつか押さえておき、そこを意識してプレゼンテーションするといいでしょう。また、相手に強く訴えたい部分ではしっかり目を合わせるなど、目線の置き場も意識しましょう。

オンライン面接でプレゼンをするときのコツ

昨今は、オンラインで面接を行う企業も増えています。対面とはまた違うプレゼンテーションのコツを把握しておきましょう。

目線の置き場を意識する

オンライン面接に慣れていない場合は、画面に映る面接担当者の目を見て話してしまいがちです。相手の画面には目線が外れているように映るので、カメラに目線を置くように意識しましょう。また、カメラの位置によって姿勢が悪く見えてしまうことがあるので、堂々と映るような位置に高さを調整することもポイントです。

身振り手振りで動きを出す

対面と違い、画面越しのコミュニケーションは、自分の雰囲気が伝わりにくいものです。また、上半身のみしか映らないため、膝の上に手を置いているままでは静止画のように見えてしまう可能性があります。体を前後させ、身振り手振りなどで動きを出し、より伝わるようにアピールしましょう。

声のトーンや表情をより意識する

オンラインでは音声も圧縮されるので、通常よりも声のトーンをアップした方が明るいイメージとなります。また、声の抑揚や表情の変化も伝わりにくいので、緩急をつけながら表情豊かに語ることを意識しましょう。

環境をしっかり整えておく

照明の位置によって表情が見えにくかったり、暗い印象を与えてしまったりする可能性があるので、明るく見える位置に照明を置くなどの調節をしましょう。また、背景にポスターや洗濯物などの私物が写り込むことで、面接担当者が話に集中できなくなる可能性があります。余計なものが映らない場所を選びましょう。さらに、ネットの回線が途中で途切れないよう、接続が良好な場所を選ぶことも大事です。事前にネット接続環境をしっかり整え、面接で使用するツールに接続する方法なども確認しておきましょう。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

あわせて読みたい参考記事

* 動画で見る!面接力向上セミナー
* 自己紹介と自己PRの違いは?転職の面接で語るべき内容、注意ポイント、回答例を紹介
* 自己PRと長所の違いとは?転職面接で使い分けるポイントを紹介<回答例文付き>
* 自己PRを1分間でする方法 転職面接でポイントと好印象を与える回答例

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。