転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 【質問例あり】転職の二次面接の質問とは?一次面接との違いや回答のポイントを解説

【質問例あり】転職の二次面接の質問とは?一次面接との違いや回答のポイントを解説

転職活動では一次面接を通過すると、多くの場合、あまり日を置かずに二次面接が行われます。二次面接を突破するためには、一次面接との評価ポイントの違いを知り、よく質問される内容を想定して対策を練ることが重要です。転職の二次面接での質問の傾向や、回答を整理するために押さえておくポイントについて、組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタントの粟野友樹氏にうかがいました。

転職の一次面接と二次面接における質問の違いは?

面接担当者のポジションによって質問の傾向が違う

中途採用の面接は2回もしくは3回で実施されることが多く、一次・二次・最終それぞれの面接で評価されるポイントは、面接担当者のポジションによって違ってきます。例えば面接が3回の場合、どんな順に、どんなポジションの人が面接を行うかは、大きく次の2パターンに分けられます。

  1. 一次面接:人事担当者  二次面接:現場担当者  最終面接:役員
  2. 一次面接:現場担当者  二次面接:人事担当者  最終面接:役員

※面接が2回で終了する場合は、二次面接に役員も同席することが多い。
※どんな順序になるかは、企業や募集背景、募集職種によっても異なる。

二次面接では、面接担当者のポジションによって重視することが違うため、質問の傾向も変わってきます。現場担当者、人事担当者、役員の3つのポジション別に、面接担当者として評価するポイントをご紹介しましょう。

面接担当者が現場の人の場合

応募者の経験・スキルの水準が業務にマッチしているかどうか、実際に組織やチームに入ったときに、どの程度フィットして活躍してくれそうかなどを、現場の目線で評価していきます。転職理由や志望動機のほかには、職務経歴書の深掘りに重点を置き、具体的な数値や期間等を交えて、「どんな行動を取ったか」「そのとき何を考えていたか」「成功要因は何か」といったことを確認します。

面接担当者が人事の人の場合

会社全体の社風へのマッチ度や、定着性について重点的に見ることが多いようです。転職理由や志望動機を軸として、就職や転職、異動などの転換点での判断基準を確認し、応募者の人物タイプ(価値観や志向性)を読み取ろうとします。また、「長く働き続けてくれる人か」「すぐに辞めないか」という視点で、志望度や意欲に注目します。志望度の裏付けとなる「企業理解の深さ」についても注目する人が多いようです。

面接担当者が役員の場合

一般的には、会社経営の視点から見た総合的・中長期的な組織とのマッチ度や、意欲を重視します。カルチャーとのマッチングや、企業理解度、これまでの経験を活かしてどんな貢献をしていきたいか、将来的なキャリアビジョンが企業の方向性と合っているか、といった点を見ることが多いでしょう。

一次面接の評価を引き継いで深掘りされることもある

多くの場合、二次面接の面接担当者は、一次面接で得た情報や評価を元に面接を行います。従って、同じ質問項目を一次面接より詳細に聞かれることも多いでしょう。前述のように面接担当者のポジションによって評価するポイントは違うため、転職理由や志望動機、自己PR(長所・短所、成功体験)などについては、一次面接とは別角度から深く切り込んでくることが考えられます。

転職の二次面接の質問に備える際のポイントは?

会社の求める人物像との共通点を意識しよう

書類選考が通った時点で、志望動機や入社して働くイメージに少し曖昧な部分があったとしても、一次面接を終えてみて随分クリアになったのではないでしょうか。それを踏まえて、カルチャーやキャリア、経験・スキル、価値観などにおいて、自分が応募先企業とマッチしている点を確認し、面接で伝えられるように言語化してみましょう。また、入社後はどんな強みを発揮して、どのように企業に貢献していけるかを、具体的に伝えられるようにしましょう。

一次面接との一貫性・整合性に注意しよう

二次面接のみならず全体を通して注意したいのは、それぞれの質問に対して個別に「最適解」を準備してしまうと、「私はこんな人間です」という一貫したテーマが見えにくくなってしまうことです。
例えば、一次面接で強みを聞かれて「地道に取り組むこと」と答え、二次面接で成功体験を聞かれて「大胆な営業戦略で成果を出した」と答えたとしたら、面接担当者は「この人の本質はどちらなんだろう?」と混乱してしまうかもしれません。テーマが曖昧になると、一次面接と二次面接の回答に齟齬が生まれ、整合性がなくなる失敗も招きがちです。

面接という短い時間で自分をアピールするには、「この面接を通じて企業に伝えたいテーマ」を導きだし、一次・二次ともそれを踏まえて対応することが大切です。つまり、基本的に面接担当者が変わっても、同じ質問には同じ回答でOK。その後の会話の展開は、それぞれの面接担当者が深掘りしたいポイントによって変わってくるでしょう。

転職の二次面接でよく聞かれる6つの質問と答え方のポイント

二次面接で聞かれることの多い6つの質問項目と具体例、二次面接における考え方・答え方のポイントを解説します。

1.転職理由

質問例:
「なぜ転職をしようと思いましたか?」
「○社でご活躍中ですが、なぜ今のタイミングで転職を考えましたか?」

【二次面接でのポイント】

二次面接の面接担当者が人事担当者の場合、特に詳細に聞かれることが多い質問です。一次面接では深掘りされずに終わったとしても、油断せずに整理しておきましょう。

面接担当者が転職理由を詳しく聞くのは、入社後の「定着(同じ理由でまたすぐに辞めてしまわないか)」と「活躍(転職理由を実現できそうか)」という二つの可能性を判断するためです。
今回の転職で転職理由を実現できなければ、入社後にまた同じ理由で退職してしまうかもしれません。逆に転職理由を実現できれば、モチベーションを維持し、長く活躍できる可能性が高まります。

【回答のポイント】

転職理由を答える際は、具体的なエピソードを交えながら「退職理由(退職を考えたきっかけ):2割」+「転職で実現したいこと:8割」を意識して構成するのがお勧めです。特に退職理由が前職への不満であった場合、ボリュームが多すぎると、面接担当者の印象が良くありません。退職理由はあくまできっかけとし、「転職で実現したいこと」を中心に構成しましょう。

「退職理由は明確でも、転職理由が浮かばない」という方もいるかもしれません。転職理由がなかなか浮かばない場合は、退職理由に隠されている前向きな仕事への思いを考えてみましょう。

●退職理由から転職理由への変換例

  • 残業が多くてつらい→効率的に仕事を進めて成果を出したい
  • 仕事が単調でつまらない→やりがいを感じる新しい仕事にチャレンジしたい
  • 職場の人間関係が合わない→チームワークを活かして働きたい

2.志望動機

質問例:
「A社やB社などの選択肢もある中、当社に応募された理由は何ですか?」
「当社に興味を持たれたポイントを3つほど挙げてください」

【二次面接でのポイント】

面接担当者が志望動機を通じて見ているのは、「志望度の高さ」と「企業理解の深さ」です。企業に対する入社意欲や熱意が高いことは評価のポイントとなります。また、企業や応募職種に対する誤解があるとミスマッチに繋がる可能性が高いため、応募者が仕事や働き方、社風を理解し、納得しているかどうかも重視するでしょう。

加えて二次面接での志望動機の質問には、一次面接を通じて応募者の企業理解や意欲がどれだけ高まったかを確認する狙いもあります。二次面接に臨む際は一次面接で得た情報を活用し、志望動機をさらにブラッシュアップすることが重要になるでしょう。

【回答のポイント】

志望動機を磨くときは、その企業に興味を持ち共感した理由と、自分との接点を意識して、次の4つのポイントに沿って整理してみましょう。

  • 事業内容が理解できており、その会社を選んだ理由が明確であるか
  • 転職理由と志望動機に一貫性があるか
  • 経営理念・カルチャーへの共感が見られるか
  • 会社に必要な経験・スキルがあり、入社後に何ができるのかが明確か

そして志望動機をまとめる際は、「業界」「企業」「仕事内容」の3つの軸で整理するといいでしょう。

  • なぜその業界に興味があるのか
  • 経営理念や事業内容、人や組織、評価など、どういう軸で興味があるのか
  • どの業務内容で自分の経験・スキル、強みを発揮できるのか

3.成功/失敗体験、実績、経験・スキルについて

質問例:
「職務経歴書にある高い成果を出した成功要因を具体的に教えてください」
「ご自身の中でベストな仕事と、そう考える理由を教えてください」
「当社が○○の問題に直面していると仮定して、あなたはどういう観点でどのように行動しますか?」

【二次面接でのポイント】

特に面接担当者が現場の人の場合は、このような質問によって、専門領域の経験・スキルを深掘りされることが多いようです。職務経歴書の記述や実績、成功体験について、細かく確認することで、応募者の経験・スキルのレベルや力量を測ります。同時に、自社で再現性があるかどうかや、組織やチームに入ったときのフィット度合いも見ています。また失敗体験からは、トラブルの乗り越え方やストレスへの耐性などを読み取ります。

【回答のポイント】

現場担当者が面接を行う場合は、経験・スキルをより具体的・客観的に伝えることが重要です。
「達成率○%」や「売上○%増」など成果やスキルは数字で表し、その数字が会社全体や業界から見て、相対的にどう評価されるかを伝えましょう。さらに「達成に向けて何を考え、どんな行動をしたか」をエピソードに盛り込み、自分のこだわりを明確にすれば、面接担当者に「再現性がある」「うちでも活躍してくれそうだ」という印象を与えることができるでしょう。

また同様の質問であっても、人事担当者や役員に対しては、専門的な説明に寄りすぎず、分かりやすい言葉で端的に答えることが大切です。面接担当者のポジションによって、伝え方を工夫するといいでしょう。

失敗体験については、困難をどう乗り切ったか、そこから何を学んだかを語るのがポイント。入社後に壁にぶつかっても、自身の努力や工夫で解決してくれそうだという期待感に繋がるでしょう。

4.長所(強み)/短所(弱み)について

質問例:「あなたの長所と短所(または強みと弱み)を教えてください」

【二次面接でのポイント】

中途採用の面接ではよくある質問で、一次面接で聞かれなかった場合は二次面接で質問される可能性が高いと考えられます。

面接担当者が見るのは、まず応募者が自分のことを客観視できているか。自分自身をきちんと振り返り客観視できている人、長所・短所を理解している人は、「長所を磨きながら、短所の克服もしようと努力できる」と見なされるでしょう。
さらに面接担当者はこの質問を通じて、応募者の人となりや仕事に対する姿勢、仕事の進め方などを判断し、社風や雰囲気に合っているかどうか、共に働くイメージが持てるかを確認します。

【回答のポイント】

長所を語るときに最も重要なのは、まず伝えるポイントを1つに絞ること。そして、長所が仕事の中でどう発揮されるのかを面接担当者がイメージしやすいよう、下のような構成にすると良いでしょう。

  1. 最初に「結論」=「私の長所は○○です」と端的に伝える
  2. 根拠となる「理由・背景・エピソード」を伝える
  3. それによってどんな「成果や実績」を達成したか、具体化して伝える
  4. この長所を活かしてどんな「貢献」をしたいかを伝える

一方、短所を伝えるときは、長所としても受け取れる表現を選ぶこと。さらに「この面接を通じて企業に伝えたいテーマ」から大きく外れない短所を伝えることもポイントです。

例えば「協調性がある」ことが長所の人には、「周囲に気を使いすぎる」という側面があるかもしれません。この場合は、「チームワークが得意な半面…」など、その特性が長所にも働く表現を加えることで、全体像として人間性を伝えることができます。また短所は、それを克服しようとしている事実をセットで伝えることが大切。自分なりの克服への意欲や実践していることを添えるといいでしょう。

5.入社後の働き方、キャリアプランについて

質問例:
「当社に入社したとしたら、これまでの経験を活かして貢献できることを教えてください」
「当社に入ってどういったキャリアを歩みたいか教えてください」

【二次面接のポイント】

一次面接でスキルマッチングができている場合や、二次面接に役員が同席している場合に聞かれる可能性のある質問です。これにより応募者の志望度や意欲、中長期的な組織とのマッチ度(人物タイプ、経験・スキルの両面)の確認をしています。

加えて、応募者が業務内容を正しく理解しているか、応募者の方向性やビジョンが自社と合っているかも見ます。企業側は、採用した社員には長期的に勤務して欲しいと考えています。 応募者自身のキャリアプランが自社で叶えられる内容であれば、長く働いて貢献してもらえる可能性は高くなるでしょう。

【回答のポイント】

答える際は、夢やビジョンの具体的な内容や将来設計、それらに向けて自分がどのような行動や努力をしているかを含めて伝えられるといいでしょう。その際に、応募企業のビジョンや方向性とズレがないよう注意して「この会社で叶えたい」「貢献していきたい」という意志と、それを目指すことができる根拠を伝えられるようにしましょう。

6.逆質問

質問例:
「ここまでの面接を通じて、何か質問はありますか?」
「求人票や採用ページをご覧になって気になるところはありますか?」

【二次面接でのポイント】

多くの場合、面接の最後には応募者が質問できる時間が用意されます。企業は純粋に「相互理解を深めたい」「認識のずれを修正したい」という意図で聞くことが多いので、あまり深読みせず、面接の流れで解消できなかった疑問や興味関心を、率直に面接担当者に伝えましょう。また、それまでに伝えきれていない自己PRなどがあれば、それも交えつつ質問に結びつけても良いでしょう。

【回答のポイント】

例としていくつかの逆質問をご紹介します。

  • 業務に関する興味を示す質問…「具体的に何人くらいのチームで動きますか?」「営業の新規顧客の開拓について、御社ではどのような手法をとっていますか?」
  • 入社後の仕事のイメージを持ちたいとき…「最近はどのような経歴の方が入社されて、どのように活躍されていますか?」
  • 労働環境を確認したいとき…「前職では週に○時間ほど残業をしていますが、御社では平均どれくらいですか?」「社員の方の一日の行動スケジュールはどのような感じでしょうか?」

ここで注意したいのは、現場の部長などに福利厚生について質問したり、人事担当者に現場の人員配置について聞いたりしても、明確な回答は得られない可能性が高いこと。逆質問は、面接担当のポジションにふさわしい質問を選ぶことがポイントです。また、ホームページや会社案内を見ればすぐに分かるような質問や、仕事の内容に直結しない興味本位の質問は、評価を下げる可能性があるのでしない方が良いでしょう。

転職エージェントの利用で着実な面接対策を

転職エージェントでは求人の紹介だけでなく、企業の募集背景や求める人物像などの情報提供や、事前に模擬面接を受けることもできます。また、応募者が一次面接を通過した際に企業からフィードバックが来ることがあり、それを受けた着実な二次面接対策が可能です。「二次面接の質問が知りたい」「面接の練習をしておきたい」という方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

あわせて読みたい参考記事

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。