転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職市場 > 【IT通信業界】新型コロナウイルス禍の転職市場動向

【IT通信業界】新型コロナウイルス禍の転職市場動向

転職市場の展望イメージ(空と都心のビル群)

IT通信業界の新型コロナウイルス禍における求⼈・求職者の動きを、業界に精通したキャリアアドバイザーがレポートします。
「コロナウイルス禍での転職市場や業界トレンドを知りたい」「納得感のある転職活動のために、採用動向を知っておきたい」という方はぜひご一読ください。

IT業界の転職市場動向のポイント

・業態・企業によって差はあるが、採用活動は比較的活発
・専門性の高いピンポイントな求人が増加傾向。多くの企業がWeb面接導入済

業界・企業側の動き

新型コロナウイルス禍で通信キャリア系やネットワーク系に強みがある企業の求人が活況となっています。在宅勤務環境への移行の流れを受けて通信のニーズが高まっている事に加え、5Gの案件も増えているのが特徴です。他にも働き方改革にあわせてセキュリティ関連の事業・サービスや、物流システム関連を扱う企業も採用は活発となっています。

また、即戦力の採用は変わらず活発で、特にデータサイエンティスト、IT(DX(※1))コンサルタント、クラウド知見のあるインフラエンジニア、セキュリティエンジニア、システム監査などは活況です。一方、未経験者育成ができる状況であるところは限られ、昨年までの第二新卒・未経験採用の動きは鈍化しています。

業務請負、派遣といった業態では一時的に景況や在宅勤務影響を受け採用を様子見するケースがあります。ただ、全業界においてITニーズは増加傾向であるため、この業態の採用ニーズも戻ると考えられ影響は一時的だと予想されます。

今後も採用を進めていく企業としては、この状況下で「なぜ採用をするのか?」という背景をしっかりと求職者に伝える必要性が増しています。事業戦略と紐づく投資領域なのか?事業リスクを軽減する守りの領域なのか?明確に伝えることができなければ採用が難しくなって行くでしょう。Web面接については、ほぼ全ての採用活動をしている企業で導入されており、面接は比較的スムーズに進められています。

事業会社側のIT部門では、動きが二極化しています。IT部門を管理部門の一部と捉えている会社では採用が鈍化し、DX改革の中心と置いている企業は引き続き採用は活発となっています。これは事業会社のWeb面接の導入にも差が出ているようです。経営上採用をしなくてはいけないポジションはWebでも最終面接まで実施し人材確保を図っています。Web面接の場合、面接回数を増やしたり、お互いが納得できるまで同じ面接官でも複数回接点を持つなど工夫をしている企業もあります。こういった変化に対応していけるか否かで今後の競争力に差がついていくと考えられるでしょう。

(※1) デジタルトランスフォーメーションの略

求職者側の動き

Web面接や在宅勤務になったことで面接に参加しやすくなったという声があります。また、この状況だからこそ丁寧に比較した上で転職先を決めたいという意向が高まり、応募社数が増加傾向にあります。

DX推進や業務のIT化の流れから、「非IT人材へも分かりやすく説明できるか」「他部署と協働してプロジェクトを動かせるか」などの能力も求められるようになってきており求職者側も準備が必要になるでしょう。

また、最近ではフリーランスの方々が改めて会社に所属したいという相談も増えてきています。これから転職を考える人にとっては、これから伸びる領域の見極めや職種の見極めが大切です。市場やニーズも絶えず変化しているため、新しい技術を学び続けられるか、変化対応ができるかが、個人にとっても非常に重要になってくるでしょう。

IT通信業界転職マーケット状況

出所:リクルートキャリア『リクルートエージェント』転職決定者数の分析

IT通信業界出身者転職決定数推移

出所:リクルートキャリア『リクルートエージェント』転職決定者数の分析

転職活動は情報収集から

リクルートエージェントには、IT通信業界に強いキャリアアドバイザーが在籍しています。
最新の採用市場の動向はもちろん、キャリアの「市場価値」、同世代の転職成功事例、職務経歴書作成や面接で注意すべきポイントなど、さまざまな情報、アドバイスをご提供いたします。

新型コロナウイルス禍の転職活動に不安を感じている方もいらっしゃると思います。
リクルートエージェント独自の非公開求人もございますので、情報収集に転職エージェントのサービスをご活用ください。

お申込み時にキャリアアドバイザーの指定はできません。予めご了承ください。

【参考記事】その他の業界の転職市場動向についてはこちらから
新型コロナウイルス禍の転職市場動向

福井 耕造

福井

広告会社を経て、リクルートエージェント(現:リクルートキャリア)に入社。製造業系領域を経て、IT・コンサルティング領域の企業側アドバイザーを担当。入社から一貫して企業側アドバイザーを担っており、担当クライアントも製造業界、IT/コンサルティング業界の大手~ベンチャー系企業まで幅広く担当。

丹野 俊彦

丹野

銀行系証券会社で営業、人事採用担当を経験後、リクルートキャリアに入社。IT/Web系人材の転職支援、企業の採用支援を中心に、面接力向上セミナーの講師や拠点長など幅広く担当。現在はハイキャリア専門のコンサルタントとして事業会社IT領域の採用支援とITコンサルタントやエンジニアの転職支援を担当。

リクルートエージェントでは様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。
情報収集に転職エージェントのサービスをご活用ください。

※お申込み時にキャリアアドバイザーの指定はできません。予めご了承ください。