転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 面接した企業へのお礼メールの書き方は?【例文あり】

面接した企業へのお礼メールの書き方は?【例文あり】

面接した企業へのお礼メールは、必ず書かなければいけないということではありませんが、お礼を伝えたほうが少なからず印象はよくなるでしょう。面接で聞きそびれた質問事項や確認事項などがあれば、それらと一緒に伝えましょう。また、転職エージェントを利用している場合には、担当エージェントを通じて企業側に感謝の意をお伝えする方法もあります。

面接後の「お礼メール」を送った方がよい場合とは?

入社したいという意欲を念押し的に伝えたい場合は、面接のお礼の言葉とともに、改めて入社の意志を伝えましょう。「面接のお礼メール=志望意欲の再アピール」という側面もあります。

お礼は「○○のお話に感銘を受けました」「貴社が掲げるビジョンを深く理解することができました」など、面接時の感想を交えながら伝えるようにしましょう。

採用面接では、経験やスキルとともに志望意欲を感じ取ろうとする企業がほとんどです。経験やスキルが求めるレベルに達していなかったとしても、やってみたいという気持ちが大きなポイントとして評価される場合も考えられます。そこで、面接により、入社意欲や思いが強くなったという場合は、ぜひ、「お礼メール」で気持ちを伝えましょう。例えば、次のようなケースです。

* 企業・仕事への理解が深まったことで、入社したいという思いがより高まった
* 社風や業務の様子を知り、自分がそこでどう活躍したいかイメージできた
* 面接を通して自分が次にやりたいことが整理でき、前向きになれた

メールならではの注意点も。面接の「お礼メール」の書き方

「お礼メール」の要素と書き方

宛名、挨拶、主文、結びの言葉など、文章の構成は通常のビジネスメールと同様ですが、メールの場合は「件名」を記載すること、最後に自分の連絡先(署名)を明記することがメールの特徴といえるでしょう。以下、各項目のポイントについてまとめました。

件名

企業には日々、数多くのメールが届くため、どんな要件の、誰からのメールなのかを一目でわかるようにすることをおすすめします。

挨拶

いつ、何時から面接を受けた誰であるかを明記し、相手がすぐに理解できるようにしたほうが親切です。

主文

面接へのお礼とともに、面接によって理解が深まったこと、その結果として入社の気持ちが高まったなど、思いを伝えることをおすすめします。

結びの言葉

手紙の定型句である、「貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます」といった言葉で結ぶのが一般的です。

連絡先

氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど、自分の連絡先を明記しましょう。読みにくい漢字などが含まれる場合は、ふりがなを併記すると親切です。

メールだからこその注意点

メールの特性を踏まえ、以下のような点に注意しましょう。

メールを送るタイミング

面接終了後、できる限り早めにメールを送ることをおすすめします。

あなたの面接が終わった後、採用担当者は他の応募者の面接をしている可能性があります。採用担当者の、あなたへの印象が強く残っているうちにお礼をするのが無難でしょう。また、場合によっては面接終了後すぐに合否が決まる可能性もあるので、早めの対応をおすすめします。

私用のメールアドレスを使う

現在、勤務している会社のメールアドレスで送ることは避けるのが無難です。自分のアドレスがない場合は、フリーメールなどでアカウントを作成することをおすすめします。

強調・色文字などは避ける

強調したい部分を太字や色文字にすることや、記号・絵文字などを使うのは、ビジネスメールでは一般的ではないと考えられているので、避けたほうが無難です。また、全体を通して同じフォント・文字の大きさでメールを作成したほうが、統一感のあるメール文面が作成できるでしょう。

読みやすさに配慮する

改行のない長い文章は、読みづらいと感じる方も多いでしょう。適当な長さで、きりの良いところで改行を入れるともに、内容ごとに3行、4行程度になったら1行空ける、あるいは要件ごとに段落をつけるなど、読みやすさに配慮することをおすすめします。

面接後の「お礼メール」例文

【件名】
○月○日の採用面接のお礼(氏名)

【本文】
株式会社○○○○

総務・人事部 □□□□ 様

お世話になっております。

私、本日○時から面接いただきました△△と申します。

ご多忙な中、お時間をいただき、誠にありがとうございました。

□□様より、貴社の事業内容、プロジェクト、今後のビジョンなどを伺い、
社会に広く役立つサービスを提供されていること、
そのために、求められているスキルなどについて理解が深まり、
貴社で活躍したいという気持ちが、さらに高まりました。

ぜひ、自分の経験を活かし、貴社の事業に貢献できれば幸いに存じます。

また、社員の方々の働きやすさを第一にした環境づくりにも共感いたしました。

今後とも、なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

まずは、面接のお礼を申し上げたく、メールいたしました。

末筆ながら、貴社のますますのご発展、ご活躍をお祈り申し上げます。

==============

〇〇 〇〇(氏名)

〒000-0000
◇◇県◇◇市◇◇区0丁目0番地0-0

電話:080-0000-0000
メールアドレス:××××@××××.××.jp

==============

あわせて読みたい参考記事

* 面接の日程調整メールの書き方・返信のポイント【メール例文あり】

リクルートエージェントでは、応募した企業の面接で質問されることなどの傾向や、どんな候補者が評価されるかなどの情報をお伝えすることができます。面接対策にお悩みの方はぜひ相談に来てみてください。