転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 働きながら転職活動するメリット・デメリットと転職を成功させるコツ

働きながら転職活動するメリット・デメリットと転職を成功させるコツ

働きながら 転職

転職活動を始めたいが、仕事が忙しいので両立できるかどうか不安。会社を辞めてから転職活動をしたほうがいい?それとも、在職中に働きながら転職活動をしたほうがいい?──そんな悩みに人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏がお答えします。

働きながら転職活動するメリット・デメリット

転職市場においては、会社を辞めてから転職活動する人よりも、働きながら転職活動する人のほうが多いという現実があります。まずは、会社を辞めずに転職活動をすることにはどんなメリットがあるのか、逆にどんなデメリットがあるのかを知っておきましょう。

働きながら転職活動するメリット

収入面給与・賞与など、安定的に収入があることで、生活資金に困ることなく、気持ちに余裕を持って転職活動を進めることができる。結果、焦って妥協することなく、納得感が高い企業を選べる可能性が高い。

ブランク:会社を辞めた場合、次の転職先が決まるまでが「ブランク(離職期間)」となる。転職先がなかなか決まらずブランクが長引いてしまった場合、働く意欲や能力を疑われ、選考で不利になることがある。そうしたブランクを作らずに済む。

再検討できる:転職活動をしてみた結果、「やはり今の会社にとどまる」という選択をすることもできる。

働きながら転職活動するデメリット

スケジュール:時間を自由に使いにくく、面接のスケジュール調整がままならないことがある。そのため、同時期に応募できる数が限られる。

情報収集:多忙である場合、求人情報の収集、候補企業の研究、面接対策などに十分な時間をとれないことがある。

入社時期:内定後、退職交渉や引き継ぎに時間を要するため、求人企業側が希望する入社時期に応じられない可能性がある。企業が採用を急いでいる「急募求人」の場合、すぐに入社できる人が有利になることも。

働きながら転職活動する人を企業側はどう見ている?

企業側としては、仕事と転職活動を両立している応募者のほうが多いため、会社を辞めて転職活動をしている人に疑念を抱く傾向が見られます。「会社とトラブルを起こして辞めたのだろうか」「働く意欲が低いのだろうか」など、ネガティブな想像をされるかもしれません。

また、「仕事と転職活動を同時並行で進められないのだろうか」と、スケジュール調整能力を疑われる恐れもあります。

さらに、転職先がなかなか決まらずにブランクが長引いた場合、「こんなに長期間、転職活動に集中しているのにまだ決まっていないのはなぜか」と疑問に思われ、「他社で評価されなかった人なのか」「選り好みが激しく、わがままな人なのでは」といったイメージで見られてしまう可能性もあります。

それらのリスクを踏まえると、働きながら転職活動をしたほうが、企業に不安や疑問を持たれにくいとも言えるでしょう。

働きながら転職活動を成功させるコツは?

では、働きながら転職活動をするにあたり、どんなポイントを意識すればいいのでしょうか。
成功に導くコツをお伝えします。

オンライン面接を活用する

コロナ禍以降、多くの企業が面接をオンラインで行うようになりました。その結果、「日程調整がしやすい」というメリットが認識され、コロナ禍が収束したとしても「オンライン面接」を定番化させる考えの企業が多数あります。移動時間を省ける分、面接を受けやすくなるので、オンライン面接をフル活用しましょう。

有給休暇を活用する

働きながら転職活動をする人の多くは、面接に出向くために有給休暇も活用しています。有給休暇を取得した日に、複数企業の面接を入れられるよう調整するといいでしょう。

「この日なら有休を取得して面接に伺えます」など、事前に採用担当者に伝えておけば、対応してもらえる可能性があります。同じ日に2回分の面接(2次面接と3次面接など)を設定してもらえることもありますので、交渉してみてはいかがでしょうか。

退職時期に配慮してスケジュールを立てる

繁忙期の真っただ中に退職するとなると、引き継ぎがはかどらなかったり、同僚の負担が増すことに対して引け目を感じたりすることになりかねません。

退職日は、なるべく現職に迷惑をかけないない時期に設定したスケジュールを立てましょう。そうすれば「円満退職」の実現につながります。

働きながら転職活動する上での注意点は?

働きながら転職活動をする際は、以下のような点にも注意するとよいでしょう。

ゴールの期限を決めて活動する

働きながら転職活動をしていると、収入面では安定している分、ダラダラと長引かせてしまうケースもあります。「3ヵ月以内」「半年以内」など、転職を実現させるゴールの期限を決めておくといいでしょう。

在職中の企業に迷惑をかけないよう配慮する

転職の意思が固まっているとしても、今の会社に在籍している限りは役割をしっかりと果たしましょう。転職活動に気を取られ、仕事がおろそかになるようなことはあってはなりません。

また、転職活動で、会社のものを使うことはマナー違反と言えます。会社から貸与されたPCやスマートフォンで転職サイトを閲覧したり、転職サイトへの登録や応募先企業とのやりとりに会社のメールアドレスを使用したりするのは控えましょう。

会社のパソコンで転職活動をしない

企業によっては、会社のパソコンからどんなサイトにアクセスしているかをチェックしているケースもあります。「転職活動をしていることを今の会社にバレたくない」という人はくれぐれも注意してください。

また、スケジュール管理ツールを使ってチームのメンバーのスケジュールを共有している場合、非公開のスケジュールがあると「この時間、何をしているのか」「この予定は不自然ではないか」など、不信感を抱かれることもありますので、配慮が必要です。

転職活動を進めるためのスケジュールの立て方

転職活を始めてから新しい会社に入社するまでの期間は、もちろん人によって異なりますが、一般的には3~6カ月かけている人が多いようです。情報収集に1カ月、応募・選考に2カ月、退職交渉~引継ぎに1カ月程度が目安となります。

【あわせて読みたい参考記事】

転職活動の期間はどのくらい?転職までの流れと長引かせないためのポイントと転職成功事例を紹介
転職エージェントの合否連絡の日数目安は?面接結果の連絡に時間がかかる理由とは

ただし、コロナ禍以降、選考期間は短縮の傾向が見られます。背景には、オンライン面接が一般化したこと、在宅勤務になって時間に融通が利く人が増えたことがあります。

例えば、以前なら1次面接と2次面接の間が1週間以上あいていたところ、数日後に次の面接が組まれることもあり、応募から内定まで早ければ1~2週間というケースも見られます。

退職交渉や引き継ぎに要する時間は、人や状況によって異なります。自分の場合は引き継ぎなどの退職準備にどの程度の期間を要するかを算出し、転職時期の目標を設定しましょう。そこから逆算して、面接を受ける時期、応募する時期などを判断することをおすすめします。

転職エージェントを活用しよう

働きながら転職活動をするなら、転職エージェントのサポートを受けることでスムーズに進みやすくなります。次のようなメリットがありますので、サービスを活用してはいかがでしょうか。

希望条件希望に合う求人が出てきたら情報を提供してもらえるので、自分で求人情報を探す時間を省ける。
面接対策:応募先企業が面接で重視しているポイントなどを事前につかめることもあり、面接対策を効率的に行える。
スケジュール調整:選考に要する期間は企業によってバラバラ。応募を検討している企業の選考期間について情報を得られるので、活動スケジュールを調整しやすい。
交渉代行:応募から面接日程調整、条件交渉まで、転職活動の中で生じる相手企業との面倒なやりとりを代行してもらえる。

このように、忙しい人ほど転職エージェントをパートナーとして、効率的に活動を進めることをおすすめします。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。