転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 仕事を辞めたいけど言えない─退職交渉をうまく運ぶコツは?

仕事を辞めたいけど言えない─退職交渉をうまく運ぶコツは?

転職先が決まりかけているのに、今の会社に「辞めたい」と言えずに悩む方もいらっしゃるようです。「冷たい目で見られたり、とがめられたりするのが怖い」「自分が抜けると迷惑がかかり、申し訳ない」──そんな皆さんの相談にお応えし、「辞めたい」の切り出し方、円満退職のための交渉のポイントをお伝えします。

仕事を辞めたいけど言えない理由別・伝え方アドバイス

<言い出せない理由①>冷ややかな目で見られたり、とがめられたりするのが怖い
「うちの会社ではチームワークを重視していて、メンバーが一丸となって頑張っています。『辞めたい』と言ったら、チームの空気が悪くなるし、“裏切者”のような目で見られたり、とがめられたりするんじゃないかと不安です。上司にはお世話になったので、恩を仇で返すことになり、申し訳なく感じています」

<対処法>転職の目的や将来ビジョンを前向きな姿勢で伝える

今の会社に「辞めたい」と言えば、必ず「なぜ」と聞かれるでしょう。このとき、転職を決意した理由が「不満」「不安」だったとしても、そのまま言うことは避け、「前向き」な理由を伝えるようにしましょう。

例えば、「残業の多さに耐えきれない」「ノルマが厳しすぎる」といったことがきっかけだったとしても、転職活動をして、さまざまな企業の求人に出会う中で、「この仕事にチャレンジしてみたい」「こんなプロフェッショナルを目指したい」といったポジティブな気持ちが沸いてきて、新たな目標ができたのではないでしょうか。その気持ちを伝えてみてください。

今後の目標、将来のビジョンを話し、「その目標はうちの会社では実現できないね」という納得を得られれば、退職を受け入れられやすくなります。これまでいい人間関係を築いてきた上司や同僚であれば、あなたのチャレンジを応援してくれるのではないでしょうか。「それだけの決意があるなら仕方ないね」と納得させるためにも、強い意思を伝えることをお勧めします。

<言い出せない理由-②>忙しい職場なので、辞めると同僚に迷惑をかけてしまう
「今の職場は人手不足で、とても忙しいのです。自分が辞めることで同僚の負担を増やしてしまうことを考えると、気が引けて、なかなか言い出せずにいます」

<対処法>後任者がスムーズに引き継げるように準備を整える

プロジェクト単位で仕事をしている場合は、担当プロジェクトが一段落するタイミング、あるいは組織の再編成が行われる時期に退職できるよう、スケジュールを調整しましょう。また、繁忙期がある場合は、できるだけその時期を避けるようにしましょう。

慢性的に忙しい職場の場合、忙しさが落ち着くのを待っていたのでは、せっかくの転職チャンスを逃してしまうかもしれません。最優先すべきは自分のキャリアプランであり、ライフプランです。強い意思を持って退職交渉に臨むことをお勧めします。

そして、後任者の負担を少しでも減らすため、引き継ぎの準備を入念に行います。転職活動をしながら、徐々に準備を進めておきましょう。

例えば、次のような項目を整理してまとめておけば、引き継ぎがスムーズになります。

● 業務の流れ、スケジュール
● 業務に使う書類や資料、定型フォーマットなど
● 顧客・外部パートナー・関連部署の担当者など、関係者のリスト ※氏名・連絡先だけでなく、対応の仕方などで注意すべき点があれば伝える
● 過去に起きたミスや、ミスが起こりやすいポイントなど
● 営業職であれば、顧客の状況および今後のニーズ予測

上記は一例ですが、自分の業務を整理し、どうすれば後任者がすぐに、スムーズに引き継げるかを考え、準備を整えておいてください。上司から「今、辞められたら困る」と言われた場合も、引き継ぎの準備が完璧にできていることを見せれば、強い意思が伝わり、納得を得やすくなると思います。

退職意思を伝えるときの切り出し方

退職するということは、業務を滞らせたり、人材採用を行ったりと、多かれ少なかれ会社に負担をかけることになります。それに対するお詫びの気持ちを込めたほうが、相手の不快感を和らげ、受け入れられやすくなるでしょう。

退職の話をするときは、いきなり切り出すのではなく、「面談のお時間をください」とあらかじめ時間を取ってもらいます。面談の場では「突然で申し訳ございません」と切り出し、「退職させていただきたく、今回お時間をいただきました」と伝えましょう。

このとき、「辞めたいと考えている」「退職について相談したい」といったあいまいな言い方をすると、相手は「説得の余地がある」と思うものです。強く引き止められ、退職交渉が長引いてしまうことにもなりかねませんので、「すでに決意が固まっている」ことを伝えてみてください。

退職交渉で心がけておきたいポイント

退職交渉を進める際には、次のようなポイントに注意してください。

「許可を受ける」という感覚を取り除く

特に「縦割り」の性格が強い組織にいる方の場合、退職するときも「上長から許可をもらわなければ」という感覚を持っている方がいます。しかし、転職は許可を受けてするものではありません。「退職を認めていただく」のではなく、「なるべく迷惑をかけることのないよう、退職スケジュールを相談する」といったスタンスで臨むことが大切です。

「最初に告げる相手」を間違えない

退職意思を最初に告げる相手は「直属の上司」です。これを間違えないようにしましょう。その上の上長や社長などに先に話してしまうと、直属の上司の面目をつぶすことになり、「マネジメントがなっていない」と、上司がとがめられてしまうこともあります。

直属の上司との関係が悪化すると、退職手続きがスムーズに進まなくなる恐れもあります。信頼できる同僚・先輩・後輩に先に話してしまうこともあるかもしれませんが、その人から上司の耳に入ることにならないよう注意が必要です。

転職エージェントでは、応募~選考対策だけでなく、転職成功までをサポートしています。退職交渉の進め方についてもアドバイスが可能なので、相談してみてください。退職交渉が長引いてしまう場合、転職先への入社日の交渉を代わりにしてもらうことも可能ですので、うまく活用してはいかがでしょうか。

あわせて読みたい参考記事

* 【退職の切り出し方】いつ・どう伝える?注意点や準備することマニュアル
* トラブルを防いで円満退職しよう─上手な「会社の辞め方」とは
* 円満退職のために

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。