転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 面接で緊張しない方法とは?

面接で緊張しない方法とは?

転職活動での面接は、どうしても緊張してしまう…という方も多いのではないでしょうか。採用担当者に自分の思いやアピールポイントをうまく伝えるにはどうすれば良いのでしょう。ここでは、面接で緊張しないための方法を紹介しています。

面接に備えて準備し、くりかえし回答の練習を

事前にしっかりと準備をしておけば、気持ちに余裕が生まれ、面接当日の緊張を軽減できます。面接が決まったら、本番に備えてあらかじめ回答を考えておくと良いでしょう。特に面接では、志望動機、自己PR、転職理由について聞かれることが多いので、これらを文章に書き起こし、声に出して、くりかえし練習することをおすすめします。
その際、特にアピールしたいポイントを洗い出し、話の流れを作っておくと良いでしょう。文章を丸暗記して話すのではなく、自分の言葉で話せることが大切です。

出だしの言葉を覚えておく

緊張すると、すぐに言葉が出なかったり、途中で言葉に詰まったりすることがあります。こうした場面を回避するには冒頭の一言が大切です。出だしがスムーズだと後の言葉を続けやすくなるため、伝える内容の出だしの言葉を覚えておくと良いでしょう。
また、発声練習も大切です。姿勢を正し、明瞭ではきはきとした話し方を意識しましょう。

緊張しても慌てない

緊張状態では鼓動が早まり、落ち着きのない話し方やふるまいになりがちです。肩の力を抜いて深呼吸し、できるだけ心身をリラックスさせてから面接に臨むと良いでしょう。
想定外の質問をされて頭が真っ白になると、思ってもいないことを口に出してしまったり、じっと黙り込んでしまったりということがあります。「想定外の質問があるのは当然」と心づもりしておき、もし準備していない質問をされた場合は、慌てて話し出さず一呼吸置き、思考を整理してから落ち着いて答えましょう。

第三者の視点でチェックする

家族や知人にお願いして、面接を見てもらうという方法も有効です。第三者の視点を借りることで、ご自身が気づかなかった話し方のクセや改善点が見つかる可能性があります。一人で行いたい場合は、スマートフォンなどで面接の練習風景を撮影し、動画で見直してみると客観的にチェックすることができます。

リクルートエージェントの模擬面接を受ける

リクルートエージェントに登録している場合は、模擬面接を行うことをおすすめします。リハーサルをして面接に慣れておくことも緊張を軽減させる方法のひとつです。模擬面接で、ふるまいやマナー、回答の方法をアドバイスしてもらうことで、面接での不安を払しょくできるでしょう。

面接だからと意識しすぎない

「面接は自己アピールの場なので、できるだけ自分を良く見せよう!」と構えがちですが、意識しすぎることで緊張を高めてしまうこともあります。リラックスして話すために、面接に臨むスタンスを変えてみるのも一つの方法です。

面接は「双方が見極める場」と考えよう

面接は、企業側が応募者の資質や入社意欲を判定する場ですが、同時に応募者が企業を見極める場でもあります。「この企業は自分にふさわしいかどうか、話を聞いてみよう」くらいの気持ちを持つことも大切です。

いつもの仕事のワンシーンだと考え、仕事相手に接するようにする

「いつもの仕事の場」と自分に言い聞かせ、顧客や取引先に接するように、面接官に向き合うという方法もあります。普段のビジネスシーンと同じだと捉えることで、幾分緊張がほぐれ、会話のキャッチボールや立ち居振る舞いがスムーズになるでしょう。