転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 仕事に不満がある場合の対処法とは?

仕事に不満がある場合の対処法とは?

仕事 不満

「上司との相性が合わない」「会社に将来性がなさそう」など、仕事に対して不満を抱いて転職する方は多いようです。ただし、不満解消のための転職にもリスクがあります。そこで、仕事に不満がある場合の対処法を、人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏に伺いました。

みんなが感じている「仕事の不満」は?

厚生労働省が発表している「雇用動向調査(令和2年上半期)」によると、前職を辞めた理由は、「その他の理由」「定年・契約期間の満了」を除くと、男女ともに「労働時間・休日などの労働条件が悪かった」「職場の人間関係が好ましくなかった」「給料など収入が少なかった」が上位となっているようです。

参照:雇用動向調査(令和2年上半期)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-1/index.html

仕事を辞める前に!「退職のリスク」を考えよう

仕事に不満を抱いて、次の職場を見つける前に退職してしまうのは、リスクがあるため要注意です。考えられるリスクを具体的に解説します。

空白期間が発生するリスク

不満が募って転職先を見つける前に退職してしまうと、次の会社に入社するまでの期間が空白となってしまいます。採用担当者の多くは、空白期間に対して「無計画で行動するタイプなのでは」「転職先が決まらなかった何らかの原因があるのでは」などの不安を感じるため、空白期間が長引くと、転職活動にも支障が出ます。また、空白期間が長引くうちに焦って転職先を決めてしまい、納得度の低い転職になる可能性もあるでしょう。

収入が不安定になるリスク

次の会社で給与が支給されるまで収入が途絶えてしまうので、生活を維持するためのお金が必要となります。交通費など、転職活動にはお金がかかります。もちろん、雇用保険の基本手当(失業手当)の給付もありますが、不満が原因で退職する場合の多くは「自己都合」となるため、給付までに一定の期間を要します。収入が不安定になってしまうのも、退職リスクのひとつです。

別の不満が生じて転職を繰り返すリスク

自身が求める条件にすべて合致する、完璧な職場はめったにないものです。不満解消のために転職しても、次の職場で別の不満が発生するかもしれません。転職を繰り返してしまうと、思い通りのキャリア構築ができなくなったり、転職活動時に定着性に不安を持たれたりする可能性があります。

不満別の対処法

退職の前に、現職で善処できることがないか考えてみましょう。仕事の不満別に、対処法をご紹介します。

仕事内容が不満

仕事にやりがいや面白さを感じられない場合は、どのような状態であれば満足できるのかを考えてみましょう。例えば、「無駄な書類作業が多くて不満」なのであれば、効率的な作業方法を考えてみる、改善案を上司に提案する、などです。

また、成果を出している人に仕事の進め方や面白さを聞いてみるという方法もあります。やり方や視点を変えてみることで、これまでと違う感触を得られるかもしれません。

労働条件が悪い

残業が多いなど、労働条件に対する不満は、まずチームメンバーや他部署と比較してみましょう。自分だけが残業時間が多いのであれば、仕事を多く抱えているか、進め方が非効率かのどちらかの可能性が考えられます。業務量に偏りがある場合は、上司に相談してみましょう。仕事に慣れていなかったり、こだわりが強すぎたりして非効率になっている場合は、残業の少ないメンバーに進め方を聞くなどして、仕事のプロセスを見直します。所属組織だけが残業が多いのであれば、上司や人事に相談するか、異動願いを出すという方法もあります。

将来性が不安

会社の将来性が不安という場合は、人材としての市場価値を高めることが大切です。現在の仕事を続けながら将来的に転職しやすいように、スキルを積極的に磨く、マネジメントや専門知識を身につける、副業やプロボノ(経験・スキルを活かした社会貢献活動)などで新たな経験を積む、などの方法があります。社内の他の事業に今後伸びそうなビジネスに関わる部署やグループ会社があれば、異動願いを出して経験・スキルを積むという方法もあるでしょう。

給与が安い

業界や企業規模によって給与水準は異なります。給与に不満がある場合は、転職サイトや口コミサイトなどで、同業他社の給与と比較してみましょう。同業他社と比べて低くないのであれば、社内評価を上げて給与アップを目指すために、評価基準を確認するという方法があります。上司との査定面談で、評価を上げて給与アップするにはどのような成果を出せばいいのか相談してみましょう。同業他社と比較して給与水準が低いようであれば、給与水準が高い業界や職種、外資系企業への転職などを検討しましょう。

人間関係が悪い

人間関係の不満を改善するには、対象となる人物を観察し、どのように接すると良好な関係を築くことができるか把握することから始めます。異動や退職などがあるため、長年にわたって同じ人物と働くとは限りません。仕事だと割り切って、できるだけストレスのかからない距離感で接するように心がけましょう。どうしても我慢できない場合は、上司に相談して関わりの少ない仕事に変えてもらったり、他の組織に異動したりして遠ざかるという方法もあります。

今後のキャリアを考え、後悔のない選択を

仕事に不満を抱いて、勢いで退職するのはリスクがあります。まず、現職で改善できることがないかを検討し、どうしても解決しないようであれば、仕事を続けながら転職活動を始めましょう。応募して話を聞いてみることで、「現職の意外ないいところが見つかった」「転職すると現在より条件が下がる可能性が高い」など、現在の職場に対してポジティブな発見があるかもしれません。現在の環境で改善を図りつつ、他社にも視野を広げてみて、後悔のないキャリアを選択しましょう。なお、転職エージェントに相談して、プロの視点でアドバイスを受けるという方法もあります。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。