転職エージェント トップ > サービス紹介 > 転職エージェントの担当者との面談時の服装

転職エージェントの担当者との面談時の服装

転職エージェントの面談には、どのような服装で行けばいいのでしょうか。企業の面接同様に、スーツでなくてはいけないのでしょうか。転職エージェントとの面談時の服装についてまとめました。

転職エージェントとの面談は私服?それともスーツ?

リクルートエージェントでは、面談の際の服装についてお問い合わせをいただくことがありますが、面談は必ずしもスーツである必要はなく、私服で構いません。
面談では、経験や転職の希望条件などを確認するため、リラックスして話ができる服装がベターです。

一方で、企業との面接対策のために、服装や身だしなみについてアドバイスを貰いたい場合は、面接と同様の服装で面談にお越しください。
企業の採用担当者の印象をアップさせるポイントや、服装の疑問についてのヒントを聞くことができます。

企業の面接で気をつけたい服装・身だしなみ

転職エージェントとの面談ではなく、紹介された求人企業との面接が決まった場合は、企業から指定がない限りはスーツを着用しましょう。

スーツ着用時のポイント

  • 体に合ったサイズで、しわのないスーツを着用
  • ネクタイやベルトなどの小物は派手すぎないものを
  • 髪型は清潔感を意識し、手入れされている状態で
  • メイクやネイルは派手すぎない程度に

面談まで準備しておくと良いもの

面談時の服装はスーツでも私服でも問題ありませんが、持ち物は事前準備をしていただいた方が、充実した面談になります。

あらかじめ希望条件を伝えておく

面談日程を調整するときなどに、転職先の希望条件や希望職種・業界が具体的に固まっている場合は、面談前にあらかじめ伝えておくと、面談では求人票を見ながら相談することができます。

履歴書や職務経歴書

履歴書や職務経歴書をお持ちいただいた方が面談はスムーズに進みますが、書き方が分からない場合は、これまでの経歴や気になることをメモしておくと、書き方のアドバイスがその場で受けられますし、聞き忘れも防ぐことができます。

カバンは書類が入る大きさのものを

面談の際に、転職エージェントから書類や求人票を渡されることがあります。そのためカバンは書類が入る大きさのものをお持ちいただいた方が便利です。

まとめ

転職エージェントとの面談は、企業との面接とは異なり、これまでの経歴や転職の希望条件などを確認し、キャリアプランを明確にする場です。そのため、服装に対して気負う必要はありません。いつも着ているスーツや私服で、面談に足を運んでみてください。

面談では目指したいことや譲れない条件、不安に思っていることなどを率直に伝えましょう。転職エージェントを活用することによって、最適なキャリアプランが見えてくるはずです。

リクルートエージェントでは、キャリアアドバイザーが業務内容を詳しく伺い、掘り下げて質問することで、一人ひとりの強みを引き出すお手伝いをします。また、企業ごとの特色だけではなく、面接で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることも可能です。面接対策が自分一人では難しいと感じる方は、ぜひご活用くさい。

※ただし、ご経験・ご要望によっては、サービスをご提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください。