転職エージェント トップ > サービス紹介 > 転職エージェントの担当者から紹介された求人の断り方・選考や内定の辞退

転職エージェントから紹介された求人の断り方・選考や内定辞退の方法

キャリアの棚卸しや求人の紹介、面接の日程調整、企業との交渉…。転職エージェントは、転職を希望者される方の方向性や応募する企業を一緒に考え、転職活動を幅広くサポートしています。求人を断りたい時、選考や内定を辞退したい時のポイントをご紹介します。

転職エージェントから紹介された求人・案件が希望に合わなかった場合はどうする?

面談を終えて転職の方向性が固まると、求人紹介が始まります。方向性に沿った求人のはずが、紹介された求人を実際に見てみると、違和感を覚える求人も含まれているかもしれません。

希望に合わない求人を紹介されたときは、はっきり断って問題ありません。その際は、担当のキャリアアドバイザーに理由を添えて伝えましょう。できれば理由は具体的である方が望ましいです。キャリアアドバイザーは、「給与などの条件が合わない」「事業内容に興味が湧かない」「仕事内容が希望と違う」など、断られた理由に応じて紹介する求人を調整するからです。

明確な意思を伝えないと、紹介する求人の傾向は変わらず、転職活動のサイクルがうまく回りません。遠慮せずに、紹介された求人が希望に合わなかった場合は、はっきりと伝えてください。

「気になる」「応募しない」という機能も!

リクルートエージェントが提供している転職活動支援ツール「Personal Desktop」には、紹介された求人に対して、「応募する」という機能だけでなく、「気になる」「応募しない」といった意思を伝える機能があります。こうした機能を活用することで、手軽に求人を選ぶことが可能です。

選考・内定後の辞退を伝える際のポイント

選考や内定の辞退は、企業に直接連絡せず、必ず転職エージェントを通じて行いましょう。転職エージェントに対しては、辞退理由に言葉を選ぶ必要はありません。率直な辞退理由を伝えましょう。もちろん、率直な理由を転職エージェントが企業にそのまま伝えることはありません。

辞退には人によってさまざまな理由があります。転職したかったけれど事情で転職ができなくなった、面接で話を聞いてみたところ自分の期待と違っていた、他に行きたい会社から内定が出たなど、転職活動を続けていると環境や心境にも変化が訪れるものです。

転職希望者の方と採用企業とのより良いマッチングを実現するために、転職エージェントは辞退理由を把握し、今後のサポートの質の向上に役立てます。また、辞退理由によっては、企業側が別のポジションや別部署での選考を検討する可能性もあります。そのためにも辞退の背景は、遠慮せずに胸の内を伝えてください。

まとめ

選考途中や内定の辞退は問題ありませんが、企業には別の方を選考する必要が生じるので、マナーとしてなるべく早い段階で転職エージェントに辞退の旨を伝えるようにしましょう。もし辞退するか迷っているのであれば、辞退を告げる前に転職エージェントに相談してみては。

状況によっては、企業に交渉して新たな情報の提供を行ったり、選考のための面接ではない条件面談を設定されたりすることも。
選考プロセスでは、「企業に話を聞いてみないと分からない」というケースも多く、直ちに辞退を決めるよりも、まずは転職エージェントに相談し、状況を明らかにするようにしましょう。

なお、内定を承諾した後の「入社前辞退」は控えましょう。内定を承諾したことによって、企業は採用活動を中止し、入社準備などが始まります。入社のために人やモノをアサインしている可能性も大きく、直前になって辞退をすると企業には損害が生じることも。内定を承諾する前に、本当に入社するかどうかをじっくりと考えましょう。

リクルートエージェントでは、平日に時間を取れない方のために土日も面談を受け付けています。また、遠方にお住まいで、足を運ぶことが難しい方はお電話にて面談を承っております。転職を検討している方は、ぜひご相談を。

転職サポートに申し込む無料

※求人状況によっては、サービスのご提供が難しい場合もございます。