転職エージェント トップ > サービス紹介 > 転職エージェントの担当者との電話やメールのやり取り

転職エージェントの担当者との電話やメールのやり取り

転職エージェントの担当者との連絡は、基本的に電話やメールで行われます。選考が進み、複数の企業との面接が予定され始めると、連絡も頻繁に行うように…。転職エージェントとやり取りを行うためのポイントをまとめました。

転職エージェントとの電話連絡・メール対応のポイント

転職エージェントは、企業と転職希望者の間に立って、求人の紹介や企業情報の提供、面接日程の調整などを行います。転職エージェントの担当者と電話やメールでやり取りする際は、どのように対応すると良いのでしょうか。ポイントをご紹介します。

面接日程の依頼にはなるべく早い返信を

転職エージェントからの面接日程の調整の依頼には、可能な限り早く回答しましょう。素早く対応することで、応募企業に対して「志望意欲が高い」という印象を与える効果があります。

面接当日など、緊急時の連絡は電話で

例えば面接当日に電車が遅延するなどしてどうしても遅刻してしまう場合など、緊急時や当日・前日の連絡は、行き違いを防ぐためにもメールではなく電話で連絡を取るようにしましょう。

携帯のアドレスも伝えておく

PCのメールアドレスのみ伝えている場合は、携帯のメールアドレスも伝えておくことで、メールの着信に素早く対応することが可能に。また、外出先でもチェックできるので便利です。

リクルートエージェントの場合は、登録者専用のスマホアプリを提供しています。アプリのプッシュ通知設定をONにしておくと、リクルートエージェントの新着メールが届いたら、アプリでお知らせ。もちろん、返信もスマホから外出先でも簡単に行うことができます。

転職エージェントとの電話に出られないとき、いつ折り返せばいい?

仕事を続けながら転職活動をしている場合、仕事中の転職エージェントからの電話は出にくいものです。電話に出られない時間帯がある方は、あらかじめ転職エージェントに「電話対応が可能な時間帯」と「メールなら対応できる時間帯」を伝えておくと安心です。

また、電話での連絡は急ぎの場合が多いものです。対応可能な時間帯を伝えるとともに、「メール対応可の時間帯に急ぎの要件がある場合は、携帯電話に着信履歴や留守番電話を残して」と転職エージェントに依頼しておくことで、仕事中などで電話にすぐ出られない場合でも、要件が緊急かどうかを判断することができます。緊急の場合の折り返しはお早めに。

リクルートエージェントでは、平日に時間を取れない方のために土日も面談を受け付けています。また、遠方にお住まいで、足を運ぶことが難しい方はお電話にて面談を承っております。転職を検討している方は、ぜひご相談を。

転職支援サービスに申し込む【無料】

※求人状況によっては、サービスのご提供が難しい場合もございます。

転職支援サービスに申し込む【無料】

業界最多約10万件の非公開求人。リクルートグループならではの豊富な求人を一部公開中。

求人情報を見てみる
転職情報メール(無料)

あなたに合った求人やイベントなどの転職情報をお届けします。

「転職情報メール」サンプル