転職エージェント トップ > MR・メディカル専門職の転職 > メディカル・化学・食品系技術職用語 > 分光光度計

分光光度計 (ブンコウコウドケイ)

分光光度計とは、スペクトルの各波長についてその強度を測定する装置。それぞれのエネルギーに対応した振動数に分けられた光と物質との相互作用を解析する装置全般のことをいう。光源から出た光を波長ごとに分ける部分と、分けた光を試料に当て光の弱くなる程度を測定する部分からなる。通常、分光光度計というと紫外可視分光光度計を指す(紫外可視分光光度計は分子の電子エネルギー遷移を起こす紫外から可視部の波長の光を用いて、分光吸光分析を行う装置)場合が多い。


用語に関連する求人情報

 

  • 3分!年収診断
    簡単な質問に答えていただくだけで、すぐに年収の相場を診断できます!
  • 転職チェックリスト
    簡単な項目を入力するだけで、あなた専用のやることリストを作成。
    「今やらなければいけないこと」をお伝えします。

MRなどメディカル・医療業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったキャリアプランや求人情報をご提案させていただきます。