転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > ホールセールの職務経歴書の書き方見本とフォーマットダウンロード

ホールセールの職務経歴書の書き方見本とフォーマットダウンロード

ホールセールの職務経歴書の書き方・見本です。よい職務経歴書を作成するためには、人事担当者に対して自分の経歴をわかりやすく書くことや、効果的な自己PRが必要です。どのように書けば分かりやすくなるのか、何を意識すれば効果的な自己PRになるのかを確認しましょう。

見本のWordファイルをダウンロードできますので、参考にしながら自分の経歴を記入し職務経歴書を作成してみましょう。

職務経歴書の書き方見本

職 務 経 歴 書

                          20xx年xx月xx日現在
氏名 ○○ ○○

■職務要約
○○大学○○学部卒業。20xx年、株式会社○○○銀行入行。支店配属となり、預金・外為・融資業務を経験。異動後、上場企業を含む中堅・大手企業約50社を担当。貸出、デリバティブ関連の営業業務、企業格付業務にも携わる。その後、本店営業部に異動、上場法人を中心としたRM担当として、M&Aやシンジケートローンの提案などを行う。

■職務経歴
□19xx年xx月~現在 ○○○○株式会社

期間

業務内容
19xx年xx月

20xx年xx月

新宿支店
導入研修/新規開拓/融資営業
・導入研修(金融に関する基礎知識を習得)

・新規顧客の開拓
・担当顧客への定期訪問
・融資営業(運転/設備)の提案/審査実績
新規獲得社数:約○社

(毎期○社程度の純新規取引先を獲得)
20xx年xx月

20xx年xx月

丸の内支店
融資営業
・担当顧客への定期訪問

・融資営業(運転/設備)の提案/審査
・格付、自己査定、与信審査、約定書作成、融資実行
・融資課業推進責任者として、融資課全体の業推管理
20xx年xx月

現在

本店営業第一部
法人営業
・大手法人(上場公開)企業向けリレーションシップマネージャー

・M&A取次ぎ
・自社取扱商品を活用したコンサルティング営業
・シンジケートローン
・プロジェクトファイナンス(海外大型旅客フェリー会社の事業/航路再編計画策定)商品
融資、デリバティブ、私募債

■活かせる経験・知識・技術

企画提案力
仮説検証型の営業スタイルを心掛けておりました。有価証券報告書から財務分析~顧客の潜在ニーズ仮説構築~課題解決法の提案といった一連の流れをクライアントに対して行っておりました。その中でも財務分析からの潜在ニーズの考察に注力することで、顧客自身も気づいていない問題点を探り当て提案に活かしてきました。

組織対応力
大手クライアントを中心に、自分自身の個人的な営業活動だけではなく、上司や・他部門の商品担当と同行を重ねることで、組織一体となって課題解決にあたるという方法をとりました。また、大規模提案の際にはプレゼンを磨くだけではなく、支店長、部長などの同行訪問依頼など、組織として取り組む姿勢を示すことで、顧客からの信頼も勝ち得たと考えています。

マネジメントスキル
20xx年に調査役となってからは、部長補佐として、個人業績だけでなくチーム、グループの業績やモチベーションをいかに最大化できるかを常に意識しております。メンバーの行動管理を徹底しながらも、業務量が多いために体調管理やモチベーションの維持をグループ独自でノー残業制度を導入したり、自らの提案で支社の表彰制度にグッドプラクティス賞を導入したりすることで図っておりました。結果、競争の激しい丸の内エリアにおいても高い達成率を実現しました。

■資格
・普通自動車免許(19xx年x月)
証券アナリスト検定会員(20xx年x月)
証券外務員一種、二種(20xx年x月)

■自己PR
銀行の場合、商品の差別化が難しく、営業の提案の着眼点、タイミングを意識してきました。事前の企業分析から仮説を立て、訪問すること、さらに「レスポンスの速さ」を特に意識して行動してきました。そのため、クライアントからの高い信頼を得られていたと自負しております。また、日々新しい仕組みのデリバティブ商品の知識や金融マーケットの相場観を醸成するための、毎日のマーケットチェックに加え、マネジメントとして、取り組みを他のメンバーにも共有すべく、毎朝のミーティングの運営を開始し、グループ全体の知識向上、士気向上に努めてまいりましたので、新しい組織においてもその提案力と組織マネジメント力を活かして活躍したいと思っております。

以上

各項目の解説

職務要約=あらすじ

職歴を分かりやすく伝えます。自分の仕事にキャッチフレーズをつけたらどうなるか、を意識して100文字程度にまとめてみましょう。

職務経歴=内容

業務内容は「どこで」「誰に対して」「どんなことをしてきたか」が分かるように書きます。具体的には、在職期間/ 会社名/ 規模/ 事務内容/ 自分が行った業務内容を記載します。また、会社の規模や実績などは数字で表すと分かりやすいでしょう。

活かせる経験・知識・技術

実績・成果を上げるための工夫点や業務において意識したことを簡潔に記載します。

資格・スキル

業務と関連する資格を持っている場合は、必ず記載しましょう。

自己PR=アピール

自己PR は文章または箇条書きで記載します。どの企業でも通用するビジネスパーソンとしてのコアスキルを簡潔に記載しましょう。箇条書きの場合3 つほど、文章の場合は5 行以内が目安です。

最後は「以上」で締めくくります。

 

【参考記事】各項目の書き方など、職務経歴書の基本的な作成方法はこちら
職務経歴書の書き方・職種別の書き方見本とフォーマットダウンロード

 

提出前に最終チェック

□ 誤字脱字がないか
□ 入学/ 卒業や入社/ 退職などの年月を間違えていないか
□ 見出しやタイトルがあり、読みやすいレイアウトになっているか
□ 日付や氏名など基本的な項目が抜けていないか
□ 文章は誰が読んでも意味が分かるように書けているか
□ 具体的な工夫が入っているか
□ 履歴書など他の応募書類の内容と齟齬がないか

 

ホールセールの職務経歴書サンプルダウンロード

ホールセールの職務経歴書見本をダウンロードする(Word)

リクルートエージェントでは、登録者の皆さんへのサービスとして職務経歴書作成のサポートツール「レジュメnavi」を提供しています。項目に答えていくだけで、見やすい職務経歴書に仕上げることができます。もちろん、キャリアアドバイザーからもより強みが伝わるような書類の書き方もアドバイスいたします。
※ただし、ご経験やご希望によってはサービスを提供できない場合がございますのでご了承ください