転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 製造技術・生産管理・製剤技術の職務経歴書の書き方見本とフォーマットダウンロード

製造技術・生産管理・製剤技術の職務経歴書の書き方見本とフォーマットダウンロード

製造技術・生産管理・製剤技術の職務経歴書の書き方・見本です。よい職務経歴書を作成するためには、人事担当者に対して自分の経歴をわかりやすく書くことや、効果的な自己PRが必要です。どのように書けば分かりやすくなるのか、何を意識すれば効果的な自己PRになるのかを確認しましょう。

見本のWordファイルをダウンロードできますので、参考にしながら自分の経歴を記入し職務経歴書を作成してみましょう。

職務経歴書の書き方見本

職 務 経 歴 書

                          20xx年xx月xx日現在
氏名 ○○ ○○

■職務要約
○○領域における製造技術業務全般の経験があります。コスト低減や工数削減を実施しながらも常に品質にこだわった取り組みをメンバー~マネジメントの立場で行ってきました。また、ISO14001、ISO13485の取得および社内導入の経験があります。

■職務経歴
□19xx年xx月~現在 ○○○○株式会社

期間

業務内容
19xx年xx月

20xx年xx月

担当領域:○○領域
主な製品:△△、□□、△△
○○工場製造部
・GMP対応業務(バリデーション、品質調査、査察対応、SOP管理)
・製造設備、製造ラインの改善・改良
・新たな生産技術の検討
・研究開発や商品開発との打合せ
部長以下12名
 

20xx年xx月

20xx年xx月

 

 

担当領域:○○領域
主な製品:△△、□□、△△
○○工場生産技術部
・自社原料精製技術の見直し
・原料供給会社への技術指導
・生産コスト低減、工数短縮、品質向上のための施策立案
・ISO14001推進、ISO13485推進
部長以下12名/主任(20xx年~)
20xx年xx月

現在

担当領域:○○領域
主な製品:△△、□□、△△
○○工場生産技術部
・米国工場の新製品製造ライン構築プロジェクトへの参加
 設備仕様の検討など、部代表として参加
・前年度バリデーション品目の生産移管対応や翌年以降の発売予定全品目のGMP適合性調査準備などを責任者として管理・推進。
部長以下12名/課長(20xx年~)

■活かせる経験・知識・技術
・顆粒特性、錠剤特性など製剤に関する技術、知識

・○○領域における生産技術全般の知識、経験
・バリデーション、SOP、GMPなどの専門知識、申請書類、計画/報告書の作成
・研究開発や商品開発部門など他部門との折衝力、共同プロジェクトの推進力
・週次での海外本社に対するレポート、海外とのプロジェクトへの参加時は電話会議での英語使用

■資格
・TOEIC 830点(20xx年xx月)

・危険物取扱者(20xx年xx月)
・普通自動車免許(19xx年xx月)

■自己PR
単なる設備導入ではなく効率や効果をあげるためのトータルなエンジニアリングを常に心掛けてきました。マネジメントの立場で生産技術分野だけでなく、生産管理など全体の効率や効果をアップさせることを意識した取り組みを行い、実績を残してきたという自負があります。また、海外拠点の新設プロジェクトに携わることで、一つの工場内での特定製品のみの製造技術スキルではない知識や経験を積んでいます。今後も、これまでの経験を活かし、より幅広い領域での経験を積みたいと考えております。

以上

各項目の解説

職務要約=あらすじ

職歴を分かりやすく伝えます。自分の仕事にキャッチフレーズをつけたらどうなるか、を意識して100文字程度にまとめてみましょう。

職務経歴=内容

業務内容は「どこで」「誰に対して」「どんなことをしてきたか」が分かるように書きます。具体的には、在職期間/ 会社名/ 規模/ 事務内容/ 自分が行った業務内容を記載します。また、会社の規模や実績などは数字で表すと分かりやすいでしょう。

活かせる経験・知識・技術

実績・成果を上げるための工夫点や業務において意識したことを簡潔に記載します。

資格・スキル

業務と関連する資格を持っている場合は、必ず記載しましょう。

自己PR=アピール

自己PR は文章または箇条書きで記載します。どの企業でも通用するビジネスパーソンとしてのコアスキルを簡潔に記載しましょう。箇条書きの場合3 つほど、文章の場合は5 行以内が目安です。

最後は「以上」で締めくくります。

 

【参考記事】各項目の書き方など、職務経歴書の基本的な作成方法はこちら
職務経歴書の書き方・職種別の書き方見本とフォーマットダウンロード

 

製造技術・生産管理・製剤技術の職種職務経歴書のポイント

製造系職種や品質管理は、企業や工場によって仕事内容が大きく異なるのが特徴です。面接会場で「職務領域がまったく違っていた」というようなことがないように、具体的な職務内容を職務経歴書に明記しましょう。もちろん、工場の規模や扱っていた設備を書くことも忘れないでください。また製造技術や品質管理はミスがなくて当然の職務なので、普通に職務経歴を書いただけでは、成果が得られたことが何なのかが伝わりません。具体的に改善できたことは、しっかりアピールするようにしましょう。

POINT

  • 生産工場の内容を説明するのが第一。機械化の程度や生産規模などをできるだけ詳しく書く
  • 各企業によって職務内容は異なるので、キャリアはできるだけ分かりやすく
  • アピールしにくい職種だからこそ、職務を通じて得た成果をしっかり表現する

 

提出前に最終チェック

□ 誤字脱字がないか
□ 入学/ 卒業や入社/ 退職などの年月を間違えていないか
□ 見出しやタイトルがあり、読みやすいレイアウトになっているか
□ 日付や氏名など基本的な項目が抜けていないか
□ 文章は誰が読んでも意味が分かるように書けているか
□ 具体的な工夫が入っているか
□ 履歴書など他の応募書類の内容と齟齬がないか

 

製造技術・生産管理・製剤技術の職務経歴書サンプルダウンロード

製造技術・生産管理・製剤技術の職務経歴書見本をダウンロードする(Word)

リクルートエージェントでは、登録者の皆さんへのサービスとして職務経歴書作成のサポートツール「レジュメnavi」を提供しています。項目に答えていくだけで、見やすい職務経歴書に仕上げることができます。もちろん、キャリアアドバイザーからもより強みが伝わるような書類の書き方もアドバイスいたします。
※ただし、ご経験やご希望によってはサービスを提供できない場合がございますのでご了承ください