転職のリクルートエージェント > 転職成功ガイド > 転職成功ノウハウ > 面接準備・対策 > 面接前日にやること

面接前日にやること

いよいよ明日は面接。何をしておけば安心?

明日はいよいよ面接。念入りに準備してきたつもりでも、「見落としていることがあるのでは」「まだ何かやれることがあるのでは」などと気持ちが落ち着かなかったりします。最終チェックとして、最低限やっておきたいこととは?

転職成功者に聞きました「面接前日は何をしましたか?」
面接前日の行動ランキング
身だしなみのチェックと自己PRのおさらい

1位は「服装」、2位は「髪型」のチェックと、見た目を整えるための準備が上位に入りました。見た目の印象が良いと面接での会話も弾むなど、外見が採否に影響を与える場合もあるため、転職成功者の多くが身だしなみを重視していたようです。
3位と4位には、面接で話す内容をおさらいする項目がランクインしました。当日の緊張を防ぐ一番の秘けつは、「できるだけのことをした」と思えるまで準備をしておくこと。具体的にはどのようなポイントに留意すればいいのか、キャリアアドバイザーがアドバイスします。

転職のプロは知っている

スーツのしわをチェック。靴下・ハンカチの用意も

面接担当者は、応募者の身なりに清潔感があるかどうかを見ています。ワイシャツの襟や袖口は汚れていないか、スーツがしわになっていないかなど、入念にチェックしましょう。足元も意外と見られますので、靴を磨くことも忘れずに。「スーツにふさわしくない白い靴下をはいていた」「ハンカチがしわくちゃだった」「ビジネスバッグではなく、リュックを持っていた」――そんな些細な違和感が、全体の評価にもマイナス影響を及ぼすケースは珍しくありません。服装や持ち物に気を配ることは、「真剣に取り組む姿勢」を相手に伝えることも意味しているのです。

1時間、企業ホームページをおさらいする

できれば1時間、30分程度でもかまいませんので、企業のホームページを読み返し、仕事のイメージをふくらませておきましょう。その際、意外なプラス効果を生むのが「わからない言葉を調べておく」という作業です。それまで何となく読み流していた言葉を見つけたら、検索するなどして調べておいてください。面接でその言葉が出たとき、焦ってごまかして不信感を抱かれる…といった事態を避けられます。面接担当者は、面接中の表情も見ています。最低限、企業ホームページの内容を理解しておけば、ビクビクすることなく相手に向き合うことができるはずです。

「これだけは伝える」というポイントを1~2つ決めておく

「あれも言おう、これも言おう」と自己PR文を丸暗記するのはお勧めできません。覚えたことを全て話しきろうと集中するあまり、相手のウンザリした表情にも気付かず、延々と話し続けるなど、かえって逆効果になることもあります。それよりも、「これだけは伝えたい」という思いを1つ2つ、ポイントをしぼって決めておく方がいい結果につながりやすいのです。

面接準備

内定・円満退社・入社準備

No.1エージェントのキャリアアドバイザーだから知っている成功ノウハウをお伝えします。

転職支援サービスに申し込む【無料】