採用活動において、自社で採用サイト(採用ホームページ)を持つことの重要性が高まっています。単に採用情報が掲載されているだけでなく、デザイン・コンテンツに工夫を凝らし、豊富な情報提供を行っている会社も増加しています。自社独自のサイトを制作・運営するには、どのような流れで進めていけばよいのでしょうか。今回は、採用サイト・ホームページのポイントをご紹介します。

採用サイト・ホームページとは

採用サイト・ホームページとは、採用情報に特化した自社運営のページ・サイトのことです。『リクナビ』『リクナビNEXT』や『タウンワーク』など、人材サービス会社が運営する求人媒体(ペイドメディア)との対比として、採用サイト・ホームページは「採用オウンドメディア」とも呼ばれています。

企業サイトと採用サイトの違い

自社で管理・運営するページ・サイトという意味では、既に企業サイト(コーポレートサイト/企業ホームページ)が存在する場合も多いでしょう。「なぜ新たにページ・サイトをつくるのか?」と必要性を疑問に思われるかもしれません。しかし、企業サイトと採用サイトでは情報を伝える相手や目的が異なります。

企業サイトを訪れるのは、求職者だけではなく顧客や株主、取引先など幅広い相手になります。「企業の信頼性」や「事業・サービス内容の良さ」を伝えることで相手との関係性をより良くすることが目的です。一方で採用サイトの場合は、求職者に向けた情報提供が目的になります。「仕事内容・職場環境・待遇・キャリア」など求職者が求めている情報をPRします。企業サイトで紹介しているような「企業の信頼性」や「事業・サービス内容の良さ」についても、求職者にとってのメリットに言い換えて、応募を喚起します。
情報を届ける相手が異なるので、相手にとって必要な情報を分かりやすく伝えるために、専用のページ・サイトを制作している企業が多いのです。

採用サイト・ホームページをつくる5つのメリット

採用コストの最適化につながる

採用サイト・ホームページに直接応募・問い合わせがあった場合は、求人媒体(メディア)を利用するときのような費用がかかりません。もちろん、どのような採用サイト・ホームページをつくるかによって初期費用やランニングコストは変動しますが、求人媒体のように掲載期間が決まっているものではありませんので、長期的な視点で採用コストを低減できる効果が見込めます。

外部サービスのルールに縛られないから自由度が高い

求人媒体に情報を掲載する場合、レイアウトや記載する項目がルールで決まっており、掲載サイズ(掲載料金)によって文字数や画像の点数に上限が設けられている場合がほとんどです。採用サイト・ホームページは、自社で運営・管理するからこその自由度の高さがメリットの一つです。求人媒体では伝えきれなかった情報を採用サイト・ホームページ上で紹介するといった使い方もできますし、自社の魅力がより伝わるように、「動画のコンテンツを埋め込む」「イラストや図を多用する」などの工夫を凝らすこともできます。

求人媒体との相乗効果

リクルートが行った調査では、求職者の半数以上が求人媒体経由で応募しており、そのうち約8割の人が企業ホームページを閲覧。うち約6割は応募意欲が高まったと回答しています。
つまり、求人媒体の効果を高める意味でも、企業の採用サイト・ホームページを充実させ、より多くの情報を提供することが重要です。

出典:株式会社リクルート 「採用HP作成&応募管理ツール「ジョブオプLite」新機能追加」(2019年6月)

求人媒体とは異なる層にもアプローチできる

採用サイト・ホームページのコンテンツを充実させると、GoogleやYahoo! のような検索エンジンで自社サイトが上位表示される可能性が高まります。結果として、求人媒体を積極的に閲覧している顕在層だけでなく、就職・転職を意識していなかった層にも求人募集していることを伝えられます。採用サイト・ホームページは、より幅広い層に自社の求人を認知してもらう役割を担っています。

情報を管理しやすい

仕事内容や人材要件、給与・待遇などの求人情報は職種やポジション、時期によって変化するものです。求人媒体、ダイレクトリクルーティングなど、外部のサービスを併用しているときに意外と大変なのが、情報の更新が煩雑になってしまうこと。どれが最新で正しい情報なのか混乱してしまう状態を防ぐためにも、自社が運営しているオウンドメディアを一番信頼できる情報ソースとして、外部パートナーと情報共有していく使い方もできます。

採用サイト・ホームページをつくる前に確認すべきこと

採用戦略・計画における採用サイト・ホームページの位置づけ

まずは、自社の採用活動の全体像(採用戦略・採用計画)を確認することからはじめましょう。極端な場合ですが、急に退職者が出て今すぐ新しい人材が欲しいときに採用サイト・ホームページをつくりはじめても、スピード感が合わない場合が多いです。「何のための採用か」「いつまでに、どのような人材が、何人必要なのか」「他に用いる採用手段はあるか」などを踏まえ、その上で必要性や方向性を考えるのが大前提です。

採用戦略・採用計画については、以下を参考にしてみてください。
・初めてでも採用戦略で失敗しないために具体的な手順やメリットなどポイントを解説

制作・運用コストは見合っているか

採用サイト・ホームページは、自由度の高さゆえにコストの幅も非常に広いです。そのため、外部の制作会社に依頼する際の適正コストを判断する難しさがあります。安易に最安値を選択しても、意図した採用サイト・ホームページが完成しないと意味がありません。逆に、高い制作会社に依頼するのが一番良いとも限りません。自社で運営・管理する以上、初期費用だけでなく、月々の運用費用がかかる場合があります。コストを判断する際も、採用戦略や計画に立ち返り、見合ったコストかどうかを十分検討しましょう。
ちなみに近年では、無料で採用サイト・ホームページが作れるサービスも登場しています。求人情報を掲載するページがつくれるだけではなく、応募者受付・管理機能が無料で提供されているものもあります。デザインがある程度パターン化されてはいるものの、必要最低限の機能は揃っており、採用担当者自身の操作で短時間に情報公開できる手軽さがメリットです。まずは無料のサービスを活用することから始めてみるのも良いでしょう。

採用マーケット全体のトレンドや採用競合のサイト

採用サイト・ホームページは、募集中の求人情報などを都度、情報更新することはあっても、全体的なデザインやコンテンツは、ある程度の期間、活用することが前提です。しかし、Webの世界はトレンドの変化が激しく、新しい技術が次々と生まれます。トレンドから逸脱したサイトでは、求職者に情報を受け取ってもらえず、また「サイト同様、仕事の仕方や働く環境も時代の流れに即していないのでは」とネガティブな連想をさせる可能性もあります。
求職者は、自社と他社を比較検討しながら入社先を決めることが多いため、当然、採用サイト・ホームページも競合他社のものと見比べられているという意識でつくることが大切です。競合他社の動向をチェックした上で、自社の魅力が伝わるコンテンツやデザインを目指すことが重要です。

採用サイト・ホームページをつくる流れとは

採用の全体像を整理する

先述の通り、採用の背景や目的をきちんと確認し、全体像を把握することがすべての出発点です。特に意識したいのは、自社が求める人物像(採用ターゲット)はどのような人なのか。ターゲットが明確であるほど、彼らの興味に合わせたデザインやコンテンツをつくることができます。

採用ターゲットを明確化する方法については、以下を参考にしてみてください。
・初めてでも採用戦略で失敗しないために具体的な手順やメリットなどポイントを解説

サイトに必要なコンテンツを整理する

求職者は、就職先を検討する際にさまざまな側面から情報を求めています。例えば、「企業概要」「事業戦略」「サービス内容」「仕事情報」「働く環境」「待遇・福利厚生」などです。また、会社(採用担当者)からのメッセージだけではなく、経営層の考え方や先輩社員のエピソードなど、複数の立場からの意見を求めています。そのため、採用サイト・ホームページのコンテンツは、「広く」「漏れなく」を目指すのがポイントです。訴求する情報を整理するためにもコンテンツの一覧を洗い出し、サイトのページ構成をつくってみましょう。

<典型的なページ構成>

  • 採用サイトTOPページ
  • 採用メッセージ(経営者or人事責任者)
  • 会社を知る
  • 仕事を知る
  • 仲間を知る(先輩社員の声)
  • 福利厚生・働く環境
  • 応募要項・選考プロセス・FAQ
  • 応募・問い合わせフォーム

採用コンセプトを決める

コンテンツの全体感を整理する一方で、採用で一番伝えたいこと(採用コンセプト)を決めることも非常に重要です。サイト・ホームページ制作の実務に照らし合わせるなら、サイトの顔となる「TOPページ」をつくることだと言い換えられます。
求職者は、幅広い情報を求めている一方で、判断基準や優先事項は採用ターゲットによって異なります。「グローバルな環境で働きたい」「ワークライフバランスは欠かせない」「地域に根差したビジネスで貢献したい」「安定した会社で長く働き続けたい」など、想定するターゲットの判断軸に合わせて、デザインやキャッチフレーズをつくっていきましょう。

情報を集める

サイト全体の仕様が決まり、コンセプトの方向性も確定できたら、実際のコンテンツを制作するために必要な情報を収集します。前述したページ構成例を見れば分かる通り、採用サイト・ホームページのコンテンツを充実させようとすれば、採用担当者の手元にある情報だけでは足りないことが多いです。経営者や先輩社員へのインタビュー(もしくは執筆依頼)、働く様子や社内風景の撮影、事業・サービスを分かりやすく説明する図の制作など、必要な素材を手配・収集しましょう。

サイトを構築する

採用サイトに限らず、Webサイト制作の実作業はデザインやコーディングなど専門の技術・知識を要するため、専門の制作会社に依頼するのが一般的です。その一方で、社内にWebエンジニアやデザイナーを抱えている企業ではWebサイトを内製しているところも少なくありません。また、上述した無料で採用サイト・ホームページが作れるサービスを活用して、採用担当者自身がサイト制作を行っている企業も増えていますので、自社の状況(予算や納期、どこまで依頼したいか等)を踏まえて手段を選択しましょう。

応募が増える魅力的な採用サイト・ホームページの特徴

求職者の視点に立ってつくられている

採用サイト・ホームページは、自社の裁量でどこまでも自由に制作できるという性質のため、気を付けないと一方的な情報発信になってしまう可能性に留意しましょう。採用は企業と求職者のお見合いのようなもの。自分がしたい話だけをしても相手は振り向いてくれません。求職者はどのような情報を知りたがっているかを想像し、初めて自社を知るという人にも分かりやすく伝わる内容にしましょう。
また、サイトの使いやすさやコンテンツの読みやすさといった、ユーザビリティも考慮しないと、せっかくサイトを訪問した人も途中で離脱してしまいます。制作するすべての内容において、求職者視点を忘れないようにしましょう。

ネガティブな話題も正直に語っている

求職者視点という意味では、正直さも大切なポイントです。例えば「給与は高いけれど仕事がハード」な場合に、「給与が高い」と都合の良いことばかりをアピールすると、何か裏があるような印象を与えてしまい、かえって敬遠されることもあります。また、今はSNSや口コミサイトなどさまざまなところから情報を収集する求職者も増えています。ネガティブな話題は隠しても伝わってしまうことがあると考えた方が良いです。自社の弱点も正直にさらけ出す真摯な姿勢の方が、かえって求職者には信頼されやすく、入社後のミスマッチも低減できる場合があります。

ビジュアルでの訴求にこだわっている

採用サイト・ホームページの自由度を最大限活用するには、ビジュアル訴求(写真・動画)にこだわることも一考してみましょう。職場の雰囲気や仕事の様子、経営者や先輩たちの人柄などは、テキストで説明する以上にビジュアルを見せることで伝わるもの。特に、Webを見ている人たちの多くは、ページの一言一句をじっくり読んでいる訳ではありません。Web閲覧のスピード感に合わせる意味でも、ビジュアルで直感的に訴求することは重要なポイントになっています。

合わせて読みたい/関連記事

採用手法
採用手法

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリット、注意点をわかりやすく解説

採用手法
採用手法

ATSとは?採用管理システムの選び方・ポイントを解説

採用手法
採用手法

【中途採用】効果的な募集時期・採用時期を解説

採用手法
採用手法

RPO(採用アウトソーシング)とは?メリットや依頼のポイントなど事例も紹介