今のスキルより潜在能力を重視し、成長を期待できる人材を募集するポテンシャル採用。第二新卒採用に近い採用手法の一つで、新卒採用と中途採用の間に位置する採用手法ともいえます。将来的に成長を期待できる人材を主軸に採用する企業も増加中です。そこで今回は、ポテンシャル採用のメリットや成功させるポイントなどをご紹介します。

ポテンシャル採用とは

ポテンシャルとは、可能性や潜在的な力を意味する言葉です。中途採用の場合、既に経験スキルを持った即戦力になれる「経験者」を募集するケースが多いです。一方でスキルよりも潜在能力を重視して「経験者かどうかは問わない」で募集するのが、ポテンシャル採用になります。
新卒扱いで未経験者を採用・育成する「第二新卒採用」もありますが、こちらは既卒3年以内の方を対象にする場合が多いです。それと比べてポテンシャル採用では、社会人年数の制限はありません。ただ、今後の大きな成長を期待できる可能性が判断基準となります。

ポテンシャル採用のメリット

将来活躍する可能性のある人材を採用できる

かつては新卒採用が想定通り進まなかった企業がその補填として検討することが多かったポテンシャル採用。しかし、ここ数年はよりポジティブなものへと変化し、将来活躍する可能性がある人材の獲得手段として検討する企業が増えています。「一度社会に出たことで、自分の適性や今後の目指すキャリアが見えた」「もっと成長できる環境に移りたい」そのように主体的に考えて動ける、伸びしろのある人材を採用するチャンスがあります。

将来の幹部候補を採用できる

ポテンシャル採用は、人材の将来性やポテンシャルを重視した採用手法であるため、入社後に企業文化や風土に浸透させながら、将来の幹部候補として育てていけるというメリットがあります。

ビジネスマナーの基本が備わった人材を採用できる

既に就業経験があるため、社会人としてのビジネスマナーやコミュニケーションスキルが備わっている人材を採用できることが多いです。中途採用における即戦力人材とは異なるため、一定の育成期間は必要になりますが、それでも新卒採用よりも初期の育成コストをおさえ、早期の戦力化を目指すことができます。

従来の採用とは異なる人材が採用できる

業界・職種を問わず、さまざまな潜在能力を持った人材を広く募ることができるのがポテンシャル採用です。これまでの採用とは違ったタイプの人材を受け入れることで、組織の活性化につなげることもできます。

ポテンシャル採用のデメリット

ポテンシャル採用を導入する際にはデメリットも見ておく必要があります。

育成に時間が掛かる

スキルよりも潜在能力を重視して「未経験者」を募集するのがポテンシャル採用ですから、業界の理解や業務知識の習得に時間が掛かります。企業側は長期的な視点で研修やOJTなどのプログラムを組み、サポートをしていく必要があります。
※OJTについては、下記の記事をご参照ください。
【人事必見】OJTとは?意味やメリット・デメリットと導入するポイントを解説

コストが掛かる

上記に説明した通り、その人が活躍するまでに企業側は投資をし続けなければなりません。人事としてはポテンシャル採用1名あたりにどの程度費用を掛けるのか、事前に大枠を決めておくとよいかもしれません。

ミスマッチの可能性がある

ポテンシャル採用で入社した人が、既に経験スキルを持った即戦力の「経験者」でない場合、将来の可能性に賭けている分、ミスマッチに繋がる可能性もあります。お互いに「こんなはずじゃなかった」とならないように、将来的な給与などの条件はもちろん、企業風土との相性も採用時にしっかりすり合わせておきましょう。

ポテンシャル層の転職理由

2020年に株式会社リクルートキャリア(現在は株式会社リクルート)が行った調査によると、20代の中途採用の伸びが過去5年で2.43倍になっており、20代の転職理由は「精神的なゆとりを求めて」が最多となっています。また、20代の転職先への入社の決め手で最も重視したことにおいては「やりたい仕事ができる」ということが傾向として見てとれます。潜在能力を重視して募集するのがポテンシャル層の採用なので一概には言えませんが、ポテンシャル層は「ワーク(仕事)」と 「ライフ(生活)」のバランスが取れた状態を目指して転職を検討する方が多くいることが分かります。
出典:株式会社リクルートキャリア「若手の中途採用・転職意識の動向」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ワーク(仕事)

具体的には、「キャリアアップをはかりたい」「もっと成長できる環境に身を置きたい」「自分にもっと合った仕事を探したい」などの理由になります。
近年、売り手市場が続いていた新卒採用市場。きちんとした自己分析や目指すキャリアを明確にしないまま、すぐに内定が出て、就職先を決めた方もいます。そういった方の中には、実際に就業してみて初めて自身の適性や目指すキャリアに気が付き、改めて自分に合った活躍の場を探すという方も多くいます。
また、総合職として入社することも多いのが新卒採用です。希望する部署や仕事につけず、異動できる可能性が少ないと分かった場合、すぐに転職を決意するケースがあります。

ライフ(生活)

具体的には、「勤務条件(勤務時間・休日など)を改善したい」「過度なノルマなどによる職場での精神的なプレッシャーがつらい」といった理由で、特に営業職や販売職の方に多い傾向があります。
働き方改革が進む中、ワークライフバランスを重視する人材が増えています。求人媒体『リクナビ NEXT』の検索傾向(※)を見ても、「在宅勤務」や「土日休み」「転勤なし」「有休消化率」など「働き方ワード」が急激に上昇しています。
ただしこれはプライベート重視ということではなく、「仕事」と「生活」のバランスを大切にする価値観が広がっているといえます。

※参考:リクナビ NEXT「検索ワード」調査(2014 年~2019 年)

ポテンシャル採用を成功させるポイント

ポテンシャル採用を成功させるためにはいくつかのポイントがあります。

採用活動前に行うこと

通常の採用と同様に採用基準を設定する必要があります。ポテンシャル採用の場合は職務経験などでは判断できないため、コミュニケーション能力や問題解決能力、主体性、行動力など、どのようなポテンシャルに着目するかを明確化します。また、学生時代のリーダー経験や前職でのコミュニケーション経験など、他の業種や職種にも転用できるスキルを持った人材もいますので、そういったスキルを評価するのも一つの手法です。
また、ポテンシャル採用は中途採用に近い採用ではありますが、育成を前提とした採用です。戦力化に向けての研修やサポート体制を準備しておくことも大切です。

採用活動で重要なこと

ポテンシャル採用は、未経験者も対象となりますので、仕事に関する詳しい理解がない場合に、丁寧な情報提供を行うことが大切です。「誰に何をどうする仕事なのか」といった基本情報だけでなく、1日の仕事の流れ、チーム構成、サポート体制、職場環境、働き方、社風なども合わせて具体的に伝えると、自身の働く姿をイメージしやすくなります。求職者が転職を検討する際は、インターネットで情報をリサーチすることが多いため、採用ページ・求人媒体での情報提供も有効です。
選考にあたっては、採用候補者の潜在能力や価値観をうまく引き出しながら、事前に設定した採用基準にマッチした人材かどうかを見極めることが重要になります。たとえば、自己紹介や志望動機を語ってもらうことでコミュニケーション能力やプレゼン能力をはかったり、学生時代を含めた過去の経験から課題解決能力や行動力を見極めたりします。また、入社後の目標や具体的なキャリアビジョンについてすり合わせをすることも大切です。候補者の動機形成につながる他、入社後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

採用後のフォローアップ

ポテンシャル採用は即戦力採用とは異なりますので、企業側のフォローアップ体制が欠かせません。未経験であることを前提に、業務に関する研修はもちろん、OJT、メンター制度、定期的な面談などによるフォローアップは丁寧に行った方がよいでしょう。新卒向けのビジネスマナー研修から行う企業は少ないようですが、顧客接点のある仕事の場合などは、一定の接客レベルにまで引き上げるために実施するところもあるようです。
ポテンシャル採用で入社する方は、前職を短期で離職しているケースもあるため、「次こそは成果を出して活躍したい」といった焦りや、「次こそは長く働けるだろうか」という不安を感じている方が多いのも特徴です。企業側としては「できるだけ早く即戦力になって欲しい」という想いがあると思いますが、まずは時間と労力をかけてじっくり育てていく心構えが重要です。一緒に目標設定やキャリアプランの構築をしながら成功体験を積めるように意識することが、戦力化に繋がります。意欲あるポテンシャル人材が力を発揮しやすい環境づくりを目指して、ぜひ社内のフォロー体制を検討してみてください。

ポテンシャル採用で応募者に確認した方が良いこと

ポテンシャル採用は過去の実績ではなく、未来の可能性に焦点を絞った採用ですので、応募者が「将来に向けてどのようなキャリアビジョンを持っているか」が最重要となります。「専門性を突き詰めていきたい」「マネジメントにチャレンジしていきたい」など意欲や志向をしっかり把握し、自社の事業戦略に合わせて採用の意思決定を行いましょう。合わせて、給与などの条件面のすり合わせも欠かせません。入社時はこの位の月給でよいが、将来的にはこの位の月給が欲しいなど、相手の条件を聞き、こちらが提示できるものを明確にしておきましょう。

ポテンシャル採用を導入している企業

ヤフー株式会社

ヤフー株式会社は2016年10月から「新卒一括採用」を廃止し、新卒、既卒、第二新卒など経歴にかかわらず30歳以下の方であれば応募できる「ポテンシャル採用」を開始しています。ヤフー株式会社では下記のようにメッセージを出しています。
これまでの「新卒採用」と就業経験を重視する「中途採用」では、第二新卒や既卒などの方に対して平等な採用選考機会を提供できないこと、また昨今、海外留学生や博士号取得者など就職活動の時期が多様化していることから、従来よりも柔軟な採用の枠組みが必要であるとヤフーは考えています。

出典:ヤフー株式会社

サイボウズ株式会社

サイボウズは職種未経験でもIT業界に興味を持っていただける方に向けたチャレンジ採用枠としてポテンシャル採用を行っています。サイボウズ株式会社では下記のようにメッセージを出しています。
「募集要項で求められた要件を満たしていないが、サイボウズに興味がある」「これまでの経験を生かして、別の職種にチャレンジしてみたい」「IT業界は未経験だが、さまざまな業界での経験を持っている」など、年齢や過去の経験に縛られず、さまざまな背景を持つ方をお待ちしています。一人ひとりの「やりたい」「できる」という気持ちが切り拓く新しい可能性を、サイボウズは応援します。

出典:サイボウズ株式会社

ポテンシャル採用の注意点

「可能性」や「潜在能力」というものは曖昧で数値化しにくいものです。ポテンシャル採用を導入する際には、面接官や配属先の上司の目線を合わせる為にも、自社で求める人物像を明確にしておく必要があります。また、長期的な教育が前提になりますので、現場の受け入れ体制や、研修制度も今一度見直しましょう。社会人経験が短い人であればマナー研修なども効果的です。

合わせて読みたい/関連記事

採用手法
採用手法

ATS(採用管理システム)とは?<意味が分かる!>種類やメリットを解説

採用手法
採用手法

【中途採用】効果的な募集時期・採用時期を解説

採用手法
採用手法

RPO(採用アウトソーシング)とは?メリットや依頼のポイントなど事例も紹介

採用手法
採用手法

採用にAIを導入したらどうなる?導入事例を紹介