転職エージェント トップ > 転職用語集 > 電気・機械・自動車系技術職用語 > 押出成形

押出成形 (オシダシセイケイ)

押出成形とは、プラスチック成形方法の一つ。プラスチック原料を過熱シリンダ内で流動化させ、押出機で先端の口金(ダイス)を通過させることで形成し、水または外気で冷却固化させる方法。この押出成形加工を用いれば、熱可塑性プラスチックをどこを切断しても同じ断面形状を持った長尺のパイプ状に連続的に成形できる。しかも先端の口金の形状を変えるだけで異なる断面を持つ製品ができるため、非常に能率的な成形加工法といえる。押出成形は、電線やホース、パイプ、チューブ、シート、フィルム等の加工に広く用いられている。

  • 3分!年収診断
    簡単な質問に答えていただくだけで、すぐに年収の相場を診断できます!
  • 転職チェックリスト
    簡単な項目を入力するだけで、あなた専用のやることリストを作成。
    「今やらなければいけないこと」をお伝えします。

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの経験やご希望に合わせて、キャリアプランをご提案いたします。

転職情報メール(無料)

あなたに合った求人やイベントなどの転職情報をお届けします。

「転職情報メール」サンプル