Uターン・Iターン転職 > よくあるご質問

よくあるご質問よくあるご質問

(Uターン・Iターンを希望している地域に)求人はありますか?(Uターン・Iターンを希望している地域に)求人はありますか?

求人状況は、当然ながら地域によって異なります。
現在、多くの地域に共通する傾向としては、営業職、店長候補/スーパーバイザー、エンジニア(IT/電気・電子/機械)、建築施工管理などの求人は比較的豊富。地方でも景気が上向き、企業の戦略は攻めに転じています。これにより、「欠員補充」というより「増員」目的の求人が増えてきました。
対象とする年齢層は幅広いですが、20代半ばまでの第二新卒~30代前半くらいまでの層を求める求人が多くを占めています。

内定から入社までのスケジュールを教えてください内定から入社までのスケジュールを教えてください

通常の転職では、内定から1カ月~2カ月程度以内に入社することが求められます。しかし、Uターン・Iターンの場合は、住居の確保や引っ越し作業に時間を要しますので、それよりも半月~1カ月程度待ってもらえるケースが多いようです。
引っ越しを先に済ませておこうとする方もいますが、転職先が決まらないというリスクもありますので、お勧めできません。自宅を片付けて荷物を整理しておく程度なら早めに始めても構いませんが、物件を探すのは入社が決まってからの方がいいでしょう。転職先企業が、どの地域に住むのが便利かを教えてくれたり、物件探しや引っ越しのサポートをしてくれる場合もありますから。

なお、在籍企業での引き継ぎに備え、資料整理などを早めに進めておくのも手。引き継ぎがスムーズに進めば、退職前に有給休暇を消化しやすくなり、その時間を現地での物件探しなどに充てることができます。

転職活動スケジュール

地方への転職活動は、どう進めればいいのですか?地方への転職活動は、どう進めればいいのですか?

地方の求人情報の収集法としては、求人サイト、地元の求人誌/新聞・チラシ、自治体や地元経済団体などが運営するUターン・Iターン相談窓口などがあります。リクルートエージェントでも、一般の求人メディアでは公募されていない求人を含め、全国の求人情報をご提供しています。
リクルートエージェントにご相談いただいた場合、業種/職種によってはご紹介できないこともありますが、その場合は、ご希望に応じてより有効な情報収集法をアドバイスいたします。

Uターン・Iターン転職ならではの苦労は、遠隔地まで面接に出向く必要がある点です。特に複数の会社に応募する場合、効率よく面接を受けられるよう、綿密なスケジュールを立てる必要があります。面接設定について、ご自身で企業と交渉するのは大変ですので、エージェントの代行サービスも活用してください。
なお、地方企業でも、東京などに支社があったり出張の機会がある場合は、そこで面接を受けられるケースもあります。また、大都市圏で「Uターン・Iターン転職フェア」などが開催されることもあり、そちらに参加すれば、1日で複数企業の採用担当者と話をすることが可能です。

転職ノウハウ

面接までの交通費は、やはり自己負担ですか?面接までの交通費は、やはり自己負担ですか?

1次面接は、自己負担のケースがほとんど。2次面接以降は、負担してくれる企業もあります。
交通費を節約するためには、1次面接と2次面接を同日または1泊2日の間に済ませたり、複数企業の面接を1回の訪問内にまとめるようにするなどの工夫が必要です。ここでも、エージェントの「面接設定代行」の機能をご利用いただくと便利です。
また、上記でもお伝えしたとおり、各地に支社などがある企業であれば、最寄の拠点で面接を受けられる可能性もあり、その場合は交通費負担を軽くすることができるでしょう。

やっぱり気になる費用

「Iターン転職」に際して気をつけることはなんですか?「Iターン転職」って、受け入れてもらえるんですか?

北海道であれば「バイクツーリングやスキーを楽しみたい」など、地縁のない土地へのIターン転職は「遊びが目的」と思われがちです。そのため、以前は敬遠する企業も多かったのですが、ライフスタイルの多様化に伴い、現在は受け入れる姿勢の企業が増えています。

ただし、漠然とした憧れで来る人は警戒されます。TVで観たイメージだけに惹かれてくる人、過ごしやすい季節しか訪れたことがない人(北海道なら、夏には旅行したことがあるが、冬の厳しさを体験していない人)などは、移住後に理想と現実のギャップを思い知り、もとの地に帰っていくケースも見受けられます。Iターンを目指すなら、その地域の良いところも悪いところも理解し、それでも移住したいという熱意をアピールすることが大切です。
ただし、企業側には、成長のために他地域へとマーケットを拡大していく可能性があります。最初から、他地域への転勤を断固拒否するような姿勢では、受け入れられないかもしれません。

大都市圏でのビジネス経験者に期待している企業も多数あります。自分の一方的な移住希望を訴えるだけでなく、自分を採用することで相手企業にどんなメリットを提供できるかをアピールするようにしましょう。

Uターン・Iターン転職をご希望の方はこちらからお申し込みください。
専任のキャリアアドバイザーがご相談承ります。

(ご希望地域によっては求人が少ない場合がございます)