転職エージェント トップ > MR・メディカル専門職の転職 > あなたの人生が最高に輝く時 > 新人MRが必ずしなければならないこと

あなたの人生が最高に輝く時(ミクスOnline提供)あなたの人生が最高に輝く時(ミクスOnline提供)

新人MRが必ずしなければならないこと

ミクスOnline公開日 2013/4/1

【新人MRの味方】

『新人MRマニュアル』(MRの未来を考える会著、SCICUS<サイカス>・社内新書)は、地味な本だが、新人MRにとって心強い味方となってくれることだろう。

MR1年目は、目が回る忙しさを覚悟せよ、楽することを考えるな、と著者がはっきり宣告している。「医療のパートナー」に成長するために、全てのMRが経験しなければならない修業期間だというのだ。また、この期間をどう過ごすかによって、その後の運命が決まってしまうというのが、MR経験20年、MR育成経験20年の私の結論である。

【絶対にしてはいけないこと】

  • 得意先とのアポイントメントに遅刻する。
  • 名刺を切らしてしまう。
  • 靴音がカッカッと響く靴を履く(特に女性MR)。
  • 社内会議の場に先輩より遅れていく。
  • 自分のミスの言い訳・弁解をする。
  • 実地研修の場でドクター・薬剤師に不快な思いをさせる。
  • 先輩MRとの同行時、車の助手席で居眠りしてしまう。
  • 前任MRが食い込めていなかったドクター・薬剤師から冷たい対応をされたからといって、訪問しなくなる(こういう先こそ、これから大きく伸ばすチャンスと前向きに考えよ)。
  • 前任MRの引き継ぎ事項・情報を妄信してしまう。
  • ドクター・薬剤師との約束を破ってしまう。
  • ドクター・薬剤師からの質問に対して、自信がないことでも知ったフリをして答えてしまう。
  • MSとの約束を破ってしまう。

【必ずしなければならないこと】

  • 電話を受ける際には、必ずメモ用紙を用意する。
  • 実地研修中は、見たこと、感じたこと、学んだことを積極的にメモする。
  • 日々のMR活動をマメに上司に「報・連・相(報告・連絡・相談)」する習慣をつける。
  • 一度挨拶したドクター・薬剤師の名前は正しく覚える。
  • 担当医療機関のホーム・ページを事前にチェックする。
  • 前任MRからの引き継ぎ事項(担当エリア内の人口、医療機関の分布<病院○○院、診療所○○院、調剤薬局○○軒>、医療機関ごとの外来数・ベッド数<一般病床と療養病床>、自社製品の採用状況、競合品の状況、調剤薬局の購入額など)を頭に入れておく。
  • 日々のMR活動とMR認定試験対策を上手に両立させる。
  • ドクターの面談アポイントメントを取るときは、訪問目的を明確に伝える。
  • 少なくとも自社製品の安全性情報だけは完璧に暗記する。
  • 診療所担当の場合は、朝と夕、卸を訪問し、MSと情報交換をする。

【一段上を目指すために】

  • 先輩MRとの同行時、先輩に疑問点を率直に質問する。
  • 調剤薬局も定期的に訪問する。
  • 「P(Plan、計画)D(Do、実行)C(Check、評価)、A(Act、改善)サイクル」を回す。
  • 行動計画は紙に書き出す。
  • ドクターへの手紙を上手に活用する。
  • 他社MRにはこちらから積極的に挨拶し、友好関係を築く。
  • 最低限知っておくべき専門用語(統計、臨床試験・研究、卸の利益体系、医薬品業界内でよく使われる用語)は頭に入れておく。
  • いつもドクター・薬剤師の後ろに疾病で悩んでいる患者が存在することを忘れずに、MR活動を行う。

これらのことがきっちりできていたら、もっと凄いMRになれていたのにと、今更ながら反省頻りの私なのである(笑)。

イーピーエス株式会社
榎戸 誠

MRなどメディカル・医療業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったキャリアプランや求人情報をご提案させていただきます。