転職エージェント トップ > エンジニア転職 > ITコンサルタント特集

ITコンサルタント特集

ITコンサルタントを取り巻く状況

コンサルティングファームの採用ニーズが増加

近年、大手コンサルティングファームでは、IT戦略の立案はもちろんのこと、システムの設計から開発、運用・保守にいたるまで、トータルに対応するスタイルが主流となっている。顧客の経営課題や業務課題解決に深くコミットし、システムの上流工程から下流工程までをワンストップで提供する企業が増えているのだ。
サービスラインの拡大に伴って、昨年後半あたりからコンサルティングファームの採用ニーズが高まり始めている。ITコンサルタントへの転職を目指すエンジニアにとっては好機到来といえるだろう。

多様なキャリアを受け入れられる土壌がある

前段で述べたとおり、コンサルティングファームがIT戦略の立案から保守までをトータルに担うケースが増えているため、競合する企業も様変わりしている。これまでのように同業のコンサルティングファームだけでなく、SIerやシステムアウトソーサーといったプレーヤーとも競い合う関係になっているのだ。
そうした状況を考えると、SIerなどに勤めているエンジニアにとっても、コンサルティングファームにおいて活躍できるフィールドがあるということになる。大手のコンサルティングファームほど、自分のキャリアとマッチするフェーズが多くなるため、転職希望者としてはアプローチしやすい環境だといえるだろう。業務や経営により近い立場で技術と関わっていきたいというエンジニアにとっては、願ってもないチャンスだ。
ただし、ビジネス領域の重なりが大きくなったとはいえ、コンサルティングファームが求めている人材像は、他のIT関連企業とは異なることも多い。転職活動に踏み出す際には、自身の仕事に対する姿勢や志向を、いま一度見直しておく必要もありそうだ。

こんな人が求められている!コンサルタント適性の高いエンジニアとは?

「技術力+業務知識+折衝能力」がポイント

コンサルティングファームへの転職で求められるスキルは、まず技術と開発経験。それに加えて業務知識や折衝能力なども重視される傾向が強い。
コンサルティングファームのエンジニアの場合、接点となる顧客が技術者だとは限らない。顧客が小売業であれば、販売の現場で働くスタッフから業務についてヒアリングすることもある。また顧客が金融機関であれば、為替や金融商品に関する専門知識などが必要になることもあるだろう。技術偏重型のエンジニアよりも、業界動向や業務知識にも詳しいエンジニアの方が有利だといえそうだ。また顧客と接する機会が多いため、コミュニケーション能力や折衝能力についても着目される。システムの設計や開発に携わりながらも、顧客対応のフェーズに関わっている人材であれば、コンサルティングファームへのアピール度は高い。


サービス業に近いマインドが求められる

前段で述べたようなスキルに加えて重視されるのは、コンサルタントとしての素養だ。自分が取り組んでいる業務に対して、常に問題意識をもち、それに対して主体的に解決策を考え、アクションを起こせるか否か。そうしたことが、過去のキャリアを通して問われることになる。
あるコンサルティングファームの人事担当者は、「ITコンサルタントはサービス業である」と言い切る。顧客が抱える問題が解決し、担当者の喜ぶ顔を見ることに醍醐味を感じるこの仕事は、極めてサービス業に近いというのだ。コンサルティングの目的は、あくまでクライアントが抱える問題を解決すること。システム開発は問題解決のための手段でしかない。優れたシステムを開発することに専心する「ものづくり」的な志向だけでは、顧客のニーズに応えきれないことも多い。クライアントの問題に対して常に当事者意識をもち、お客様の立場になって仕事に取り組む気概が求められる仕事だといえそうだ。

リクルートエージェントは、豊富な実績と経験で書類選考から面接対策まで、ITコンサルタントを目指すあなたをしっかりサポートします。

ITコンサルタントへの転職 選考のポイント

ロジカルに、深く掘り下げて考えているか否かを問われる

業界・職種を問わず共通する選考のポイントではあるが、特にコンサルティングファームの面接に際には、「顧客との商談の場である」という認識で臨んで欲しい。自分という商品を、どれだけ説得力をもって顧客=面接官に売り込むことができるかという勝負になる。
面接官の質問の傾向としては、一つのことを深堀して尋ねられることが多い。たとえばある質問に対して「○○です」と答えると、「その答えに至った根拠は何ですか?」「なぜ○○ではないのですか?」という質問が何度も繰り返されることがある。そういった質問を通して、論理的な思考ができているか、問題を深く掘り下げて考えられるか人物か、ということが問われることになる。
また、基本的なことではあるが、第一印象はとても大事。身だしなみに気をつけるのはもちろん、相手に不快感を与えるような仕草や会話のクセがないか、日ごろから気をつけておくことも大切だ。


「ミクロの視点」と「マクロの視点」の両方をもつことが大事

自分が担当したシステムに限っては流暢に語れるものの、そのシステムの全体像や開発目的について質問をされると、途端に口が重くなるエンジニアは意外と多い。顧客のビジネスにおけるそのシステムの役割が何で、その中のどこに自分が関わり、どのような意識をもって取り組んでいたのかを充分に把握できていないため、答えることができないのだ。ITコンサルタントに求められるのは、課題にフォーカスして施策を具体化するための「ミクロの視点」と、その施策が経営全体の中でもつ意味を俯瞰して捉える「マクロの視点」。その双方を兼ね備えているか否かということは、面接でも必ず着目される。自分が携わる仕事に対して、常にそうした意識をもって仕事に取り組むことは、エンジニアとして成長していく上でも大切なこと。転職する・しないに関わらず、日頃から意識しておくべきだろう。

リクルートエージェントは、豊富な実績と経験で書類選考から面接対策まで、ITコンサルタントを目指すあなたをしっかりサポートします。

ITコンサルタントの求人に応募するには?

ITコンサルタントを募集している企業の多くが、転職エージェントを利用して採用活動をおこなっています。リクルートエージェントは、No.1転職エージェントとして、数多くのITコンサルタント求人のご紹介を行っています。

ITコンサルタントの求人ならリクルートエージェント。

あなたの転職の情報源のひとつに、リクルートエージェントを。