転職エージェント トップ > エンジニア転職 > 社内SE特集

社内SEの仕事とは?

「発注する側」への転身。応募が殺到する人気の職種

情報システム部などで、、自社のためのシステム開発に携わっているのが社内SE。「発注される側」から「発注する側」へとドラスティックにキャリアチェンジできることもあって、エンジニアから人気が高い職種だ。SIerのように顧客から発注された案件のシステム開発に携わる場合、エンジニアとエンドユーザーとの接点は少ないが、社内SEはユーザーである社員の声を直に聞くことができるため、やりがいを感じるエンジニアは多い。
また、社内の要望や課題を見据えて企画段階から開発に関われる点や、開発メンバーとの一体感が得られる点なども、社内SEの魅力だといえよう。SIerに比べて残業時間が少ない企業が多いことを、転職の理由に挙げるエンジニアも多い。

業務を正しく理解し、適性を見極めてからアクションを

多くのエンジニアにとって社内SEは魅力的な仕事だが、事前に抱いていたイメージと実際の業務との間にギャップが生じやすい職種でもあるので、注意が必要だ。社内SEの日頃の業務は、一部の企業を除いてシステムの保守・運用が大半を占めているのが実情。入社した企業がシステムを刷新するタイミングでない限り、PCのセットアップやシステムに関する社内のクレーム対応まで、日々、地道な業務に終始するエンジニアも多い。
最新の技術に触れる機会が減る一方、人との折衝能力、予算やスケジュールの管理能力などが問われる場が増えるので、自分の適性や目指す方向性をしっかり見つめ直してから、転職活動をスタートすることが賢明だ。

こんな人が求められている!社内SEの転職ポイント

求められるのは「業務知識」「予算管理能力」、「対人スキル」

今年度から来年度にかけて、中小企業を中心にIT関連の投資は増加傾向にある。そのため社内SEの採用ニーズも増えると予想できるが、人気職種であるだけに、応募者には高いレベルのスキルが求められることになりそうだ。
社内SEを募集する企業の大半は、業種ごとの業務知識を求めるケースが多い。システムを構築・運用するには、業務フローを充分に理解している必要があるのはもちろん、業種ごとの専門知識や慣習に精通している方が望ましいからだ。
また、予算管理の経験を積んだ人材へのニーズも高い。発注先から出された見積書を精査し、料金交渉をするに当たって、ベンダー側の立場での予算管理経験をアピールできるのは大きなポイントだ。
発注先との折衝能力や、社内スタッフとの調整能力など、対人スキルが必要な職種であることも考え併せると、クライアントとの打ち合わせからシステム開発、見積作成、料金交渉までを一貫して担当したことがある人材は、採用ニーズが高いといえる。


語学力を求める企業も増加中

海外進出を積極的に推し進める企業や、外資企業との合併などを行った企業のなかには、社内SEに英語力を求める求人も増えている。英語力をアピールできる人材であれば、トライできる企業の幅が広がるとともに、より良い条件で転職できる可能性も高まるだろう。
また、例えば二種証券外務員資格などの業務に直結した資格や、ITベンダーの資格についても、転職成功の可能性を高めるプラス要素であることも覚えておきたい。

リクルートエージェントは、豊富な実績と経験で書類選考から面接対策まで、社内SEを目指すあなたをしっかりサポートします。

社内SEのキャリアプラン

まずは将来のキャリアプランを見つめ直す

社内SEから、SIerへの転職は、一般的に難易度が高いといえる。システム開発の現場から離れることで、技術的な知識が更新されなくなることが多いためだ。そのため、再び社内SEへの転職を目指すケースが多くなるが、“社内SEの求人で、社内SE経験者を募集する”という求人は、そう多くないのが実情だ。
また、気になる年収については、SIerから社内SEに転職した場合、一部の大手企業を除いてダウンすることが多い。これから転職を検討する場合は、自分のキャリアプランを充分に考えた上での選択が重要だ。

エンジニアとして日頃から高い意識をもつことが大切

どのような業種の企業であれ、社内システムを戦略的に整備することは、事業の成長に欠くことができない要素。そして、それを支えているのが社内SEだ。日頃から自社が抱える課題をしっかりと見極め、業界や経済の動向を把握することで、自社の成長を促すシステム戦略をプランニングすることが可能になるはず。常にそうした観点で、技術と企業経営を俯瞰するトレーニングをしている人材は、転職後に社内SEとして活躍できる可能性も高い。より良い転職を実現させるためにも、日頃の意識のもち方が大切であるといえるだろう。

リクルートエージェントは、豊富な実績と経験で書類選考から面接対策まで、社内SEを目指すあなたをしっかりサポートします。

社内SEの求人に応募するには?

社内SEを募集している企業の多くが、転職エージェントを利用して採用活動をおこなっています。リクルートエージェントは、No.1転職エージェントとして、数多くの社内SE求人のご紹介を行っています。

社内SEの求人ならリクルートエージェント。

あなたの転職の情報源のひとつに、リクルートエージェントを。