転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 転職活動しているのに、なかなか決まらないのはなぜ?

転職活動しているのに、なかなか決まらないのはなぜ?

「転職を決意して、積極的に応募しているのに、なかなか決まらない。どこがいけないんだろう?」
──そんな悩みを抱えてはいないでしょうか。
リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが、うまくいかない原因と、その打開策をお伝えします。

リクルートエージェント ジョブコーディネーター 荻原 恵
リクルート(旧:リクルートキャリア)の転職エージェントサービス「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして、主に事務職を担当。

転職がなかなか決まらない人の特徴は?よく見られる3パターン

積極的に転職活動をしているのに、なかなか選考を通過できない――その理由には、いくつかのパターンが見られます。

経験・スキルを適切にアピールできていない

転職市場で十分に評価される経験・スキルを持っているのに、「これくらい誰でもできる」「こんな経験、たいしたことない」と思い込み、自信が持てない人がいます。謙虚であることは一般的に美徳とされますが、面接において謙虚になり過ぎてしまっては、相手企業に強みが伝わりません。

また、自信がない人は、チャレンジする勇気が持てず、企業への応募も控えめ。結果、選択肢が狭くなって、なかなか決まらない傾向も見られます。

自信がある経験・スキルを一方的にアピール。企業側の目線を意識していない

上記とは反対に、自分の経験・スキルに強い自信があり、それを全面に出してアピールする人も採用を見送られがち。本人としては自信を持っているだけに、うまくいかない理由がわからず、行き詰ってしまいます。

このパターンでつまずく原因は、自分がアピールしたいことを一方的に話すだけで、「相手企業が何を求めているか」を意識していないところにあります。

企業側としては、「すばらしい経験・スキルを持っているのはわかりました。では、当社ではどんな貢献をしてくれるのですか?」ということを聞きたいのです。そこで納得を得られなければ、採用には至りません。

ですから、「私にはこんな経験・実績があります」だけでなく、「私のこの経験を、御社でこのように活かしたいと思います」と伝えることが重要。それができていない人は、「うちの会社のことをよく理由していない」と思われてしまいます。

狙う企業が自分に合っていない

「人気企業だから」「商品が好きだから」「事業内容・仕事内容が面白そうだから」――そんな理由のみで応募先企業を選んでいては、なかなか決まりません。先ほども触れましたが、「相手企業のニーズ」を意識することが大切です。

自分の経験・スキルが、相手企業が求めているものとマッチしないと、選考をクリアできません。もちろん、憧れの企業や興味のある企業に思い切ってチャレンジするのはいいのですが、早く転職を実現したいのであれば、「自分の経験・スキルが活かせるのはどんな企業か」を見定めて応募する必要があります。

「転職がなかなか決まらない」を打開する方法は?

「なかなか採用されない」という状況を脱するためのポイントは、「自己分析」と「企業研究」です。
自身の経験を振り返って整理し、何が強みなのかを正しく把握しましょう。自分の強みがわかれば、それを活かせる企業を選び出しやすくなり、結果、選考通過率もアップします。

そして、応募先企業が決まったら、その会社の事業内容や仕事内容をしっかり調べ、どんな経験・スキルを求めているかをつかみます。自分の経験・スキルから、それとマッチする部分をピックアップし、面接で詳しく伝えましょう。

「自分の強み」「相手企業が求めているもの」を知ることは、自分一人では難しいこともあります。その場合は、転職エージェントのサポートも活用してください。

また、今、選考でつまずいているポイントが「書類選考」なのか「面接」なのかでも対策が変わってきます。以下をヒントに、今の活動を見直し、改善してみてください。

書類選考で落ちる人は……職務経歴書をブラッシュアップ

いつも書類選考段階で落ちてしまう人は、次のポイントを意識して職務経歴書をブラッシュアップしましょう。

経験したことをすべて書く

「隣の部署のプロジェクトを少しだけ手伝った」「半年間だけ、臨時で○○業務を担当した」など、少しでも携わった経験があれば職務経歴書に記載しましょう。サポートしただけの経験でも、意外とプラス評価されることもあります。

「成果」「プロセス」も書く

所属部署、担当業務をただ書き並べるだけでは不足。「どんな課題に対し」「どんな戦略や計画を実行し」「どんな成果を挙げ」「どんな学びを得たか」まで書きましょう。そうすれば相手企業は、あなたの「活躍イメージ」を描くことができます。

アピールポイントを強調して目立たせる

特に強みとすること、応募先企業で取り組みたいことなど、強調して伝えたいポイントは、最後に「自己PR」欄を設けて記しましょう。

* 【参考記事】転職の書類選考で落ちるのはなぜ?通過率を上げるポイントは?

面接で落ちる人は……面接段階に応じて、語るべき内容を事前準備

まずは、面接でよく聞かれる質問、重要な評価ポイントとなる質問に対し、しっかりと自分の考えを話せるように準備しましょう。最低限でも、次の質問項目に対して、どう答えるかを考えておいてください。

● なぜ転職しようと思ったのですか?
● なぜ当社を志望したのですか?
● 入社したらどんな仕事がしたいですか?
● この仕事には何が大切だと思いますか?
● あなたの仕事観を聞かせてください。
● 仕事上の成功談、失敗談を聞かせてください。

また、多くの人は意識していないのですが、面接官によって「注目しているポイント」が異なることを理解しておきましょう。面接回数は企業によって異なるものの、多くの場合は2~3回。一般的には、面接官は1次:人事担当者、2次:配属先の上長 3次(最終):経営者・役員です。

それぞれの面接官が注目しているポイントとして、もちろん企業・担当者によって異なりますが、次のような傾向が見られます。

人事担当者

● 現場が求めている経験・スキルの基本要件を満たしているか
● 自社の社風やカルチャーにフィットしているか

配属先の上長(現場の責任者)

● 任せたい仕事に見合った経験、スキルを持っているか。あるいは、これから身に付けていける素養があるか
● 職場になじめるキャラクターか(※同じ企業でも部署によって風土・カルチャーが異なることも)

経営者・役員

● 中長期的に成長し、会社を支える存在となってくれるか
● 組織が抱える課題にフィットしているか
● 目指す方向性が、自社の理念・ビジョンと一致しているか

もしかすると、これまでうまくいかなかった原因は、面接相手に応じた適切なアピールができていなかった可能性もあります。上記を踏まえ、何を重点的に伝えるのかを準備しておきましょう。

* 【参考記事】いつも面接で落ちてしまう─うまくいかないのはなぜ?

なお、「1次・2次面接は通過できるのに、なぜか最終面接で落とされてしまう……」という人もいると思います。最終面接相手である経営トップ層は、先に挙げたとおり、「今、何ができるか」ということ以上に、「将来にわたりどう活躍、貢献してくれるか」「自社が目指す方向性と一致しているか」に注目しています。

「だから、他社ではなくこの会社でなければならない」という「志望動機」、そして「入社後、目標とするビジョン」を自分の言葉で語れるようにしておきましょう。

* 【参考記事】「最終面接」は何が違う?聞かれることと回答のポイント

転職活動がうまく運ばないと、気持ちも落ち込んできます。そんなときは、転職エージェントを「パートナー」として活動してはいかがでしょうか。うまくいかない原因分析、対策のアドバイスを受けられるのはもちろん、「自分の味方」が活動に伴走してくれるので、きっと心強いと思います。

あわせて読みたい参考記事

* 自信はあるのに書類選考で落ちる…行き詰って転職エージェントに相談
* 転職活動がうまくいかない!原因はどこにある?どう対策すればいい?
* 面接準備・対策はどんなことをすればいい?
* 転職活動の流れー転職サイト・転職エージェントを利用する場合ー

リクルートエージェントでは企業ごとの特色だけではなく、面接で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることも可能です。面接対策や応募書類の作成が自分一人では難しいと感じる方は、ぜひご活用ください。
※ただし、ご経験・ご要望によっては、サービスをご提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください。