転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 「大手企業への転職」を目指す際に重視するポイントとは?

「大手企業への転職」を目指す際に重視するポイントとは?

誰もが知っている人気企業や東証1部上場企業などの、いわゆる“大手企業”に憧れ、転職を目指している人は多いことでしょう。一方で、大手企業は人気があるだけに、この採用難の時代にも「狭き門」というイメージがあるようです。

どうすれば大手企業への転職を実現できるか、人事歴20年超、転職市場の動向に詳しい「転職のプロ」曽和さんに聞いてみました。

曽和利光さん

株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャー等を経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『コミュ障のための面接戦略』(講談社)など著書多数。

大手企業もタイプはさまざま。中途採用の門戸を開いている企業も多い

ごく一部の超人気企業や、新卒採用メインで中途採用をほぼしないような企業は別ですが、この採用難の時代、大手企業と言えど「高嶺の花」ということは決してありません。よく言われている「中小企業から大手には転職できない」なんてこともまずありません。

どうしても大手に転職したいならば、方法はいくつか考えられます。自身に当てはまる方法、自身の志向に沿っている方法に挑戦してみてください。

専門性を活かす。ないなら磨く

多くの大手企業は、中途採用においては高い専門性を求めています。例えば、新規事業を始める際、社内に知見を持った人がいないので、その分野の知識に長けた人を外部から採用する…といった動きです。

例えば、数年前に大手出版社が相次いで電子書籍に進出した際、電子出版系の中小企業出身者が多数採用されました。このように、大手が「そのとき求めている専門性」を持っていれば、新卒時には高根の花だった大企業に転職できる可能性もあります。

「何らかの専門性を持っている」という人は、それを活かせる企業を探してみると、大手企業の求人にたどりつけるかもしれません。大手の転職情報を多数保有している転職エージェントを活用するのも一つの方法です。

もしまだ専門性がないのであれば、転職してみたいと思う大手企業の中途採用ホームページを見て「求める条件」をチェックし、それに関するスキルを磨くことをお勧めします。数年はかかるでしょうが、求められる専門性を身につけることができれば、いつかタイミングが訪れるかもしれません。

積極的に中途採用を行っている大手を狙う

中には、定期的にまとまった人数を中途採用している大手もあります。特に営業職であれば、不動産や保険、製薬会社のMR(医薬情報担当者)など。探せば「新卒採用も行っているけれど中途採用がメイン」という大手企業は意外にあります。

ただ、これらの企業は間口が広い分、入社後の競争が激しく、脱落者も多いという側面があります。実力主義の厳しい環境で、勝ち続けることが求められますが、そのような環境でも頑張り抜くと覚悟を決められるならば、注目してみてもいいかもしれません。

大企業の穴場・BtoB企業を狙う

つい一般的な知名度が高い「BtoC企業」にばかりに目が行きがちですが、グローバル市場でトップシェアを持つ、モノづくり系「BtoB企業」は実は多いのです。そして、大企業でありながらもBtoC企業に比べて知名度が低いため、中途採用でも比較的ライバルが少ない傾向にあり、狙い目です。

知名度が低いだけに、新卒採用で予定採用人数が充足せず、第二新卒で充足させようとする動きも高まっているため、若手ならば注目する価値大です。

地方の大手企業、郊外に本社がある大手企業に注目する

「大手」という軸が譲れないならば、地方に本社がある大企業に目を向けるという手もあります。

地方にある大企業は、これまでは地元大学からの志望者を囲い込めていたため、採用に困ることはありませんでした。しかし、ここ数年の売り手市場を受け、都心の大手企業がどんどん地方採用を強化しており、採用予定人数を確保できないケースが増加。そのため、UIターン採用に乗り出すところも増えています。地方出身者は、これを機にUターンを考えてみてもいいかもしれません。

なお、地方まで行かずとも、「本社が郊外」というだけで、大手でも競争率は下がる傾向があります。例えば、東京都下や横浜以外の神奈川、埼玉、千葉など。電車ですぐの距離なのに「郊外」というイメージだけで応募を見送る人が少なくないようです。多くの場合、「下り電車」に乗ることになるため、辛い満員電車も避けられます。

外資に目を向けるのも一つの方法

「大手という肩書がほしい」のであれば、外資に目を向けるのも手です。外資というと、コンサルティングや金融というイメージが強いですが、メーカーなどのBtoB企業も数多く進出してきています。特に、これから日本市場に本格的に入り込みたいと考えている外資は採用を拡大しており、転職チャンスも大。日本支社は小規模かもしれませんが、本国では「大手企業」です。

大手企業と中小企業、それぞれの良さを知ろう

大手企業を目指す人の中には、現在中小企業で働いている人も多いことでしょう。その理由はさまざまだと思いますが、大手企業、中小企業それぞれに魅力があります。それぞれのメリットを理解したうえで、大手企業が本当に自分の志向ややりたいことに合っているかどうか確認してみましょう。

大手企業で働くメリット

リソースが潤沢にある

大手企業は内部留保額が大きく、金銭的に余裕があるのが特徴。中小企業に比べると経営に安定感があり、平均給与も高い傾向にあります。

これは仕事を進めるうえでも大きなメリットになります。例えば、新商品を拡販したい時、大量の広告を打つことができるでしょう。人材リソースも豊富なので、全国の支店、営業所を巻き込んで一気に営業展開することも可能。このスケール感は大手ならではです。

専門性を磨きやすい

多くの大手企業の場合、業務が分業化されています。一人あたりの担当領域が決まっているので、それぞれが自身の領域のスペシャリストになれます。もしも専門外の知識が必要になっても、社内に必ずその道のプロがいるので、その人を巻き込んだり、知識を得たりすることが可能。スペシャリスト集団を集めてプロジェクトを進めることもできます。

何かあった時の「逃げ場」が豊富にある

これは若手の場合に限られますが、万が一配属先の仕事がどうしても苦手、上司や部下とどうしても合わない…などという場合、別の課やほかの部署に異動することも不可能ではありません。今の部署では力が発揮できなくても、別の部署で花開く可能性は十分に残されています。

中小企業で働くメリット

若くして責任者を任される可能性が高い

大手企業に比べると人材リソースが少ないですが、だからこそ若くして裁量権を与えられ、責任ある役職に抜擢されるチャンスがあります。常に人手が足りないので、自分の意思に関係なく「自分が役職に就くしかない」という場面もあるでしょう。

転職市場では、「マネジメント経験者」と「未経験者」で市場が明確に分かれます。中小企業であってもマネジメントを経験していれば、「マネジメント経験者」市場に入ることができ、転職において有利に働くでしょう。マネジメント経験は専門スキル。大手企業に役職者として転職できる可能性も十分にあります。

一気通貫で仕事ができる

中小企業は人数が少ないため、一人が多くのことを担当します。例えば人事の場合、大手ならば採用担当、教育担当、労務担当などと分かれていますが、中小ならば一人の人が採用も教育も労務も行いますし、それどころか総務や広報まで担当しているケースもたくさんあります。

人は、仕事の結果とそれに対するフィードバックを学びとして、成長していくものです。仕事の全体感をつかみ、結果を受け止めながら仕事をするのは、能力開発においてはプラスに働きます。早く成長したいと考えるならば、中小企業で経験を積み、スキルを磨いたほうが得策と言えそうです。

 

ーー豊富なリソースをベースに、整備され安定感のある環境の中でスケールの大きい仕事ができる大手企業。片や、さまざまな仕事を任され、早くマネジメント経験もできる、そして業務の全体感を把握しながら仕事を進められる中小企業。

ここに挙げたメリットは代表的なものですが、これらの「大手企業で働くメリット」「中小企業で働くメリット」を参考に、本当に大手企業に転職することが自分にとって幸せなのか、今一度考えてみることをお勧めします。