転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書の「健康状態」欄の書き方(書き方見本付き)

履歴書の「健康状態」欄の書き方(書き方見本付き)

履歴書の健康状態欄には、何をどのように記載するべきでしょうか。持病や不調がある場合、どこまで詳細を伝えれば良いのでしょうか。ケースに合わせた健康状態の書き方について説明します。

採用担当者はどう見ているか?何を知りたいか?

健康状態欄は、面接担当者が応募者の心身の状態を把握し、業務に支障がないことを判断するために設けられています。
応募者の中には通院・治療をしながら就労する人もいます。そういう人に対して、企業が具体的にどのような業務調整をすべきかを確認するという目的もあります。

業務に支障がない場合は「良好」と記載する

健康状態が良好な人はもちろんのこと、たとえば、“風邪を引きやすい”“血圧が高め”“片頭痛持ち”といった不調があっても、業務に支障がなければ「良好」と書いて問題ありません。
健康面に自信があり、タフさをアピールするのであれば、「きわめて良好」「前職では〇年間、無遅刻無欠勤でした」というように記載するのも有効でしょう。

業務上、配慮してほしいことがあれば、こんな書き方を

ここでは、業務に支障はないけれど、治療中、あるいは既往症があるなどで、仕事をする上で企業側に配慮してほしいことがある場合の参考例を紹介します。

 通院などで業務の調整が必要な場合

病歴・病状を詳しく説明する必要はありませんが、業務の調整が必要なときは治療内容と通院の頻度を記します。あらかじめ伝えておいたほうが、入社後も周囲の理解を得やすく、スムーズに業務調整できるでしょう。また、定期的な通院の必要はあるものの、休日や業務時間外で調整できる場合は記載しなくても構いません。

【記入例】月一回、火曜日の午前中は〇〇治療のため通院が必要です。

前職の退職理由が健康状態によるものだった場合

過去に病気やケガをして、それが前職の退職理由に関連する場合、現在の健康状態は良好であり、業務に支障がないことを伝えます。より企業側に安心感を与えたい場合は、応募時や1次面接時に医師の診断書を添えても良いでしょう。

【記入例】良好。完治しており、業務に支障はありません。

現在の健康状態は良好であるけれど、完治していない、あるいは経過観察のための通院が必要な場合は通院頻度を記します。この場合も、医師の診断書を添えることで、入社後に安定的に勤務できることを企業に伝えることができます。

【記入例】良好。業務に支障はありませんが、定期健診のため3ヶ月に一度、通院が必要です。

ただし、転職は精神的にも退職的にも負担がかかります。病気療養からの職場復帰へのタイミングや勤務形態は慎重に判断しましょう。

健康状態は企業に必ず伝えなくてはならないか?

求職者の中には、「選考に影響するかもしれないから健康状態を企業に伝えたくない」と考える人もいます。
個人情報保護の観点から、選考段階で企業に病歴や既往歴を含む健康状態を伝えることは必須ではなく、最終的には求職者の判断となります。健康状態を企業に伝えたくない場合は、健康状態欄のないフォーマットを使用するという選択肢もあるでしょう。
ただし、企業側には業務に支障がないかを判断する必要があります。経験や人柄が採用条件にマッチしていれば、病気を患っていたとしても採用に至りますし、入社後の業務を調整してもらうことも可能です。中長期的に考えても正直に伝えることをおすすめします。

参考記事:履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き)