転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 「転職できない」と悩んだら。転職できない場合の傾向と改善策

「転職できない」と悩んだら。転職できない場合の傾向と改善策

転職 できない

転職成功は、企業の採用ニーズや求職者の経験・スキル、応募する求人の選び方や応募書類・面接のテクニックなど、様々な要素が影響して実現するものです。そのため、「転職がうまくいかないけど理由や対策が分からない…」と悩む方も少なくありません。そこで、転職がうまくいかないケースの傾向や改善策を、人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏が解説します。

「転職できない」=「人材としてのニーズがない」わけではない

転職活動がうまくいかず、書類選考や面接で不採用が続いてしまうと、「社会に求められていない」「資質が足りないのでは」と感じるかもしれませんが、そのようなことはありません。転職は、「企業(の採用ニーズ)」、「求職者(本人)」、「ライバルとなる他の求職者」のバランスで成り立っています。「転職ができない」という場合は、マッチした企業に応募していなかったり、アピールが足りなかったりしているだけなので、転職活動の方法を見直せば転職先が見つかる可能性は高くなります

何度も不採用が続くと、徒労感やストレスが溜まりやすくなりますが、後ろ向きになりすぎず、応募先の選定やアピール方法を工夫することをお勧めします。場合によっては、転職活動を休止し、リフレッシュする機会を設けるなどして、気持ちの切り替えを図ってみましょう。

「転職できない」転職活動の4つの傾向

転職先がなかなか決まらない場合、どのような傾向があるのでしょうか。代表的なケースをご紹介します。

自己分析ができていない

自己分析は、これまでの経験を振り返り、仕事の強みや得意分野を明らかにするものです。自己分析が十分でないと、自身の志向にマッチしない求人に応募したり、自己PRが足りなかったりして、転職活動が難航する可能性があります。また、転職が実現できたとしても、入社後にミスマッチを感じたり、強みを発揮できなかったりするリスクもあります。強みを活かして活躍できる環境を得るために、事前にしっかりと自己分析を行っておきましょう。

転職活動に欠かせない「自己分析」の4つのステップとは?

転職に求める条件や優先順位が適切でない

業界や職種、年収や勤務地など、転職に求める条件が定まっていないと、転職活動が行き当たりばったりになってしまい、正しく判断することができなくなります。また、条件が複数ある場合は、優先順位を明確にしておかないと、応募する求人が極端に少なくなってしまったり、求人を選びきれなくなったりする可能性があります。転職先にはできるだけ良い条件を求めたくなってしまうかもしれませんが、全ての希望を叶えるパーフェクトな求人はなかなか見つかるものではありません。また、条件の良い求人にはライバルとなる他の求職者からの応募も集まります。「絶対に叶えたい条件」を明確にすることで、優先順位をつけることができるでしょう。

応募書類や面接でアピールができていない

せっかく良い経験・スキルを持っていても、応募書類や面接でアピールが不十分だと、不採用になる可能性があります。自己分析でキャリアを振り返り、どのような経験・スキルを中心にアピールするのかを整理しましょう。また、応募書類や面接での伝え方が独りよがりになっていないか、応募企業が求めている人物像にマッチしているかを見直すことをお勧めします。転職エージェントを利用している場合は、キャリアアドバイザーに応募書類の添削や、模擬面接を実施してもらうという方法もあるでしょう。

応募・面接の進め方が適切ではない

求人を厳選して1社ずつ応募し、書類選考や面接の結果が出てから他の求人に応募していると、転職活動が長期化する可能性が高くなります。
選考は他の求職者との相対評価です。経験・スキルがマッチして最終面接まで進んだとしても、他にもっと評価の高い求職者がいた場合は、最終面接が終わった後に「採用は見送り」となるケースもあります。1社1社応募していると、応募から最終面接まで1カ月近くの時間をかけて、ゼロスタートとなるリスクがあるのです。また、1社の選考結果を待っている間に、他の魅力的な求人の採用枠が埋まってしまうかもしれません。

応募する求人は厳選しすぎず、一部でも経験・スキルや希望に合致していて興味関心があれば、「面接で話を聞いてみて判断する」くらいの気持ちで臨むようにしましょう。

内定を得るための転職活動の改善策

応募した企業から内定を得て転職成功するために、4つの改善策をご紹介します。

選考過程を分析し、原因を特定する

転職ができない理由が明らかにならないと、手の打ちようがありません。転職活動のプロセスで、どこがつまずいているのかを特定しましょう。

転職活動は、「書類選考」「面接」と進みます。もし書類選考を通過しないのであれば、「応募求人を見直す」「応募書類を見直す」、または「応募する求人を増やす」のいずれかが解決策となります。「応募する求人が選べない」「何をアピールしていいのか分からない」という場合は、まず自己分析から始めましょう。応募する求人が少ない場合は、転職サイトや転職エージェント、知人の紹介(リファラル採用)など、応募する手段を増やすという方法もあります。

面接を通過しないのであれば、書類選考はパスしているため、面接対策をしっかりと行うことで通過率が改善されるでしょう。

自己分析し、転職の方向性を定める

「やりたい仕事」や「好きな仕事」が、「得意な仕事」とは限りません。「転職活動がうまくいかない」と感じた場合は、これまでのキャリアを振り返り、自己分析を通じて強みや得意分野、転職の方向性をもう一度見直してみましょう。

また、転職の目的が“現職の不満解消”になっているケースも多いものです。面接で転職理由を問われた際に、ネガティブな理由だけを伝えてしまうと、採用担当者から「入社後活躍の可能性」や「定着性」を疑問視されてしまいます。入社後に実現したい「転職の目的」を明確にしておくことが重要です。

面接で話を聞いてから判断するようにする

求人に記載されている情報だけで判断して応募先を厳選しすぎると、キャリアの可能性が狭くなるかもしれません。面接で具体的な話を聞くことで、転職の目的や価値観が変化することもよくあるケースです。また、自身の経験・スキルに対する企業のニーズや、業界事情を得ることができるメリットも。面接で得られた知識や経験が、その後の転職活動に活かせる可能性もあるので、求人を厳選しすぎず、自身の目で確認してみましょう。

第三者からのアドバイスも参考にする

単身で転職活動していると、視野が狭くなったり孤独を感じたりすることもあります。家族や知人、転職エージェントなど、第三者にアドバイスを求めることによって、転職活動の助けになる可能性があります。特に転職エージェントのキャリアアドバイザーは、豊富な転職支援実績から得られた転職活動のノウハウを持っています。求人の選び方や応募書類の作成方法、面接へのアドバイスを受けることで、新たな道筋が開けるかもしれません。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。