転職エージェント トップ > 転職用語集 > コンサルタント・金融・不動産系専門職用語 > 収益還元法

収益還元法 (シュウエキカンゲンホウ)

収益還元法とは、不動産鑑定評価方法の一つ。不動産の運用によって得られると見込まれる収益を基にして、不動産価格を評価する方法。収益還元法は欧米で主流となっている手法だが、日本でも不動産鑑定評価基準が改正され活用が明示された。年間の賃料(厳密には賃料から諸経費を控除した純収益)を還元利回りで割ることで収益価格を出す。収益還元法に似た不動産鑑定評価方法には、DCFなどがある。

用語に関連する求人情報

 

  • 3分!年収診断
    簡単な質問に答えていただくだけで、すぐに年収の相場を診断できます!
  • 転職チェックリスト
    簡単な項目を入力するだけで、あなた専用のやることリストを作成。
    「今やらなければいけないこと」をお伝えします。

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの経験やご希望に合わせて、キャリアプランをご提案いたします。

転職情報メール(無料)

あなたに合った求人やイベントなどの転職情報をお届けします。

「転職情報メール」サンプル